日誌

きょうの川総(*^-^*)

感謝状をいただきました

 10月13日(水)の放課後、2020オリンピック・パラリンピックを応援することを目的に草花装飾を行ったことに対して、感謝状をいただきました。

 装飾を担当した生徒を代表して、3年次生の 浅賀 恵 さん、石井 里奈 さん、重森 智絵 さんが、埼玉県県民生活部参与 久保 正美 様 から感謝状をいただきました。

取組の様子は、こちらからご覧になれます。

オリンピック射撃競技応援装飾 朝霞駅

https://kawagoesogo-h.spec.ed.jp/blogs/blog_entries/view/610/eabc2873bebbc2f1c9bad2f5a9fe674d?frame_id=855

オリンピックゴルフ競技応援装飾 ウエスタ川越

https://kawagoesogo-h.spec.ed.jp/blogs/blog_entries/view/610/220867d3a597d1387e2a1099c463f6c6?frame_id=855

パラリンピック射撃競技応援装飾 和光市駅

https://kawagoesogo-h.spec.ed.jp/blogs/blog_entries/view/610/56452f3400dc6ca5e645726195fe04ba?frame_id=855

 

農業クラブ専門情報誌『リーダーシップ』に掲載されました

 『リーダーシップ』は、日本学校農業クラブ連盟(FFJ)の機関誌です。全国の農業クラブ員(現在約9万人)が、お互いの活動を報告し合い、連帯と友情を深めながら、農業クラブ活動を通じて、充実した高校生活を送ることを願って発行しています。 

 この度、『リーダーシップ』秋号の「特集FFJ情報局拡大版」に、本校FFJ監事の 湯本 蓮 君(3年次生)が中心となり執筆した記事が掲載されました。

 創立100周年記念事業で開設した「養蚕資料室」で行っている、カイコの飼育と養蚕を伝える活動についての内容です。

 ぜひ、ご一読ください。

農業クラブ 養蚕資料室_.pdf

※発行元の許可をいただき、ホームページに掲載しています。

 

 

1年次生「産業社会と人間」

「産業社会と人間」は、総合学科で学ぶ生徒が必ず履修しなければならない科目です。

現在は、図書館を利用して職業調べなどを行い、社会の仕組みを学び、自身の生き方や在り方について深く考える時間に充てています。

川総たまごの【ふわっふわっシフォンケーキ】

 9月4日(土)、イオンレイクタウン(越谷市)で行われた「埼玉フェア2021」で、飼育方法やエサにとことんこだわり、生徒の手で丁寧に飼育・生産した「川総たまご」を使い、上品な味に仕上げていただいたシフォンケーキを販売しました。

 シフォンケーキは、川越市内のシフォンケーキのお店「Yumifon」さんで商品化していただいた、コラボ商品です。

【Yumifon(ゆみふぉん)】

 川越市仙波町1-5-38ムラセビル

 049-298-4681

スクールバス1号車

8月30日(月)、平成7年から25年間にわたって名細農場での授業のために移動する際に使用してきたスクールバス1号車が、役目を終え引退しました。

15年以上にわたり、専門職員が丁寧に点検や整備、清掃を行い、安全に運行してきました。

令和3年度からは、2号車と民間委託による借上げバスを利用して運行しています。

パラリンピック会場最寄り駅飾花(和光市駅)

8月29日(日)、パラリンピック射撃競技会場の最寄り駅の一つ東武東上線和光市駅前に、

埼玉県県民生活部オリンピック・パラリンピック課からの依頼を受けて草花装飾を実施しました。

講座「課題研究(草花)」を選択している3年次生が中心となり、計画から装飾まで行いました。

皆さんには「コバトン」がエアピストルで標的に見立てたコキアを狙っているように見えますか?

 今回、草花装飾の花材を提供してくださった、

・大嶋花卉園芸 大嶋 安雄 様

・花工房すなが 須永 健司 様

・広田園 小河原 正純 様

・武井園芸 武井 勇介 様

また、装飾に協力していただいた大嶋花卉園芸 大嶋 佳奈 様

プロの手ほどきを受けることができ、勉強になりました。

7月のオリンピックに続き、ご指導ありがとうございました。

川総たまごを使用した「カリふわメロンパン」

川総たまごを使用した「メロンパン」が食べられるお店です。

もう少しで、ニワトリの入れ替えのため、川総たまごを使用した「メロンパン」は、しばしのお別れです。

川総に来校した時は、ぜひ「ニコリ」さんに足をのばして、ご賞味ください。

 

子ども食堂・フードロスへの取り組み

 川越総合高校では、「露地野菜(3年次生)」、「野菜基礎(2年次生)」の授業で野菜の栽培について学びながら、食の安全や大切さについても学んでいます。

 夏休みに入り、授業での出番がなくなった「ナス」「ピーマン」「タマネギ」などの野菜を、フードロスを少しでも減らすため役立てられないかと考えました。

 授業のない夏休み中に収穫した野菜を、川越市内でこども食堂・フードパントリーを運営する「チームひだまり」に提供し、有効に活用していただくことになりました。

 今後も授業を進める中で、商品化が難しい野菜などを中心に、こうした活動を拡げていきたいと考えています。

 

夏休み特別実習(野菜基礎)

終業式翌日の7月21日(水)、2年次生の講座「野菜基礎」で特別実習を行い、ナスやスイカの収穫をしました。

本校には、学校から6kmほど離れたところに「名細(なぐわし)農場」があり、実習の際にはスクールバスで農場へ移動します。

家畜審査競技勉強会を加藤牧場さんで行いました(FFJクラブ・学校農業クラブ)

FFJ家畜審査競技県大会に向けた勉強会を、加藤牧場さんで実施しました。

8月3日(火)に実施予定の大会に向けて、7月28日(水)に日高市にある加藤牧場さんにて家畜審査競技会の勉強会を行いました。

加藤牧場の加藤様と県畜産会の木村様からご指導いただき、良い乳牛の見分け方等を教えていただきました。

生徒の中には初めて牛とふれあう者もいて、楽しみながら勉強できました。

また、勉強会の最後には施設見学を行わせていただき、かわいい仔牛の見学やおいしいジェラートをいただきました。

県大会は、緊急事態宣言の再発例に伴い、残念ながら中止になりました。

 

オリンピック・パラリンピックにおける飾花事業2

東京五輪6日目。

連日、日本選手の活躍が続いています。

川越市内の「霞ヶ関カンツリー倶楽部」で明日開幕するゴルフ競技に先駆け、

「総合的な探求の時間」でフラワーデザインを学ぶ3年次生有志6人がウエスタ川越前の広場の一角を草花装飾しました。

 

県内で行われる競技が全て無観客開催となったため、

当初予定されていたシャトルバス発着場からウエスタ川越へ設置場所が変更されました。

場所の変更に伴い、デザインと植栽に使う花材の一部を変更しました。

 

ウエスタ川越では、9月2日に本校の創立百周年を祝う式典を行います。

飾花を通じて、本校のことを少しでも多くの方々に知っていただく機会になればと思います。 

炎天下の中で作業を行った関係の皆様、ご指導をいただきありがとうございました。 

屋上庭園3

夏休みに入ってから一週間経過しました。

屋上庭園の作物は暑さに負けず成長を続けています。

今週に入って、バケツ稲の穂が出て花をつけました。

イネの花は通常午前10時頃までしか見ることができません。

水田と比べて、屋上庭園の方が生育スピードが速く感じられます。

すぐ脇で栽培しているオクラも開花しました。

オクラは観賞用として江戸時代に栽培が始まったと言われています。

紫と緑の丸オクラが実をつけ始めました。

中玉トマトのイエローオーレとレッドオーレがたわわに実っています。

カラスのいたずらが気になる今日この頃です。

さんだる相談会 in 所沢

中学生・小学生と保護者のための地域密着型 学校&教育相談会

「さんだる相談会 in 所沢」に広報部の教職員が参加しました。

 

主催者の呼びかけにより

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策が徹底されています。 

 

自分に合った学校選びの一助となるよう

ブースにおいでいただいた方々には総合学科と本校の特色についてお話しするとともに

学校説明会への参加を呼びかけました。

 

8月15日(日)にウエスタ川越で行われる「さんだる相談会 in 川越」にもブース参加する予定です。

 

コロナ禍の影響で学校の様子を見ていただく機会が制限されていますが、

より多くの人たちに「リアル川総」を少しでも知っていただけるよう、

学校を挙げて情報発信に努めて参ります。

東京五輪が開幕します

東京五輪が今日開幕します。

開幕に先駆け

「草花基礎」を履修する2年次生有志11人が、授業で栽培したマリーゴールド650株を使って

草花装飾をしました。

 

射撃競技の会場に最も近い東武東上線朝霞駅に特設花壇を設置して

大会を盛り上げるという大役を埼玉県から委嘱され、1学期間準備を進めてきました。 

ゴルフ競技の会場となる川越市では、ウエスタ川越正面玄付近を今月28日に、

パラリンピック開幕時には、和光市駅と朝霞駅を8月29日に飾る予定です。

植栽した花がより多くの人たちの心を豊かにするとともに、

コロナ禍の厳しい状況下で、世界一を目指して戦う選手にエールが届くようにと願っています。

 

屋上庭園2

屋上庭園にバケツ田んぼを設置して50日経過しました。

イネは順調に生育し、分げつが進んでいます。

7月上旬の試験期間中にあったゲリラ豪雨の時にはバケツの水が溢れてしまうほどでした。

その後作目が増え

トマトやオクラ、イチゴなどを鉢やプランターで栽培しています。

 

別の花壇では

バジル、シソ、モロヘイヤ、レモンバームなど香りのある野菜を育てています。

「栽培基礎」の授業では

エダマメの苗を学期末に準備し、夏休みに入るタイミングで花壇に定植しました。

 

生徒の皆さん

夏休み中に登校する際には、ぜひ花壇の様子を見てください。

もし、作物が水を欲しがっているようなら、近くにあるジョーロで散水してあげてください。

 ご協力をお願いします!!

令和3年度プロジェクト発表・意見発表会埼玉県大会に出場しました

「令和3年度プロジェクト発表・意見発表会埼玉県大会に出場しました」

6月16日(水)にプロジェクト発表・意見発表会埼玉県大会が「クレアこうのす」にて開催されました。

本校はプロジェクト発表会で3チーム、意見発表会で3人、大会運営で4人の生徒が参加しました。

残念ながら最優秀賞を獲得して関東大会に進む選手は出ませんでしたが

選手の皆さん一人一人が、これまで続けてきた練習の成果を発揮することができました。

 

 ・プロジェクト発表

分野「Ⅰ類」

三富新田落ち葉掃きボランティアと循環型農法について

2年 遠藤 紗希 1年 関本 向日葵

 分野「Ⅱ類」

彩の国地鶏『タマシャモ』と川総たまごの商品化【川総×企業×地域】

3年 御菩薩池 麗華 3年 青栁 瑠璃

 分野「Ⅲ類」

川越総合高校創立100周年記念プロジェクト~養蚕を伝える養蚕資料室の開設に向けての取り組み~

3年 杉山 礁 3年 五十君 奈々

 

・意見発表会

分野「Ⅰ類」

我が家の農業経営

3年 秋池 結菜

分野「Ⅱ類」

川越ウナギと環境問題~華やかな食卓を守るために~

3年 飯田 悠華

分野「Ⅲ類」

養蚕と伝統と高校生~蚕が紡ぐ人との絆~

3年 湯本 蓮

おつかれさまでした!! 

 

1年次生 球技大会

1年次生球技大会(吉田杯)開催!

 

6月25日(金)、2・3年次生が遠足で出かけている中、1年次生は校内で球技大会(吉田杯)を開催しました!

今大会の「吉田杯」の由来は、学年主任の 吉田 修 先生 からいただいています。

 グラウンドでは男子サッカー、体育館では女子バスケットボール、格技場では女子ドッヂボールと、

会場が三つに分かれながらも、夏の日差しにも負けないほどの熱い試合を展開していました!

 

結果、男子サッカーは1-1が優勝!

 

女子バスケットボールは1-4が優勝!

 

女子ドッヂボールは1-5が優勝を飾りました!

 

また、今大会は各競技の順位に点数をつけ、総合優勝も決定するようにしました。

結果、1-4が総合優勝を飾り、念願の吉田杯を手にしました!

 

今回の球技大会を終えて、

生徒たちがクラスの中だけでなく学年全体で親交を深めることができていたら嬉しいです。

 

次回実施する際には、

より生徒主体で運営できるようにしていきたいと考えます。

そう思えるほど今回の行事は生徒を成長させてくれたと感じています。

女子バスケットボール部員やバスケットボール、サッカー、ドッヂボールの生徒代表による

各種目の運営や開閉会式の進行はとてもスムーズに出来ました。

 

大会の運営に協力してくれた、体育委員、HR委員、風紀委員、運動部活動の皆さん、そして教職員の先生方、

ありがとうございました!

 

 

講座『子どもの発達と保育Ⅱ』(3年次生)

【 3年次「子どもの発達と保育Ⅱ」 特別講師による出張授業 】

  武蔵野短期大学/武蔵野短期大学附属幼稚園 石田淳也先生をお招きし、6月28日(月)~30日(水)にかけて特別授業をしていただきました。

 子どもや保護者との関わり方を中心に、心への寄り添い方、保育者として必要な心掛けなどたくさんのことを学びました。

 子どもたちが園で過ごす様子をおさめた映像に思わず笑顔になったり、ペアワークに意欲的に取り組んだりと、充実した時間となりました。

 

3年次生 遠足

6月25日(金)、3年次生は東武動物公園へ遠足に行ってきました。

 本来ならこの期間は修学旅行で沖縄に滞在していたはずでしたが、残念ながら修学旅行はコロナ禍の影響で断念せざるを得ませんでした。代替行事として県内の東武動物公園を選択しました。

 ここは動物園と遊園地などが融合したハイブリッド・レジャーランドで、東ゲートから西ゲートまで約2キロもある広大な施設です。

 梅雨時期ということもあり天候に心配はありましたが、昼間の数十分の通り雨に降られたものの、園内では日の射す時間も多くあり快適な時間を過ごすことができました。

 遊園地エリアでは木製のジェットコースター「レジーナ」が運行終了してしまい、代わりに「カワセミ」という絶叫マシーンが登場し、それを楽しみにしていた生徒も多かったです。

 動物園エリアではホワイトタイガーを始め、普段見ることのできない動物を観賞することができました。その中でも、ミーアキャットの佇まいが印象的でした。また、本校名略称の「カワソウ」を読み間違えてしまう「カワウソ」も元気に歩き回っていました。

 生徒たちはこの校外行事で、公共のマナーや時間を守ることの大切さ、集団や仲間との行動などで多くのことを学び、よき思い出を作ることができたことと思います。この経験をプラスにして、進路実現に向けても飛躍をしてほしいと思います。

 

令和3年度農業鑑定競技会埼玉県大会で本校生徒が優秀賞を受賞しました

 令和3年度学校農業クラブ農業鑑定競技会埼玉県大会で本校生徒が優秀賞を受賞しました。

 6月9日(水)に埼玉県学校農業クラブ連盟主催の農業鑑定競技会埼玉県大会が開催されました。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今年は例年と違う初めての試みとして、

農業クラブ連盟加盟全8校を大会会場とし、リモートにて実施されました。

本校では31名の生徒が出場し、4名が優秀賞を獲得することができました。

 

優秀賞

分野「農業」

2年 古川 勇志

分野「食品」

3年 杉山 礁

分野「生活」

3年 小泉 穂果

1年 関本 向日葵