農場 日記

農場について紹介します。

晴れ 今年も始まりました!!

 

 報告が遅くなりましたが今年も田植えが無事終了し、イネは元気に育っていますにっこり
 今回は生徒の感想を載せます。3年次作物選択生に話していますが、西部地区
で実際に田植え機を使って田植えが学べるのは本校だけです!!興味がある中学
生は川総で学んでみませんかキラキラ

生徒の感想

 初めて田植機で田植えを体験させていただいたのですが、手でやるより簡単で、
一気に苗が植えられるので画期的だと思いました。まっすぐに進まないと植える場
所が曲がってしまうので線にそって進むことが大変でした。スピードが速くても遅く
ても等間隔に苗が植わっていくので田植機ってすごいなと思いました。ギリギリまで
進み、次の列にターンして行くのが難しかったです。また機会があったら是非やり
たいと思いました。

 

3年 AK

    
      では早速、植えますよ期待・ワクワク          
焦らず真っすぐ前を見てねキラキラ


 作物の授業で初めて田植え機に乗り田植えを体験しました。1年次の田植えで
は先生に苗を用意してもらい手で植えました。しかし今回は水稲用播種機を使い
自分たちで種まきから田植えまで経験することができました。

 

 先生が田植機で苗を植えているのを見て簡単そうに思ったけど実際にやって
みると中々思った通りに出来ませんでした。難しかったけどとても楽しかったです。

 

3年 MH

     

  田植え機は片道6列植えることができます星    往復12列できるので1反40分で終了しました合格
                          1反の面積は各自で、調べてみましょう喜ぶ・デレ

 

晴れ 代かき②

 今回も引き続き、代かき(しろかき)についてです!!
 前回は代かきの必要性等について説明しましたが今回は本校で使用
している代かき用の作業機について説明しますお知らせ
 代かきは専用のドライブハローという作業機を使用しますにっこり
 見た目は普段畑を耕す作業機(ロータリーといいます)と同じですが、
ロータリーは土を耕し、土の表面をならすので爪が長いのですが、ハロー
は水田の表面を掻く(かく)のが目的なので爪の長さが短いのが特徴です。
※掻くとは水田表面の土を砕くこと
 今回は余っている爪がないので画像を掲載できませんが機会があったら
HPにUPしたいと考えています。これを読んでいる中学生の君!もし興味を
もったら川総に入学して農業機械の奥深さを学んでみませんか期待・ワクワク

 ちなみに本校には代かきの面積を広くできるウィングハローという水田へ
の移動までは左右はみ出る部分を格納して水田で羽を開くように開いて、
代かきを行う作業機を使用しています。今回はウィングハローの画像を掲載
します喜ぶ・デレ

     
                    ウィングハローです。         
          格納状態です。上にある爪が回転し土を砕いていきます了解
                  尚、開閉スイッチを押すと!!

     
                 左右に自動開閉して興奮・ヤッター!

     
                 トランスフォーム完了です晴れ 
              この状態で前回のように代かきをおこないます心配・うーん

晴れ 代かき①

 しばらく無沙汰していました。改めて今年度もよろしくお願いします期待・ワクワク
 今年度もイネは播種作業まで順調に進み苗も元気に育っています了解
 今回は今まで説明していなかった川越総合高校バージョンの代かき
(しろかき)について説明します。
 代かきとは正式には
代掻きといい田に水を入れた状態で、土の塊を
細かく砕く作業のことをいいます。また表面の土を柔らかくし、田面を
均平にし、水田の漏水を抑える効果もあります!!
 代かきの代とは田の単位の名残から使われているなど諸説あります眼鏡
 本校では水を入れた後、漏水等を防ぐために荒代かきを行い、その後
雑草や浮きわらをすきこみ田面を平らにするための本しろかきを行います。
 代かきは普段、畑を耕すローターリーと違って専用の作業機を使用し
ます。
 作業機の詳細は代かき②で、お話しします。

    
                本代かきの様子です喜ぶ・デレ

    
     爪が回転することで土が柔らかくなり表面が平らになりますまる
  
 

 

晴れ 結果は?

 報告が遅れましたが、10月21日に、お米の米穀検査に行ってきました!!
 検査を行った、お米は正式に品種名を載せて販売ができます興奮・ヤッター!
 検査は水分の量、お米の品質などをチェックして、1等、2等、3等、等外に
分けられます眼鏡
 今年1年間の成果が問われます。
 さて、今年の川越総合高校産コシヒカリの検査の結果は、

全て1等米でした!!

やりました。半年間よく頑張りましたまる
「作物」選択生の努力の賜物です了解

尚、お米は定期的に本校農産物販売所で販売します。
個別には販売を行いません。
期日は本校農産物販売所近くに貼り出しますので確認をお願いします。
不明な点は本校作物担当まで連絡してください。

         
                 1袋30㎏、積み上げた数は約120袋興奮・ヤッター!
                         頑張りましたまる

       
                 川総産米として検査してもらった結果戸惑う・えっ

       
                         1等米でした!!
                 丸の中に黒い点のマークが1等米の印ですキラキラ

晴れ 今年も行います!!

 報告が遅れましたがイネは1年次「総合実習」以外、無事収穫が終了しましたにっこり 
 詳細は後日、報告しますキラキラ

 今回は作物部からの連絡です! !
 今年も川総祭で、お米を販売します興奮・ヤッター!
 日時・場所は10月2日(日)9:00~食品・工学科棟前です。
 お米以外に「作物基礎」で収穫したポップコーン、ジャガイモも販売します苦笑い
 価格はお米(1袋2㎏入りのみ)600円、ポップコーン・ジャガイモは100円です。
 尚、売切れ次第終了となりますにっこり
 皆様のお越しを心からお待ちしています花丸花丸


                 
                         精米中です喜ぶ・デレ

     
          精米前(玄米)                       精米後(白米)

                
                     特別に袋の中身を大公開キラキラ


 

晴れ ヒエ図鑑

 前回ヒエ抜きの話をしましたが、今回は本校の栽培を邪魔するヒエの画像をアップします。
 うれしいことに?本校では水田雑草リストに載っているヒエのほとんどが確認できます苦笑い
 余談ですがヒエには普通に食用できる栽培ヒエと、そうでない雑草ヒエがあります。
 植物分類上、種が違うので、勘違いして食べないように!!
 雑草ヒエは調理しても固くて食べられませんバツ
 
 


       
    イヌビエ  穂が茶褐色なのが特徴です!       ちなみに株元は紫褐色です!          
          畑地でもよく見られます怒る


       
   タイヌビエ 穂が淡緑色名のが特徴です!  ケイヌビエ のぎが長くフサフサしているのが特徴です!

晴れ 夏の管理作業①

 猛暑厳しい中ですが、イネは熱帯性の作物なので元気に育っています興奮・ヤッター!.。
 おかげさまで、水田内で9割出穂を確認しました!!
 今後も、気を抜かず管理していきます。
 今回は夏休みに行った作業の一部を紹介します。
 この画像を見てください。

       
                          作業前

         
                          作業後
 
 作業前の画像には水田内に違う植物が生えていることがわかりますか?
 この植物は水田雑草で有名なヒエです心配・うーん
 ヒエはイネ科の雑草で若いうちは区別がつきにくく、ある程度成長しないと間違えて
イネを抜いてしまうことがあります困る
 本校でも大発生しないように、除草剤をまいていますが、うまく効かないと作業前の
画像のように生えてしまいます疲れる・フラフラ
 本校の田園風景にふさわしくないので、可能な限り取り除きます。
 猛暑の中大変でしたが、ペース配分を考えて取り除きいい汗をかきました期待・ワクワク
 
 水田は作業後のような状態でないとねキラキラ






   

晴れ 確認しました!!

 もち米の出穂を確認しました興奮・ヤッター!
 出穂を確認し、まずは一安心したのと同時に、収穫までの管理作業を
しっかり進めていこうと気合が入ります!!
 収穫が楽しみですキラキラキラキラ
 

       
                   出穂した株ですにっこり      
           しっかり観察しないと見逃すので要注意虫眼鏡


     
                 なんと!!よく見たら眼鏡



     
           開花中の写真を撮ることができました興奮・ヤッター!
      開花はあっという間に終わってしまうのでラッキーでした花丸

晴れ 今年度の成長過程①

 今年度もイネは順調に育っていますにっこり
 夏休み企画として心配・うーん
 今回は今までの成長過程の画像を一挙掲載しますキラキラキラキラ
 中干しの時期も終わり、再び水田に水を入れてこれから出穂期に突入します!!
 今年も豊作になるよう暑さに負けず、しっかり暑さ対策をして管理していきます興奮・ヤッター!
 
  


      
        6月10日                6月17日
       田植え直後!             活着しましたにっこり



       
        6月24日                7月11日
       分げつ期、突入期待・ワクワク      水面が見えなくなるまであと少し興奮・ヤッター!



      
        7月26日                8月1日
     緑の絨毯になりました喜ぶ・デレ        現在、中干し中です晴れ

晴れ 本格導入検討中!!

 今年から育苗に使用する床土を培養土から別のものに変更しました!!
それは籾殻くん炭です。
 籾殻くん炭は、もみ殻を低温でいぶし、炭化させたもので一般的に土壌改良剤と
して多く利用されています。土に混ぜることで通気性や保水性が増すことができ、
根ぐされ防止や、アルカリ性で、酸性の土を中和させることができます。
また、微生
の棲家(すみか)として、とても有効なものです。
 ちなみに、くん炭の原料の籾殻は、もみすり後、沢山できるので、本校では冬に
くん炭を作成しています。

     
                  これが籾殻くん炭です!            床土に利用しましたキラキラ
           ちなみに色は黒ですにっこり

 何故、籾殻くん炭を利用したかというと、保水性、通気性が高いこともありますがひらめき
 
メインは!!
           重量が軽いことです。
 播種後の育苗箱は一箱当たり約5.5㎏の重さになります!!
 これを一つ一つ移動するとなるとかなりの重労働になります衝撃・ガーン
 籾殻くん炭を利用すると半分以下の重さになるので出芽器から育苗温室までの
移動作業がラクラクです興奮・ヤッター!
 「作物」選択生達もスイスイ移動作業を行ってくれました興奮・ヤッター!通常のは…でしたが戸惑う・えっ
 籾殻くん炭の場合、肥料分が培養土に比べて足りないので追肥をまめに行う必要
がありますが、今後の成長に響かなければゆくゆくは全面的に取り入れていきたい
と考えています喜ぶ・デレ

              
                      培養土で播種した苗ですにっこり


              
                      根張りもく立派に育ちましたまる


              
                           籾殻くん炭で播種した苗です!!
                      草丈も培養土に比べて大きな差はありません期待・ワクワク



              
                           黒い部分が、籾殻くん炭です了解
                               根張りも良いです興奮・ヤッター!


  
   

晴れ 御無沙汰していましたm(__)m

 長い間更新せず、すみませんでした絵文字:絶望
 今年度もイネは順調に育っています絵文字:重要絵文字:重要
 先週、3年次生「作物」選択生の田植えは無事終了しました。
 選択生達は初田植え機操作でかなりドキドキしていましたが、
植え終わった姿を見て感動していました絵文字:笑顔
 西部地区の高校で田植え機操作ができるのは本校だけです絵文字:笑顔
 これを見ている中学生の君絵文字:重要絵文字:重要来年待っていますよ絵文字:良くできました OK

    
          育苗箱から取り出します絵文字:笑顔                田植え機にセットして絵文字:良くできました OK
       丁寧に取り出します!!真剣、真剣絵文字:ちょっと濃い


              
                            水田に植え付けます絵文字:音楽
                    今年は天気に恵まれて絶好の田植え日和でした絵文字:キラキラ






 今年は去年と同じ内容を紹介しても面白くないので、視点を
捻って本校の稲作栽培技術を紹介していきたいと考えています絵文字:笑顔
 説明する内容で若干、作業の時空列がおかしくなるかもしれま
せんが、わかりやすく更新していくのでよろしくお願いします絵文字:良くできました OK
  

晴れ 番外編(豆腐製造実習)

 本校では稲作を学習する前に、作物の基礎を学ぶ「作物基礎」を2年次生
対象に開講しています絵文字:笑顔
 この講座では、作物の基礎を学ぶために、ダイズ、ソバ、ポップコーンを
栽培しています絵文字:ちょっと濃い
 さらに、栽培した作物を利用して加工技術も学びます絵文字:キラキラ
 今回は、実際に育てたダイズを利用して豆腐の製造実習を行いました絵文字:重要絵文字:重要
 ちなみに、ダイズは100%川越総合産です絵文字:良くできました OK

                                          
                             ダイズです!!                                                                                             
                            今年は豊作でした絵文字:笑顔

        
          一晩水に浸したダイズと水を、       呉を90℃まで焦がさないように混ぜながら煮ます絵文字:重要
         ミキサーでギュンギュン混ぜます絵文字:笑顔
           これを呉(ご)といいます絵文字:重要

                     
         熱いので棒を使って搾ります絵文字:重要        凝固剤を入れて型にはめ、重しをのせて固めます絵文字:重要
    搾って出たのが豆乳で、残ったものがおからです絵文字:ちょっと濃い


                   
                  絵文字:雪冷却中絵文字:雪                      完成です絵文字:重要 絵文字:重要
                                    空洞がなくズッシリとした豆腐ができました絵文字:キラキラ 絵文字:キラキラ 


 完成した豆腐は各班同士で試食し合いました絵文字:笑顔
 生徒の感想は、でき立ての豆腐は風味があって甘く、調味料なしでも食べれられると、
今までの豆腐の概念を覆す美味しさだと、とても感動していました絵文字:笑顔

          
このHPを見ている中学生の君絵文字:重要絵文字:重要
興味があったら本校に入学して、ダイズ栽培から豆腐作りをやってみませんか絵文字:笑顔

晴れ 砕土

 遅くなりましたが、本年もよろしくお願いします絵文字:笑顔
 去年、耕起(秋耕)をおこない、土の表面が乾いたので次の作業を
おこないました。
 耕起のままだと土の塊が大きく水田の中が凸凹状態なので、土を
細かく砕いて整地をおこない、表面を平らにする必要があります。
 この作業を砕土といいます絵文字:重要絵文字:重要
 今回はその様子を掲載します絵文字:ちょっと濃い

     
           後ろから絵文字:重要絵文字:重要               前から絵文字:笑顔右が砕土前、左が砕土後絵文字:重要絵文字:重要  
 砕土を行うと土が反転するので湿った土が出でくるよ絵文字:うーん 苦笑           凸凹が直っています絵文字:マル    
  

    
       この作業機、爪が沢山ついていて、               作物選択生徒も実際に運転します絵文字:キラキラ      
        回転して土を細かくするんだよ絵文字:良くできました OK              しっかり学べば高校生でも操作できるよ絵文字:ひらめき       

晴れ 冬の作業、整地①

 しばらく更新できずにすみませんでした絵文字:絶望
 今年最後の内容は、イネ刈り後の水田作業を報告します絵文字:重要絵文字:重要
イネ刈りの際、コンバインが水田内を踏み固める為、土が固くなってしまい、
土と空気の接触面が少なくなり土壌微生物の活動が抑えられ有機物の分解
が止まってしまいます絵文字:泣く
 これらを逆に促進させるために水田内の土をできるだけ深く掘り起し、土と
空気の接触面を多くさせる作業をおこないます絵文字:ちょっと濃い
 この作業のことを耕起(こうき)といいます。別名、秋耕といいます。
 耕起後は、しばらく土を乾かして、さらに土を細かくします絵文字:笑顔
 この作業については来年のHPで載せる予定です。
 では、皆さん良い年をお迎えください絵文字:晴れ

           
          耕起前絵文字:笑顔                  耕起後!!土が湿っています絵文字:笑顔

                               
                この爪で掘り起こしました絵文字:ちょっと濃い

晴れ 稲刈りを行いました!!

 お米の販売と逆になってしまいましたが絵文字:うーん 苦笑稲刈りを行いました絵文字:重要絵文字:重要
 1年次生はカマを使用して手刈りで行いますが、3年次になると
田植え同様、面積が広いのでコンバインを使用して稲刈りを行い
ます絵文字:メガネ
 今年は収穫時期に豪雨にあい、予定していた収穫時期がずれて
しまいましたが、日程を臨機応変に調整して無事に終了しました絵文字:ちょっと濃い
 
             
              列に沿って一気に刈っていきます絵文字:重要絵文字:重要

             
           これを見ている中学生の君絵文字:笑顔
      この目線に立ってみないか絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ
 
             
                     収穫したお米は、
                 トラックの上のタンクに入れます。
                 詳しい原理は来年度のHPで絵文字:笑顔

晴れ 川総祭でお米を販売します!!

 稲刈りは無事終了しました絵文字:ちょっと濃い
 本来ならその光景と白米になるまでの流れを掲載する予定でしたが、
その前に川総祭でお米を販売します絵文字:ちょっと濃い
 白米に精米済みなので、すぐに炊いて頂けます絵文字:笑顔
 川総生が育てたお米、是非、ご賞味ください絵文字:重要絵文字:重要
 

 値段は、2㎏入り1袋で600円
 販売日は10月4日(日)川総祭(一般公開日)
 場所は食品・工学科棟前
 時間は9:30~13:30(個数制限なし・売切れ次第終了

     
              この状態で販売します
            皆さん、お待ちしています絵文字:笑顔

 
 次回は、稲刈りの様子を掲載します絵文字:晴れ

 

晴れ 収穫前!!

 順調に登熟が進み、収穫時期が近づいてきました絵文字:笑顔
 収穫前に「作物」選択生は、収量調査のサンプルを採取しました絵文字:重要絵文字:重要
 今回はその様子と、収穫直前の画像を掲載します。
 収穫前の水田は金色(こんじき)の丘とは言ったものですね絵文字:笑顔
 中学生の皆さん、圧巻ですよ絵文字:笑顔数年後、仲間と共に見ませんか?

           
             立派に成長しました絵文字:晴れ

        
                  サンプル採取中です絵文字:笑顔
                調査の方法は入学して学ぼう絵文字:ちょっと濃い

        
          列に沿って撮影するとこんな感じです絵文字:笑顔
              この列に沿って稲刈りします絵文字:良くできました OK


晴れ スズメ

 スズメの画像が撮れました絵文字:重要
 コンパクトデジカメなのでアップは撮影できませんでしたが、よく
見るとスズメの編隊がわかります絵文字:うーん 苦笑
 朝絵文字:朝、どこからともなくやってきて時には電線にとまり、日中微妙
に水田内を移動してイネを食べて、夕方絵文字:夕どこかへ去っていきます絵文字:困った 冷汗
 スズメのお宿はどこにあるんでしょうね絵文字:笑顔

  
               電柱をアップすると絵文字:メガネ

  
              電線で休憩中絵文字:重要絵文字:重要

  
              よくみると黒い点が見えます絵文字:良くできました OKこれがスズメの編隊です絵文字:重要絵文字:重要
            チュンチュンかわいく鳴いていました絵文字:うーん 苦笑いったい何羽いるのやら…
   
  

晴れ 穂が垂れてきました!!

 開花後、順調に成長して、イネの中身が充実してきました絵文字:笑顔
 充実していくにつれて穂が垂れてきました絵文字:笑顔
 イネの中身が充実して固くなっていく時期を登熟期といいます。
 余談ですが私たちが食べている白米は別名、胚乳といいます。
 胚乳は受精後、白い液体状となっています。ちなみにスズメは
液体状の胚乳が大好きで、ときにはホバリング絵文字:困った 冷汗しながら上手に食
べます。食害後は、中身のないイネとなってしまい私たちを困らせ
ます絵文字:困った 冷汗
 スズメの画像は撮影できたら載せる予定です絵文字:重要
 スズメも必死なのはわかるけど育てる「作物」選択生側としては
…のようです絵文字:絶望

                     
                 頭が垂れてきました絵文字:笑顔
                中にはそうでもないのがありますが…絵文字:困った 冷汗

                        
           もう少しすると穂の部分が熟して黄金色に変わります絵文字:笑顔

晴れ 出穂or開花

 猛暑の中、順調に成長した結果、ついに穂が出始めました絵文字:笑顔
 イネの穂が出ることを、出穂しゅっすい)といいます絵文字:重要絵文字:重要
 出穂するとイネも花が咲きます。花というと、観賞価値を求めてしまいま
すが、イネの花はえい花といい草花のような花弁はありません。
  しかもえい花は開花時間が約30分~2時間程度で午前9時ころに始まり、
午後1時には閉じてしまいます。まめに観察しないと気が付けば開花が終了
してしまっているなんてこともあります絵文字:うーん 苦笑
 今回は開花中の画像をUPするのでご覧ください絵文字:笑顔レアですよ絵文字:良くできました OK

             
           出穂始めはまだ粒が密集してピンと上を向いています絵文字:笑顔 


     
             白く飛び出しているのはおしべです絵文字:ちょっと濃い
                 えい花はどれか?調べてみよう絵文字:笑顔


  「作物」選択生達は実際に観察し、イネがどのような過程で熟していくのか
実学で学び、今後の成長を期待していました絵文字:笑顔
 まだ残暑厳しいですが体調管理を万全にして、良質なイネが収穫できるよう
しっかり取り組んで行きましょう絵文字:重要絵文字:重要