講話 ・ 式辞

儀式等で お話しした内容を掲載いたします。

感染症の歴史に学ぼう

生徒の皆さんへ⑧

令和2年5月27日

 

感染症の歴史に学ぼう

 

埼玉県立川越総合高等学校

校長 服部 修

 

 新型コロナウイルスが私たちの暮らしを大きく揺るがしています。過去をふり返ると、人類はたびたび感染症に襲われ、多くの命が失われてきました。一方で、感染症の流行は人々の考え方や行動様式を大きく変えるきっかけになってきました。時には、世の中の大変革や進歩、社会インフラの改善につながることもありました。終息まで時間がかかると言われています。今日は過去の感染症に学び、「コロナ後(アフターコロナ、ポストコロナ)」について考えてみましょう。

 コレラは元々インドの風土病でしたが、植民地支配をしていた大英帝国の覇権拡大により世界中に広がり、各地で度々大流行しました。日本でも、明治維新前の開国前後に流行し、江戸だけで26万人が死亡したとの記録が残っています。汚れた飲み水に起因して流行したため、公衆衛生の重要性が認識され、上下水道の整備が進みました。このため、コレラは「衛生の母」とも呼ばれています。

 天然痘は人類が唯一根絶に成功した感染症です。1万年くらい前に人類の病気として定着したと考えられています。中米のアステカ帝国やインカ帝国が滅んだのは、攻撃を仕掛けたスペイン軍の武力よりも軍人が持ち込んだ天然痘のせいだったといわれます。日本では奈良時代に大流行し、当時政権を担っていた藤原四兄弟が死亡しました。戦国武将の伊達政宗が片目を失った原因も、幼少期に患った天然痘だったといわれています。明治時代にも、数万単位で人が亡くなる大流行が3回ありました。ちなみに、東大医学部は江戸時代の予防接種施設が起源です。20世紀中の死者は3億人にのぼりましたが、ワクチンを使った世界保健機関(WHO)の活動が功を奏し、1980年に根絶を宣言しました。

 新型コロナウイルス感染症が世界中で急速に広まったのは、グローバル化が進み、国境を超えた行き来が盛んになったことも大きな要因です。感染症の流行、拡大には、それぞれの時代背景が大きく影響していることがわかります。

 いずれ新型コロナの感染拡大が終息したとしても、これまでの社会と大きく変わる面が必ず出てきます。緊急事態宣言で一気に広まったのが、自宅で働くテレワーク(リモートワーク)と、学校のオンライン授業です。もちろん、会社や学校で顔を合わせて働いたり、学んだりすることの大切さは変わりませんが、働き方も学び方も、「コロナ以前」に戻ることはないと思います。通勤や通学の負担が減り、自宅で過ごす時間が増え、生活にゆとりが生まれるかもしれません。

 急激に収益が落ち込んでいる外食、宿泊、旅行、エンターテインメント、アパレル、化粧品といった業界は、コロナ後にどんな工夫をしたら生き残れるでしょうか?いま急激に伸びている通信、ネット通販、宅配・物流といった業態は、さらにどう発展していくのでしょうか?東京を中心とする首都圏への人口集中が続いてきましたが、「密」の回避やテレワークの普及で、地方への人口分散が始まる可能性があります。そして、新たなビジネスがいくつも生まれることでしょう。こうしたことを考えてみることが、皆さんの将来につながるはずです。 

「新しい生活様式」について

生徒の皆さんへ➆

令和2年5月20日

 

「新しい生活様式」について

埼玉県立川越総合高等学校 

校長 服部 修

 

 先週、緊急事態宣言が39県で解除されました。しかしながら、コロナウイルスは私たちの目には見えないところにいて、隙を見せれば再び感染が拡大する恐れがあります。こうしたことから、政府は新たな生活スタイル「新しい生活様式」を提案しました。公衆衛生学の観点から、人との接触を減らし、飛沫感染対策を徹底する実践例です。これらのことをこれから少しずつ日常生活に取り入れていかなければなりません。生徒の皆さんと教職員が一丸となって感染予防を徹底した上で、安心・安全に学校を再開させるために、「新しい生活様式」の考え方とその基本を理解し、習慣化していきましょう。

 

「新しい生活様式」の実践例 <厚生労働省>

 1 一人ひとりの基本的感染対策 感染防止の3つの基本

  ①身体的距離の確保 ②マスクの着用 ③手洗い

・ 人との距離は、できるだけ2m(最低1m)空ける。

・ 遊びに行くなら屋内より屋外を選ぶ。

・ 会話をする際は、可能な限り真正面を避ける。

・ 外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用

・ 家に帰ったらまず手や顔を洗う。できるだけすぐに着替え、シャワーを浴びる。

・ 手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う(手指消毒薬の使用も可)

※ 高齢者や持病のあるような重症化リスクの高い人と会う際には、体調管理をより厳重にする。

 

2 日常生活を営む上での基本的生活様式

・ まめに手洗い

・手指消毒

・ 咳エチケットの徹底

・ こまめに換気

・ 身体的距離の確保

・ 「3密」の回避(密集、密接、密閉)

・ 毎朝で体温測定、健康チェック。発熱又は風邪の症状がある場合はムリせず自宅で療養 

厚生労働省ホームページ「新しい生活様式」 

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html 

キャリアプランを考えよう

生徒の皆さんへ⑥
令和2年5月13日



キャリアプランを考えよう


埼玉県立川越総合高等学校
校長 服部 修


 「あなたの 10 年後は 、どうなっていたいですか?」
 こう聞かれて、あなたはすぐに明確な答えを返せますか?
 2年前(2018 年)に約3000人の社会人を対象に行った調査によると、「将来に向けたキャリアプランを明確に描いている」と答えた人の割合は、わずか6%だったそうです。その一方で、自身のキャリアを考える理由については、「これまでの経験が将来に渡って通用するかわからないから」など、先行きの不透明さを不安視する声が、男性の7割にあったそうです。つまり、将来への不安から積極的にキャリアを形成していく必要性を感じながらも、日々の仕事に追われて、キャリアと向き合う機会がなかなか持てていないという現実が見えてきます。
 キャリアプランとは「自分の将来の理想像を明確にし、理想の実現を目指して構築された具体的な行動計画」のことで、現役大リーガーの大谷選手で有名になった目標達成シート「マンダラチャート」もこの一つといえるでしょう。キャリアという言葉は一般的には職歴や経歴を表わしますが、ここでのキャリアは広義的な意味として使用されており、個人がその人生を通じて持つ連続した経験を意味します。

大谷翔平選手が花巻東高校1年生の時に立てた達成目標

 マンダラチャートの基本ルールはとてもシンプルです。9つのマスの真ん中にテーマを入れ込み、周辺のマスに関連する項目を入れていくだけです。例えば、今年度の目標設定にも使うことができます。まず、真ん中に「自分の理想像」を一言で記入し、その理想を達成するために必要な要素を周囲のマスに入れていきます。全ての項目が記入できなければ、無理に埋める必要はありません。あくまで中央に配置した大目標を達成することが目的なので、それを達成するために必要な要素がぴったり9つになるとは限らないからです。マンダラチャートは目的を達成するための手段だということを前提に利用してください。
 書く内容のコツは グ・タ・イ・テ・キ・ニ 。以下のポイントを押さえてマスを埋めていきます。

グ:具体的に書く。抽象的な表現では行動が鈍るので、具体的に箇条書きします。
タ:達成可能なことを書く。高すぎる目標は、途中でくじける原因です。
イ:意欲がもてることを書く。他人から与えられた目標を書いても、自分が意欲を感じなければ、行動を起こす気が起きないものです。
テ:定量化する。単に「頑張る」でなく、日数や回数などなるべく数字に置き換えて。
キ:期日を決める。これを決めないと、いつまでたっても目標は達成できません。
ニ:日課にする。習慣化し、常に意識して行動できるような方法を考えます。

 マンダラチャートは1回書いたら終わりではありません。新しい気づきを得たら、その都度書き直してもよいのです。そして、常に見えるところに置いて、目標にどれだけ近づいているか、定期的に「ふりかえり」を行うのも重要です。
 マンダラチャートは勉強や部活動の目標だけでなく、ダイエットやマラソン大会出場、旅行や読書の記録など、スケジュール管理から、それこそ人生100年将来設計まで、さまざまなことに活用できます。さらに、マンダラチャートには、バランス思考が身につくというメリットもあるので、勉強や部活オンリーに陥ることなく、大事なことを両立させながら、有意義で幸福な人生を歩む道標にもなります。
 大谷選手も高校時代にマンダラチャートで目標を詳細に設定し、それを徹底して実行に移すことによって「メジャーリーガーになる」という目標を達成し、さらなる高みを目指して頑張っています。
マンダラチャートなどは、簡単にマスターできて効果も期待できることから、キャリアプランを考えるきっかけとして、関心を持った人は今日からさっそくチャレンジしてみてください。

緊急事態の期間延長にあたって

生徒の皆さんへ⑤
令和2年5月7日


緊急事態の期間延長にあたって


埼玉県立川越総合高等学校
校長 服部 修


 学校が臨時休業となってから2・3年次生は2か月以上、1年次生は入学式翌日から休業に入り1か月経過しました 。皆さんは今、どのような毎日を過ごしていますか?
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のためにはやむをえないことでしたが、年度末・年度当初の大切な時期に、心の準備もままならないうちに、急に先生や友達に会えなくなってしまいました。 国の非常事態宣言の期間が延長され、もうしばらく「おうち生活」が続くことに、学校教育に携わるものとして胸を痛めています。
 生徒の皆さんが、ウイルスという見えない敵、そして、いつ学校が始まるのかわからない状況に対して、不安を感じているのではないかと危惧しています。このようなときだからこそ心を強く持ち、一人 ひとりが何をするべきか冷静に考え、判断し、行動していくことが大切です。そして、ピンチの中からチャンスを見いだしていく前向きさを失ってはいけません。臨時休業という状況をプラス思考で受け止め、感染拡大の防止のみならず、学習や生活の面でも何とか有意義なものにしていかなければなりません。
 今はウイルス感染の拡大防止が最優先です。未知のウイルスであるが故に、ウェブ上には誤った情報が流れている場合もあります。繰り返しになりますが、何が正しい情報かを見極め、感染拡大防止に向けて何をすべきか、何をすべきではないのかを、冷静に判断してください。
 次に、皆さんの心身の健康についてです。不規則な生活になっていませんか?時々は体も動かしていますか?誰かとお話しできていますか?時々笑っていますか?もちろん人混みに出かけることは控える必要がありますが、ジョギングや縄跳びなど、限られたスペースで可能な運動も色々あります。それぞれに自分と向き合って考えてみてください。
 普段は授業や部活動等で忙しくしているので、時間を持て余してしまうと何をしたらよいかわからなくなりがちです。普段あたり前に思っていた日常的なものが、なくなってみて初めてその重要性に気づくことがあります。学校は、皆さんにとってそのような存在なのではないかと思います。
 2・3年次生には5月1日に宅配便で発送した教科書が、1年次生にはレターパックで発送したシラバスと生徒手帳が、お手元に届いている頃かと思います。もうひと月我慢していただくことになりますが、学習課題に前向きに取り組み、学生としての本分を果たしてください。我々教職員一同は、感染リスクを減らすための様々な対策を講じ、一日も早い学校再開に向けて準備を進めていきます。
 少しでも皆さんの不安が減り 、有意義に過ごせること 。そして、早期にウイルスの感染拡大が止まって学校が再開し、たくさんの笑顔が明星が丘の川総キャンパスに戻ってくることを祈っています。

穀雨(こくう)について

生徒の皆さんへ④
令和2年4月28日


穀雨(こくう)について


埼玉県立川越総合高等学校
校長 服部 修


 今年の春は、いつもとは大きく違う季節になりました。日々溢れる情報の取捨選択に疲れて気持ちが沈んでしまいそうになる中で、上を向く機会を唯一与えてくれたのがサクラやハナミズキの花でした。
 さて、唐突な質問ですが、皆さんは「穀雨」をご存じですか?
 川総で学ぶ生徒には、ぜひとも知っておいていただきたいキーワードです。
 4月19日から5月4日の期間は、二十四節気 (にじゅうしせっき)の一つで立春から数えて5番目にあたる穀雨と呼ばれています。 二十四節気は古代中国で作られた暦で、日本では平安時代から使われています。日本の1年を24等分して、約15日ごとに移ろう細やかな季節それぞれに名前を付けたものです。穀雨は、穀物をうるおす春の雨が降る頃。昔から、種まきの好機とされてきました。穀物だけではなく、色々な草花(雑草も)も春の雨を浴びて、ぐんぐん育っていきます。 穀雨は、田畑を潤して穀物の成長を促す雨もあり、昔はこの時期から田植えの準備をする等、農作業を行う目安だったそうです。春の雨の後には 、安定した晴れの日が続きやすいと昔から言われてきました。
 そしてこの時期が終わると、童謡・唱歌でお馴染みの八十八夜( 今年は5月1日です)が訪れます。これは立春から88日目の夜のことで、「八十八」を組み合わせると「米」という字になることや末広がりを表す字が重なることから、この日に摘んだお茶は縁起物であり、栄養価も高く、口にすると1年元気に長生き出来ると言われています。 農業に携わる人にとっては大変重要な日とされてきました。
 恵みをもたらす雨は、穀物に対してだけではなく、この雨が長い冬の間大地に眠っていた沢山の生命を目覚めさせ、様々な生物が活発に動き始めることも意味しています。
 昨今、私たちに降りかかっている先の見えないこの状況にも、やがて安定した穏やかな晴れの日が必ず訪れます。その時に、あの頃降りかかった雨は転機であり必然だったのだと思えるよう、今は大変ですが、生徒の皆さんにはそれぞれの場所で、来るべき日のために戦略と戦術を練り、そしてその為の勉強や知識を補てんする等、本当の意味での春を迎える準備の時間にしていただきたいと思います 。

「ハナミズキのみち」

生徒の皆さんへ ③
令和2年4月22日


「ハナミズキのみち」について


埼玉県立川越総合高等学校
校長 服部 修


 川越市内では、例年より一週間ほど早くハナミズキの花が見ごろを迎えました。ハナミズキの原産地はアメリカです。アメリカ北部の地域では、日本の桜前線のようにハナミズキの開花状況を地域の情報として届けているそうです。
 さて、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、余儀なく自宅でお過ごしの皆さんに、今日は、「ハナミズキのみち」についてお話しします。
 岩手県陸前高田市に、海側から山側に延びる避難路の目印としてハナミズキの木が植栽されています。ハナミズキの避難経路を提案したのは、陸前高田市にお住いの淺沼(あさぬま)ミキ子さんという方です。淺沼さんは、人一倍責任感が強く、自分の生まれ育ったまちを愛していた息子さん(当時25 歳)を、東日本大震災の津波で失いました。ある晩、息子さんが夢の中に現れ、「津波から逃れる避難経路に沿ってハナミズキを植えてほしい。このまちが大好きだからずっと守っていきたい。」と告げられたのだそうです。その思いを受け止めた淺沼さんは、震災を風化させまいという願いを込めて1万人以上の署名を集め ました。そして、ハナミズキの花が咲く避難路を提案したのだそうです。
 本校では、平成24年(2011年)の10月以降、ボランティア活動を継続して行い、のべ579名の 生徒・教職員が宮城県気仙沼市を中心とした被災地に足を運び、「微力だけど無力ではない」を合言葉に、震災復興のお手伝いをさせていただいており ます。
 私たちのこれからの学びで大切なことは、人を思い、人と積極的に関わり、人と行動をともにすることです。時には日本語だけでなく、外国語を交え、海外の歴史や文化、思いや考えをしっかりと理解し、逆に、日本人としての思いや考え、文化や歴史をしっかりと伝える力が求められる時代が、東京 2020オリンピックを契機にまもなく到来します。
 休業が明けたら、新たな学校生活がスタートします。どうぞ学校や家庭の中で、友達同士の関係の中で、ハナミズキの花言葉「私の想いを受けてください」にあるように、様々な体験や学びの中で、「思いや気持ちをしっかりと受け止めること、そして、しっかりと伝えること」を大切にして欲しいと思います。
 保護者の皆様におかれましても、引き続き感染拡大防止の取組を徹底していただき、できるだけ早く学校が再開できますよう、ご理解とご協力をお願い致します。


参考ホームページ
陸前高田「ハナミズキのみち」の会 http://hanamizukinomichi.com/

学校代表挨拶

学校代表挨拶


 本日晴れて川越総合高校に入学された新入生保護者の皆様 、ご入学おめでとうございます。すべての教職員とともに、お子様の入学を心から歓迎します。
 入学式は、新入生を歓迎する式典であるとともに、「この高校で学ぶ」意識を確認していただく機会でもあります。新型コロナウイルス拡散防止対策の一環として、式を縮小して実施せざるを得なくなったことをお許しください。
 学校長として、本来お伝えしたかったメッセージを書面にしたためましたので、自宅に戻ってから お子様と一読していただければ幸いです。
 保護者の皆様におかれましても、これからの3年間の高校生活について、ぜひお子様と語りあっていただきたいと思います。そして、本校の教育方針や指導について、ご理解とご協力を賜り、新入生のみなさんの高校生活が、より楽しく、充実したものとなりますよう、私たち教職員とともに支えていただくことをお願い申し上げ、学校代表挨拶とさせていただきます。


令和 2 年 4 月 8 日
埼玉県立川越総合高等学校 校長 服部 修

入学式式辞

式  辞


 本日晴れて「県立川越総合高等学校」に入学された新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。すべての教職員とともに、皆さんの入学を心から歓迎いたします。そして、皆さんを今日まで育て、勉強を支えてこられたご家族をはじめ関係の方々にも、心よりお慶びを申し上げます。
 入学式は、新入生の皆さんを歓迎する式典であるとともに、「この高校で学ぶ」意識を確認していただく機会でもあります。新型コロナウイルス(COVIDー19)拡散防止対策の一環として、式を縮小して実施せざるを得なくなったことは、誠に残念です。しかし、このような状況であるからこそ、この4月8日を「今日この日から始まる、川越総合高校での高校生活を実りあるものにするぞ ! 」という宣言の日にしてもらいたいと思います。
 さて、本校は、大正9年4月、「県立蚕業学校」として創立され、「県立農蚕学校」、「県立川越農蚕学校」、と校名を変えながらも、当時の輸出産業の花形であった、生糸を生産する養蚕技術の振興・
発展のため、大きな期待を受け重要な役割を担うとともに、その責任を果たしてまいりました。 戦後
の学制改革により、昭和23年には「県立川越農業高等学校」として、広く農業教育を推進し、農業とその関連産業の育成・振興に大きく貢献してきました。そして、平成8年には、時代の進展に対応した総合学科を設置し、校名を現在の「県立川越総合高等学校」に改め、「農業科目を主とした総合学科」として新たな道を歩みだし、今年で25年目、創立100 周年の節目を迎えます。卒業生も1万9千有余人となり、まさに校訓に掲げられている「心理と正義を愛し、勤労と責任を重んじる」教育を実践し、社会に有為な人材を多方面に多数輩出してまいりました 。
 ただ今、入学を許可しました新入生の皆さん。皆さんは、9年間の義務教育を終え、自分の意思で本校への進学を決意し、合格されました。川越総合高校は皆さんの入学を心から歓迎いたします。皆さんは、伝統ある本校で、そして、地元から深く愛されている本校で学べることに誇りを持ってください。今まさに、大きな希望と幾ばくかの不安を胸に、新たな学校生活を始める皆さんに、あらためて、学校とはどういうものか、お話ししたいと思います。
 学校は、学びあうところです。教科の勉強はもちろんですが、それ以外にも様々なことを、教職員から、また生徒どうしで学ぶことができます。本校には、いろいろな種類の、そして数多くの、学びの仕掛けがあります。皆さんは、それらの仕掛けに気付く人になっていただきたい。どうすれば仕掛けに気付く人になれるか。まずは、好奇心旺盛であること、そして、謙虚であること。世の中は学ぶべきものであふれていることを知っている人、そして、自分には足りないものがあることを自覚している人は、学びのチャンスをつかむことができます。学びのチャンスをつかむことができる人は、大きく成長する はずです。
 次に、学校は、小さな失敗や挫折を経験するところです。大人になってから初めて失敗をしたのでは、立ち直り方がわからず、前へ進めなくなってしまうかもしれません。学校の中で経験する小さな失敗や挫折を大切にしましょう。それらの経験は、きっと皆さんを、強くたくましい人にしてくれるはずです。ただ、皆さんは、失敗したとき、「ごめんなさい」ときちんと言うことができる人であって欲しい。学校は、皆さんの小さな失敗や挫折を見守り、支える存在でありたいと思っています。
 そして、学校は、互を認めあうところです。認めあうとは、決して、ぬるま湯のような関係であるということではありません。本校には、生徒・教職員あわせて800人以上の人たちがいます。それぞれ個性を持った人たちが、互いに切磋琢磨し、高め合う関係を築き上げていきます。まずは、皆さんが他者から尊重されるために、皆さん自身が他者を尊重するというところから始めましょう。互いに認めつつ、みんながレベルの高い居心地の良さを感じられる集団になりましょう。
 最後になりましたが、新入生のみなさんが、この川越総合高校で過ごす限られた時間を大切にしてください。そして、みなさんのその大切な時間を、私たち教職員も一緒に共有できることに深く感謝して、入学式の式辞といたします。

令和 2 年 4 月 8 日
埼玉県立川越総合高等学校 校長 服部 修

2・3年次生向け

始業式に代わって
令和2年4月8日


2・3年次生向けた メッセージ


埼玉県立川越総合高等学校
校長 服部 修

 

 新2・3年次生の皆さん、はじめまして。熊谷農業高等学校に転出された 梅澤 仁 前校長先生の後任として、4月1日付で川越総合高等学校に着任した 服部 修 と申します。どうぞよろしくお願いします。
 令和2年度が始まりました。今年は新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令されたため、学年末の終業式同様に、始業式も取りやめになりました 。みなさんの元気な姿が見られないのは本当に残念です。
 皆さんは進級して一つ年次があがりました。おそらく、何か新しい決意をして、新年度を迎えた人も多いのではないかと推察します。私自身も、新しい学校で新年度を迎えることになり、皆さんと、お会いできるのを心待ちにしていました。春は出会いの季節です。まだ、直接お会いすることはできていませんが、この川総で皆さんに出会えたことを大変嬉しく思っています。そして、この出会いを大切にしたいと強く思います。年度の初めに一つだけお願いをさせてください。
 「凡事徹底」という言葉を覚えて欲しいということです。「凡事徹底」とはたり前のことを普通の顔をして徹底してやりきるということです。
 皆さんにとってあたり前のこととはなんでしょうか?
 私がお願いしたいあたり前とは 、体育館ステージに向かって右側のボードにある、「時を守り、場を清め、礼を正す」(森 信三さんの言葉)という言葉です。このことを凡事徹底してほしいのです。
 「時を守り」とは、「5分前行動」を徹底するということです。5分前行動するということは 、 他人の時間を大切にするということでもあります。総合学科の授業の性質上、教室移動が多い中、待たされるのは誰もがいやですから ・・・ 。ぜひ5分前行動ができる人になってほしいと思います。
 「場を清め」とは、掃除を徹底して行うということです。本気で掃除ができる人は他人の気持ちがわかる人です。きれいな場所は誰もが気持ち良く感じます。本気で心を込め、身の回りの掃除ができる人になってほしいと思います。
 「礼を正す」とは、自分も相手も気持ち良くなるような「挨拶」「言葉づかい」「服装」に気遣うということです。このことができている人は、良好な人間関係が築ける人です。その人がいるだけで、その場が温かくなります。就職や進学に際して行われる試験において、ぜひ挨拶だけで合格がもらえる人、「すごい挨拶」ができる人になってほしいと思います。
 2年次生は学校の中心学年として、3年次生は卒業後の進路に向けた準備にシフトしながら、 川総で充実した生活を気持ちよく送ってください。
 最後に、臨時休業がしばらく 続きますが、このあと指示がある学習課題に真摯に取り組みながら、感染予防に努めてください。

校長あいさつ

                校 長 挨 拶

 

                                             埼玉県立川越総合高等学校

                                                       校長 服部 修

 

 実りと暮らしを学ぶ総合学科、川越総合高等学校のホームページを御覧いただき、ありがとうございます。

本校は、大正9年(1920年)4月に「県立蚕業学校」として創立され、「県立農蚕学校」、「県立川越農蚕学校」、と校名を変えながらも、当時の輸出産業の花形であった、生糸を生産する養蚕技術の振興・発展のため、大きな期待を受け重要な役割を担うとともに、その責任を果たしてまいりました。戦後の学制改革により、昭和23年(1948年)には「県立川越農業高等学校」として、広く農業教育を推進し、農業とその関連産業の育成・振興に大きく貢献してきました。そして、平成8年(1996年)には、時代の進展に対応した総合学科を設置し、校名を現在の「県立川越総合高等学校」に改め、「農業科目を主とした総合学科」として新たな道を歩みだし、今年で25年目、創立100周年の節目を迎えます。卒業生も1万9千有余人となり、まさに校訓に掲げられている「心理と正義を愛し、勤労と責任を重んじる」教育を実践し、社会に有為な人材を多方面に多数輩出してまいりました。

 本校の特長は、総合学科の特徴である、自分の興味・関心や将来の職業を考えて科目を選ぶという事を最大限に活かし、多くの選択科目を用意していることです。とりわけ、施設・設備を活かして農業科や家庭科、商業科の科目が多く用意され、命の大切さ、食の安全、環境の大切さなどを学ぶことができます。また、部活動やボランティア活動、地域での活動も活発に行われています。

 中学生の皆さん、かけがえのない高校生活を川越総合高等学校で送ってみませんか。

 地域の皆様、卒業生の皆様には、今後も本校への変わらぬご理解とご支援をお願い申し上げます。

 

     令和2年4月1日

 

校長挨拶

                                 校長挨拶

                                                       埼玉県立川越総合高等学校

                                                       校長 梅澤 仁

 実りと暮らしを学ぶ総合学科、川越総合高等学校のホームページを御覧いただき、ありがとうございます。

 本校は、大正9年(1920年)に埼玉県立蚕業学校として開校し、平成8年(1996年)に総合学科制を取り入れ、川越総合高等学校となりました。2年後の2020年には、創立100周年となります。これまで、卒業生の多くが地域に根ざし、地域の農業や文化・活動を支えるリーダーとして活躍しております。

 本校の特長は、総合学科の特徴である、自分の興味・関心や将来の職業を考えて科目を選ぶという事を最大限に活かし、多くの選択科目を用意していることです。とりわけ、施設・設備を活かして農業科目や家庭科目が多く用意され、命の大切さ、食の安全、環境の大切さなどを学ぶことができます。また、部活動やボランティア活動、地域での活動も活発に行われています。

 中学生の皆さん、かけがえのない高校生活を川越総合高校で送りませんか。

 地域の皆様、卒業生の皆様には、今後も本校への変わらぬ御理解と御支援をお願い申し上げます


 


 入学式 式辞   〔 平成29年 4月 10日 〕

     式 辞
 木々の緑が芽吹き、花々が咲き競うこの春の佳き日に、島田喜昭 PTA会長 様、諸口高男 後援会長 様をはじめ、多数のご来賓とご臨席を賜り、川越総合高等学校 平成29年度 入学式 を挙行できますことは、本校にとりまして、この上ない喜びでございます。ご臨席の皆様に心より御礼申し上げます。
 ただ今、入学を許可いたしました247名の新入生の皆さん 入学おめでとうございます。 皆さんにとって、今日の佳き日は、生涯の中で忘れることのできない大切な日となるでしょう。 皆さんの入学には、皆さん一人一人の努力の成果はもちろんありますが、それとともに家族の方々の励まし、先生方の御指導や周囲の方々の御支援があったとことを忘れてはなりません。 このことをしっかりと心に刻み、感謝の気持ちを胸に、高校生活を踏み出してください。 保護者の皆様、本日はお子様の御入学まことにおめでとうございます。 お喜びはひとしおのことと、心からお祝い申し上げます。
 本校は、大正9年4月に開校し、以来、時代の変化に対応しながら、平成8年4月に現在の川越総合高等学校となり、地域と共に各分野で活躍する多くの卒業生を社会に送り出してまいりました。 2020年には創立100周年を迎えることとなります。 入学された皆さんも本校の伝統を引き継ぎ、さらに発展、充実した学校生活を送っていただきたいと思います。 本校の校章は、昭和40年4月に従来の川越農業の校章を改めたもので、本校の由来をとどめる桑の葉と、未来を開拓する意志を表現する鎌をあしらったものです。 また、「真理と正義を愛し、勤労と責任を重んじる」を校訓に教育活動に取り組んでおります。
 総合学科の特色は、幅広い選択科目の中から自分で科目を選択し、一人一人が自分の興味・関心や将来の職業選択を視野に入れた学習ができるということです。 そして本校の特色として、農業科目や家庭科目を中心とした多彩な選択科目が用意され、命の大切さを学び、食の安全・安心や環境の大切さについても学ぶことができます。
 さて人間として、大きく成長するためには、どのように高校生活を過ごせばよいでしょうか。2つお話ししたいと思います。
 一つは、教育学者 森 信三 先生の言葉を借りると 「時を守り、場を浄め、礼を正す」 ということです。
 当たり前のことですが、「時を守る」とは、時間を大切にすることです。 遅刻 欠席 早退をしない。 本校では、多くの生徒が3年間皆勤で卒業します。 昨年度の卒業生は63名が皆勤でした。 これは、他校に誇れる特筆すべきことです。
  「場を浄める」とは、「汚さない」ことを基本とし、身の回りを整理整頓し、清潔にすることです。 一生懸命掃除し、清々しい環境で、学習に取り組みましょう。
 そして、「礼を正す」とは、「時間 ・ 場所 ・ 目的」を考え、きちんとした服装・態度で生活することです。
 明るく元気に挨拶すること、先輩や先生方など、目上の人を意識した言葉遣いも大切です。
 「時を守り 場を浄め 礼を正す」とは、高校生活を送る基本的なマナーです。
 本校は普通教科と専門教科を総合的に学習できる総合学科です。 普通高校にはない、実習をとおした団結力や絆が自然に生まれてきます。 また、同じ目標に向かい、ともに汗を流し、同じ釜の飯を食う部活動の仲間も大切です。 是非、これから先の長い人生を、共に心豊かに過ごせる友達を見つけてください。
 今、皆さんは高校に入学したばかりですが、卒業したらどうするのか、これからの日々の学習活動の中で、自分をしっかり見つめ、その答えを見いだしてくれることを期待しています。 高校生活は、皆さんがこれまで歩んできた義務教育とは異なります。 一日も早く、高校の学習システムを理解し、ルールやマナーを守れる、しっかりした規範意識、そして、誇りと自信を持って、本校での充実した高校生活を送ってください。 勉強と部活動、文武両道を貫き、自らの力で高校に在学した証を築き上げてください。 大いに達成感を体感し、自己の成長につなげてほしいと願っています。 これから先、辛いことや悩むこともあるでしょう。 決して逃げないで、これから歩む山や谷を自分の力で乗り越えることのできる力を身につけてください。
 私たち教職員は、皆さんの内に秘めたすばらしい資質や能力を少しでも引き出し、伸ばし、進路実現を支援することが使命であると考えています。
 御出席いただきました保護者の皆様にお願いします。 これから3年間には、様々なことがあると思います。 入学されたお子様たちがより良い進路実現を果たすために、私たち教職員は、一丸となって指導に専念してまいります。 ここに、改めて、本校の教育方針に対しまして、保護者の皆様の特段のご理解とご協力をお願いするものです。 学校と緊密な連携を切にお願い申し上げます。
 結びに、ご臨席を賜りましたご来賓の皆様に重ねて御礼申し上げますとともに、新入生の皆さんが、今日の慶びを忘れることなく、心身ともに健やかで、充実した実り多い高校生活を過ごせますよう、心からお祈りし、式辞といたします。
平成29年 4月 10日   埼玉県立川越総合高等学校長   韮塚 光信 

学校  卒業証書授与式 式辞   〔 平成29年 3月 11日 〕

     式 辞
  日差しがすっかり明るくなり、新しい春の息吹が感じられる今日の佳き日に、島田PTA会長様、大野同窓会長様を始め、多くのご来賓の皆様のご臨席を賜り、平成28年度 埼玉県立川越総合高等学校の卒業証書授与式が盛大に挙行されますことは、卒業生はもとより、本校職員 並びに生徒一同にとりましても大きな喜びであります。ご臨席を賜りました皆様に心より御礼申しあげます。
 ただ今、237名の生徒に対して、卒業証書を授与いたしましたが、卒業生の皆さん 誠におめでとうございます。 皆さんは、入学以来のたゆまぬ努力が実を結び、ここにめでたく 卒業の栄誉を得られたわけですが、ご家族の方々を始め 多くの方々のお世話によって得られたものであります。そのことを忘れてはなりません。
 諸君たちは、3年間の高校生活を終えて、今日この場から、それぞれの人生に向かって出発していくわけですが、今、貴方方は、将来に向けて期待と豊富に満ちていることと思います。 本校の3年間に培ったものが10年後、20年後の時代になっても 皆さんの心の中で生き生きとした生命を持ち続け、その人生を支えていくものであってほしいと、私は願っております。
 本校では、心豊かな生徒を育成するため、文化祭、をはじめ、東北ボランティア、三富新田の落ち葉掃きなど、特色ある行事を展開しております。 そのような中で今年度は、2つの国際交流を行いました。
 1つ目、カリフォルニア チュラーレの農業研修です。これは、2020年の創立100周年プレ事業の一環として、昨年の7月26日から10日間の日程で行われました。 カリフォルニア チュラーレの農業は、アメリカの中でも大規模で企業的な農業であり、生徒にとって想像を超える驚きと感動となったことと思います。 また、チュラーレの高校生宅に5日間宿泊したホームステイは、アメリカの生活様式や文化を学ぶとともに、語学の研修やコミュニケーション能力の育成にも繋がったことと思います。
 2つ目に、本校の食品科学系列では、台湾の高校生と協力して、名細農場で採れたトマトを活用した商品開発を行いました。 商品名は「フレッシュトマトせんべい」といいますが、トマトの香りを強く感じられるように作ったせんべいで、台湾の方の味覚にも合う物になっています。 せんべいの形は台湾の国花、梅の花の形に似せています。 昨年の12月には台湾に本校から3名の生徒が渡り、開発した 「フレッシュトマトせんべい」 の販売を行いました。 今後、文化祭やイベントでも川越総合高校のオリジナル商品として、販売やプレゼントに使えればよいと思っています。
 カリフォルニア チュラーレの農業研修、そして台湾の高校生と協力した商品開発は、普段の生活で体験することのできない、人の温かさやコミニュケーションの大切さなど、自主自立が養われた国際交流であったと思います。
 現代は情報化の進展により急速に国際化しています。 これからの日本人に求められるものは語学力やコミニュケーション能力、そして異文化に対する理解です。 本校生徒がこの国際交流で持ち帰った、数々の貴重な体験は、全生徒に対して報告会を実施しております。 それぞれが、これからの人生に生かしていただきたいと思います。
 さて、これから卒業生諸君は、多忙で輝かしい人生となる皆さんの門出に当たり、一言はなむけの言葉を申しあげます。
 まず初めに 「有言実行の人であれ」 ということあります。 今までは、「不言実行」 と言って、黙々と物事を行う事がよしとされてきましたが、現代社会を逞しく生き抜く上で、自分の意見や主張がきちんと述べられ、行動できる人が今日では求められています。 これからは、「言って、言ったからには、責任をもって行動する」 と言うことであり、そして社会に有用な人となり、多くの人々から信頼を寄せられるような人間になって頂きたいと思います。
 次に3つの勇気をもって、逞しくこれからの社会を生きて頂きたいと言うことであります。 3つの勇気とは、「挑戦への勇気」、「留まる勇気」、「守る勇気」 の3つであります。 第一の、「挑戦の勇気とは」、貴方方は、明日からは、それぞれ選んだ道を自分の力で切り開いていくことになります。自分はこの道をすすむのだと決めたなら、一度や二度の困難にくじけず挑戦し続け、自分の夢の実現のために、勇気をもって果敢に取り組んで頂きたいと言う思いでの「挑戦への勇気」であります。 第二の「留まる勇気」とは、一つの事を成し遂げるには、がむしゃらなだけではいけません。 時には、広い視野に立って、自分の生き方を振り返ることが大切です。 今、自分は、何を優先して行うべきか、何を学ぶべきか、それを考えられる人になってほしいと思います。正しく生きるには、ときには勇気を持って決断することが必要であります。 第三の「守る勇気」とは、これからの時代は、世界の人々が力を合わせ、地球を大切にしながら、人間の幸せを希求する時代、即ち、共存共栄の時代であります。 そのためには、自分の役割をしっかり果たせる人になってほしいと思います。 人間が共に生きるためには、社会のルールやマナーを一人一人が互いに協力して守っていかなければなりません。 その思いからの「守る勇気」であります。 この3つの勇気をもって、貴方方がこれからの国際社会の中で胸を張って堂々と活躍して行っていただきたいと思います。
 終わりに、本日御列席下さいました御来賓各位に深甚なる謝意を表するとともに、これまでの3年間、本校の教育に対しまして暖かいご支援とご協力を頂きました保護者の皆様に感謝を申しあげます。 また2020年に創立100周年を迎えるこの川越総合高校のよき理解者として、今後ともお力添えを頂ければ幸いでございます。 そして、卒業生の皆さんの前途が洋々たるものであることを信じ、また、将来の御多幸をお祈りし、式辞といたします。
平成29年 3月 11日   埼玉県立川越総合高等学校長   韮塚 光信 

 入学式 式辞   〔 平成28年 4月 8日 〕

     式 辞
 木々の緑が芽吹き、花々が咲き競うこの春の佳き日に、武藤康則 PTA会長 様、天野一男 後援会副会長 様をはじめ、多数のご来賓とご臨席を賜り、川越総合高等学校 平成28年度 入学式 を挙行できますことは、本校にとりまして、この上ない喜びでございます。 ご臨席の皆様に心より御礼申し上げます。
 ただ今、入学を許可いたしました240名の新入生の皆さん 入学おめでとうございます。 皆さんにとって、今日の佳き日は、生涯の中で忘れることのできない大切な日となるでしょう。 皆さんの入学には、皆さん一人一人の努力の成果はもちろんありますが、それとともに家族の方々の励まし、先生方の御指導や周囲の方々の御支援があったとことを忘れてはなりません。 このことをしっかりと心に刻み、感謝の気持ちを胸に、高校生活を踏み出してください。 保護者の皆様、本日はお子様の御入学まことにおめでとうございます。 お喜びはひとしおのことと、心からお祝い申し上げます。
 本校は、大正9年4月に開校し、以来、時代の変化に対応しながら、平成8年4月に現在の川越総合高等学校となり、地域と共に各分野で活躍する多くの卒業生を社会に送り出してまいりました。 2020年には創立100周年を迎えることとなります。 入学された皆さんも本校の伝統を引き継ぎ、さらに発展、充実した学校生活を送っていただきたいと思います。 本校の校章は、昭和40年4月に従来の川越農業の校章を改めたもので、本校の由来をとどめる桑の葉と、未来を開拓する意志を表現する鎌をあしらったものです。 また、「真理と正義を愛し、勤労と責任を重んじる」を校訓に教育活動に取り組んでおります。
 総合学科の特色は、幅広い選択科目の中から自分で科目を選択し、一人一人が自分の興味 ・ 関心や将来の職業選択を視野に入れた学習ができるということです。 そして本校の特色として、農業科目や家庭科目を中心とした多彩な選択科目が用意され、命の大切さを学び、食の安全・安心や環境の大切さについても学ぶことができます。
 さて人間として、大きく成長するためには、どのように高校生活を過ごせばよいでしょうか。 二つお話ししたいと思います。
 一つは、教育学者 森 信三 先生の言葉を借りると 「時を守り 場を浄め 礼を正す」 ということです。
 当たり前のことですが、「時を守る」とは、時間を大切にすることです。 遅刻 欠席 早退をしない。 本校では、多くの生徒が3年間皆勤で卒業します。 昨年度の卒業生は40名が皆勤でした。 これは、他校に誇れる特筆すべきことです。
  「場を浄める」とは、「汚さない」ことを基本とし、身の回りを整理整頓し、清潔にすることです。 一生懸命掃除し、清々しい環境で、学習に取り組みましょう。
 そして、「礼を正す」とは、「時間 ・ 場所 ・ 目的」を考え、きちんとした服装・態度で生活することです。
 明るく元気に挨拶すること、先輩や先生方など、目上の人を意識した言葉遣いも大切です。
 「時を守り 場を浄め 礼を正す」とは、高校生活を送る基本的なマナーです。
 本校は普通教科と専門教科を総合的に学習できる総合学科です。 普通高校にはない、実習をとおした団結力や絆が自然に生まれてきます。 また、同じ目標に向かい、ともに汗を流し、同じ釜の飯を食う部活動の仲間も大切です。 是非、これから先の長い人生を、共に心豊かに過ごせる友達を見つけてください。
 今、皆さんは高校に入学したばかりですが、卒業したらどうするのか、これからの日々の学習活動の中で、自分をしっかり見つめ、その答えを見いだしてくれることを期待しています。 高校生活は、皆さんがこれまで歩んできた義務教育とは異なります。 一日も早く、高校の学習システムを理解し、ルールやマナーを守れる、しっかりした規範意識、そして、誇りと自信を持って、本校での充実した高校生活を送ってください。 勉強と部活動、文武両道を貫き、自らの力で高校に在学した証を築き上げてください。 大いに達成感を体感し、自己の成長につなげてほしいと願っています。 これから先、辛いことや悩むこともあるでしょう。 決して逃げないで、これから歩む山や谷を自分の力で乗り越えることのできる力を身につけてください。
 私たち教職員は、皆さんの内に秘めたすばらしい資質や能力を少しでも引き出し、伸ばし、進路実現を支援することが使命であると考えています。
 御出席いただきました保護者の皆様にお願いします。 これから3年間には、様々なことがあると思います。 入学されたお子様たちがより良い進路実現を果たすために、私たち教職員は、一丸となって指導に専念してまいります。 ここに、改めて、本校の教育方針に対しまして、保護者の皆様の特段のご理解とご協力をお願いするものです。 学校と緊密な連携を切にお願い申し上げます。
 結びに、ご臨席を賜りましたご来賓の皆様に重ねて御礼申し上げますとともに、新入生の皆さんが、今日の慶びを忘れることなく、心身ともに健やかで、充実した実り多い高校生活を過ごせますよう、心からお祈りし、式辞といたします。
平成28年 4月 8日   埼玉県立川越総合高等学校長   韮塚 光信 

学校  第1学期 始業式 あいさつ   〔 平成28年 4月 8日 〕

 おはようございます。
 ただ今、ご紹介いただきました韮塚と申します。 前任の柿沼校長先生の後任として4月1日から川越総合高校で勤務することになりました。 どうぞよろしくお願いいたします。 私も、30年前になりますが、川越農業高校の時に6年間食品科の職員として勤務した経験もあり、懐かしく思っております。
 今日は、はじめて生徒の皆さんと顔を合わせることができました。 私の思っていることと、皆さんへのお願いをお話しします。
 先ず第一に、30年前もそうでしたが、環境のよいきれいな学校だという印象です。 「環境が人をつくり、人がまた、環境をつくる」とも言いますが、環境はそこに住んでいる人を映し出す鏡だと思います。 これからもぜひ、学び舎をきれいにしてほしいと思います。
 4月1日の初めての出勤でも、女子生徒から正門で気持ちのよい挨拶をいただきました。 グランドでは、野球部が一生懸命練習に取り組んでいる姿をみて、久しぶりに心が弾む思いがしました。
 県内公立高校が139校ある中で、川越総合高校でみなさんと出会うことができた、この縁を大切にしていきたいと思います。 「きれいな学校で仕事ができる喜びと感動」をいつまでも忘れないで頑張ろうと思っています。
 川越総合高校は、熱心な先生と恵まれた施設がそろっています。 この恵まれた教育環境を十分に活用して、よりよい校風づくりに取り組んで欲しいと思います。 皆さん一人一人が持っている、磨けば光る才能や素質を埋もれたままにしておくのは本当にもったいないことです。 もっと多くの人が部活動に取り組んだり、資格取得や検定に取り組んでほしいと思います。
 川越総合高校は、皆さんにとって母校であり、2020年には創立100周年を迎える学校です。 すでに多くの先輩方が、県内はじめ、各方面で活躍し、母校の発展を願っています。 川越総合高校で学んだことを誇りに思えるような校風と伝統を築き上げていくことが、今この学校に在籍している私たちの義務だと思います。
 そこで、この「川総」には100周年を目標としてグランドデザインというものがあります。 このことについては、前校長の柿沼先生からもお話があったかと思います。 「生徒が主役、一人ひとりが煌(きら)めく川総プログラム」というものです。 生徒の皆さんが、様々な場面で、それぞれが主役になって、煌めけるような学校にしたいとものです。
 そこで、2年生にお願いします。 2年生は、学校の中堅です。 勉強に部活動に、川越総合高校の牽引車としての自覚をもって大いに頑張ってください。 よく言われることですが、2学年という学年は、学校生活からの慣れからかもしれませんが、中だるみになりやすいのも事実です。 そうならないためには、「各自が明確な目標をもつ」「自分は将来こうなりたい」という目標をもつことが大切です。
 次に、3年生にお願いします。 自分の進路についてよく考えてください。 秋には、就職試験や進学試験があります。 今から準備を進め、頑張ってほしいと思います。 そして、全員の進路決定と一人も欠けることなく卒業してほしいいと思います。 また、最上学年としての見本となってほしいと思います。
 100周年に向けたグランドデザインの具体的方策の一つに「埼玉一挨拶のできる学校」という目標があります。 3年生が見本となって挨拶してください。 挨拶はコミュニュケーションの一つです。 そして、もう一つ「女子のスカート丈」です。 学校の評価はあらゆるところで評価されますが、地域の方々にとっては服装も学校の評価の一つです。 スカート丈を短くすることなく着こなしてください。 このことについては、2年生にもお願いします。
 今日の午後には、新入生が入学してきます。 よき先輩として新入生の模範となり、2020年の100周年に向けて、川越総合校高校をより素晴らしい学校に作り上げていきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。

卒業証書授与式 式辞

埼玉県立川越総合高等学校卒業証書授与式 校長式辞

 やわらかい日差しの中で、中院の桜の蕾も大きく膨らみ、桜前線の話題も気になり始める頃となりました。春の息吹に心弾む今日この頃ですが、それは同時に、旅立ちの季節でもあります。三年次生の皆さん、卒業おめでとうございます。三年間のそれぞれの思い出が、今まさに、頭の中で走馬灯のようにめぐっていることと思います。

 本日ここに、埼玉県立川越総合高等学校の卒業証書授与式が盛大に挙行できますことは、卒業生はもとより、ご列席の保護者の皆様方のお慶びは、如何ばかりかと拝察いたします。教職員一同、三年間にわたる皆様のご支援と御協力に感謝申し上げるとともに、心よりお慶び申し上げます。また、この良き日にご多忙の中、本校の卒業式にお時間を割いてご臨席を賜りましたご来賓の皆様には、生徒及び保護者の方々、そして教職員および本校関係者に成り変わりまして、衷心より御礼申し上げます。

  只今、卒業証書を授与されました二百三十四名の卒業生の皆さん、本日の晴れの日を迎えられたのは、皆さん自身の努力と共に、ご家族、友人、先生方、地域の方々などの、本当に多くの皆様の支えがあったことは、決して忘れないでください。それらの方々への、感謝の気持ちをしっかり持ち続けることが、明日からスタートする新たな社会で、新たに出会う人々との心の絆をより深くする源になるものと私は思っています。

  振り返ってみますと、皆さんが入学した平成二十五年。その年の九月に、二回目の東京オリンピックが五十六年ぶりとなる二0二0年に開催されることが決まりました。翌年の二十六年には、長い間研究がすすめられていたリニア新幹線の工事がようやく着工され、全く新たな交通機関の誕生が現実のものとなることになりました。そして昨年の二十七年は、戦後七十周年の節目の年となりましたが、平和な世の中がいつまで続くのか、なんとなく不安になる状況も多くみられるようになり、改めて、世界平和のための議論と意識の高まりが感じられました。また、皆さんがすぐに直面することですが、選挙の投票権が十八歳に引き下げられる選挙制度改革も行われました。まさに社会は、多様に、かつ急速に、また複雑に変化しています。夢膨らむ洋々たる未来と共に、先行き不透明で不安感を抱かざるを得ない状況の未来も、皆さんを待っています。だからこそ、皆さんがこれからの社会で、どんな意識で、何を感じ、何を考え、どんな決断と行動をするかが、極めて重要になるということを、ぜひ認識していただきたいと思います。

  そこで、昨年の十二月にノーベル物理学賞を受賞された、お隣の川越高校から、埼玉大学を卒業された「梶田孝明」先生と、ノーベル生理学・医学賞を受賞された「大村智」先生のことばをご紹介します。特に、お二人は、埼玉県とのゆかりが大変深いことから、県民栄誉賞を受賞されています。「梶田孝明」先生は、ノーベル賞受賞後に、国内で一般の方を対象とした初めての講演会を、出身地の東松山市で行いました。その中で、ご自身の中で何回かあった「人生を決めた瞬間」に触れられ、

「若い皆さんは、いつ本当に、人生を決めるような大切な出会いがあるかわからないので、広く目と心を開いて準備してください。」というお話をされて講演を結びました。また「大村智」先生は、県民栄誉賞の贈呈式の後に子供達に向けて「教わったことを鵜呑みにするのではなく、自分で新しいことを考える人材になってほしい。物を覚えるだけではだめだ。自分から知恵を出せる人になってください。」とメッセージを送られました。このお二人の先生の言葉は、素朴でわかりやすい表現ですが、自らの実体験の中で、世界の偉業を成し遂げた源を示している言葉だと、私は感じました。ノーベル賞受賞者のお二人の先生の言葉を、卒業される皆さんへのはなむけの言葉として、もう一度送ります。「人との出会いを、広く目と心を開いて大切に」し、「自分で考え、知恵を出せる人間になること」を強く皆さんに期待します。卒業生の皆さんが、川総生であったことの「誇り」を胸にひめ、健康に留意し、それぞれの目標に向かって精進、努力され、やがて美しい花を咲かせ、素晴らしい実を結ばれる人生を送ることを、念願しています。

  結びに、卒業生と共に、ご列席の皆様方に改めて御祝いと御礼を申し上げます。また、二0二0に、創立百周年を迎えるこの川越総合高校の良き理解者として、今後ともお力添えを頂けれは幸いでございます。そして、卒業生の皆さんが、今後益々活躍されますことを心よりご祈念致しまして、式辞と致します。

  平成二十八年三月十二日

              埼玉県立川越総合高等学校長    柿沼重信

入学式 式辞

平成27年度 埼玉県立川越総合高等学校 入学式 式辞

 

 242名の入学生の皆さん、ご入学おめでとうございます。また保護者の皆様にも心より御祝いを申し上げます。

 春の温かさの中で、美しい花々は咲き誇り、木々の若葉もあざやかに、すがすがしさを感じられるこの良き日に、PTA会長様、後援会長様、同窓会長様をはじめ、多数のご来賓の皆様方、並びに保護者の皆様の御臨席を賜り、ここに埼玉県立川越総合高等学校 平成27年度入学式を挙行できますことは、本校にとりまして、この上ない喜びでございます。ご臨席の皆様に心より御礼を申し上げます。

 さて、本校は大正9年4月、「県立蚕業学校」として創立され、「県立農蚕学校」、「県立川越農蚕学校」と校名を変えながらも、当時の輸出産業の花形であった、を生産する養蚕技術の振興発展のために、重責をはたしてまいりました。その後の学制改正により、昭和23年には「県立川越農業高等学校」として広く農業教育を推進し、農業とその関連産業の育成と振興に大きく貢献してきました。そして平成八年には、時代の進展に対応した総合学科を設置し、校名を現在の「県立川越総合高等学校」として、「農業科目を主体とした総合学科」としての新たな道を歩みだし、今年で節目の20年目、創立からは96年目となりました。校訓に示されている「真理と正義を愛し、勤労と責任を重んじる」ことを実践する中で、社会に有為な人材を多方面に多数輩出してまいりました。

 本日ここに入学された皆さんには、この農業高校としての歴史と伝統を引き継ぐとともに、総合高校としての進取の精神を併せ持った本校での「学び」が今日から始まるのです。その「学び」は、それぞれが自分の興味・関心や、将来の生き方を視野に入れた上で、幅広い選択科目の中から自分で科目を選択し、一人ひとりが違った時間割をもって主体的にやっていくという、総合学科の特色を活かした中で進められていきます。そしてその「学び」によって、本校の教育目標にある「生き物を通して心豊かな人間になる」「自ら学ぶ意欲と主体的に判断できる能力を身に着ける」「自分の個性を最大限に伸ばし、心身ともに健全で有益な社会人になる」ということが、これからの3年間の高校生活の中で強く求められています。 

 本校は、来る2020年、東京オリンピックの年に創立百周年を迎えます。その記念すべき時に向け、さらに発展する川越総合高校を創造すべくグランドデザインを検討してきました。そのテーマは「生徒が主役 一人ひとりが煌めく川総プログラム」として、「感性を磨き、感動できる生徒を育てる」ことをスローガンに、様々な取り組みを実践していく予定です。本校をさらに大きく発展させ、誇りをもてる素晴らしい学校にしていくのは、本日ここに入学した皆さん自身です。皆さんと2・3年次生の先輩方を含めた生徒が本校の主役なのです。勉強はもちろんのことですが、部活動や学校行事など、皆さんはこれから様々な活動に参加して、多くの貴重な体験をしていきます。楽しいことや喜びばかりではないかもしれません。辛いこと、悲しいこと、苦しいこと様ざまなことがあると思います。しかし、その中にこそ感動があり、皆さんを人間として成長させる体験も数多くあるものです。そのためにも、豊かな心、そして広く素直な心を持ち、人の心や想いを敏感に感じられる感性を磨くことが必要になってきます。

 私は、高校時代ほど、人生を方向付ける大切な時期はないと考えています。樹木の成長にたとえれば、それはまさに「芽吹く」時であるように思います。木々の芽が「芽吹く」までは、寒く厳しい冬の時です。その間はじっと我慢し、右の方に伸びようか、左の方に伸びようかと思い悩んでいるかのようです。しかし、春の息吹を感じた瞬間に、「芽吹く」方向を決めて、そのまま勢いよく、またたく間に力強く大きく成長していきます。

 新入生の皆さん一人一人が、本校の総合学科という特色の中で、それぞれの「芽吹く」方向をしっかり決めて、卒業の時には、力強い「芽吹き」を実現してくれることを願っています。

 結びに、保護者の皆様におかれましても、これからの三年間の高校生活について、ぜひお子さんと語り合っていただければ幸いです。そして、本校の教育方針や指導について、ご理解とご協力を賜り、新入生の皆さんの高校生活が、より楽しく、充実したものとなりますよう、私たち教職員とともに支えて頂くことをお願い申し上げまして、式辞と致します。

          平成27年4月8日   埼玉県立川越総合校高等学校長   柿沼 重信

卒業式 式辞

平成26年度埼玉県立川越総合高等学校 卒業証書授与式 式辞

 

 厳しかった冬の寒さも和らぎ、木々の芽吹きもすがすがしく、春の息吹を感じられる良き日となりました。

 234名の卒業生の皆さん、卒業おめでとう。また、保護者の皆様方にも、お子様のご卒業を心よりお祝い申し上げます。おめでとうございます。

  本日の卒業証書授与式にあたり、PTA会長池田健康様、後援会々長諸口高男様、同窓会々長大野松茂様、一般財団法人埼玉県農業高等学校育英会代表理事古寺五一様を始めとする多数のご来賓の皆様、そして保護者の皆様のご臨席を賜り、ここに埼玉県立川越総合高等学校卒業証書授与式が、盛大に挙行できますことは、卒業生、在校生はもちろんのこと、私たち教職員にとりましてもこの上ない喜びでございます。ご臨席の皆様に、厚く御礼申しあげます。

 ただ今、卒業証書を授与されました卒業生の皆さん、本日の晴れの日を迎えられたのは、皆さん自身の努力とともに、ご家族、友人、先生方、地域の方々など、多くの皆様の支えがあったことを、けして忘れないでください。この授与式が終了した後、授与された卒業証書を手に、保護者の方とお世話になった方々に、改めて「ありがとうございました」の感謝の言葉を送っていただきたいと思います。そして、保護者の皆様にも、お子様のこの三年間の成長を改めて感じていただくとともに、これから新たなステージに立ち、大きく羽ばたこうとしているお子様に、激励の言葉をかけた頂けれは幸いでございます。

 さて、卒業生の皆さんにとって、川越総合高校での3年間の生活は、どんなものだったでしょうか。振り返ってみれば、楽しかったこと、辛かったこと、嬉しかったこと、悲しかったこと、様々なことが思い起こされることでしょう。期待と不安で一杯だった3年前の入学式。そこで初めて出会い、「おはよう」の一言だったかもしれない、ほんの短い言葉を交わした切っ掛けで、生涯の友が出来た人。厳しい指導で嫌いだった先生の何気ない一言で、自分の進路に夢がふくらみ、果敢に挑戦して夢の第一歩を踏み出した人。不登校気味で引っ込み思案だった性格が、多くの人々とのふれ合いの中で、人前でも堂々と自分の意見が言えるようになった人。3年間の高校生活は、あっという間に過ぎ去りました。同じ時を過ごした友人、先輩、後輩、先生、地域の方々との出会い。授業はもちろん文化祭や修学旅行などの学校行事。そして、部活動などの様々な体験が、皆さんを大きく成長させてくれました。自分の努力と周りの支えで立派に成長しました。

 今日ここに卒業式を迎えられた皆さんは、過ぎた日の想い出を胸に、明日からはそれぞれの進路先での、新しい生活を始めなくてはなりません。新しい環境で、新たな出会いと体験を重ねながら、さらに成長していただけることを私たちは期待しています。 

  そこで、先日の三送会のメッセージにも書きましたが、卒業生への餞の言葉として次の言葉を送ります。「人を信じなさい。しかし、その百倍自分を信じなさい」繰り返します「人を信じなさい。しかし、その百倍自分を信じなさい」という言葉です。私や保護者の方がまだ子どもだったころに、「鉄腕アトム」というロボット漫画を始めとして、「ジャングル大帝」や「ブラックジャック」など数多くのストーリー漫画を描いていた、手塚治虫さんという漫画家さんの言葉です。

 手塚治虫さんは、日本のアニメ文化の礎を気づいた方の一人です。漫画がまったく評価されない時も長くあり、医学部を卒業したのでお医者さんという生き方もできたにもかかわらず、漫画家として生き抜いた方です。そんな苦労の時代も、信じていた多くの人々に助けられたことによって、生涯を漫画家として過ごすことができたということでした。人を信じて、裏切ることなく、誠実に暮らすことが長い人生の中では大切だということです。しかし、人を信じるためには、自分はその人を信じていいんだ、そして、自分は目の前の苦悩を必ず乗り越えることができるんだといういうように、自分自身を強く信じることができなければ、途中で、この人を信じて良いんだろうか、こんなことをしていて良いんだろうかと揺れ動き、その結果何も信じられなくなり、何も結果が残せないことも多いということです。皆さんの、それぞれの可能性と能力を信じましょう。そして、人を信じ、お互いの信頼関係の中で素晴らしい社会を形成していただきたいと思います。 

  これからの社会は皆さんが築いていくのです。一人一人の思いや行動は小さなものです。しかし、その小さなものが少しずつ積み重なり、それぞれが関わり合っていくことで大きなうねりになり、必ず社会を変えていく力になるのです。本校の復興支援ボランティアのスローガンにある「微力ではあるけれど無力ではない」の精神こそ大切なものなのです。様々なことにチャレンジし、その過程を大切にしていくことによって、皆さんの人生も充実した満足のいくものになるものと、私は確信しています。本校での3年間で立派に成長できた皆さんですから、川越総合高校の卒業生としての自信と誇りを胸に、日々努力することで、必ずや洋々たる人生が開けていくものと信じています。

  結びに、ご列席の皆様方に改めて御祝いと御礼を申し上げますとともに、川越総合高校の良き理解者として、今後ともお力添えを頂けれは幸いでございます。そして、卒業生の皆さんが、今後益々活躍されますことを心よりご祈念しまして、式辞と致します。

  平成27年3月14日

                   埼玉県立川越総合高等学校長    柿沼 重信

 入学式 式辞   〔 平成26年 4月 8日 〕

     式 辞
 春爛漫の穏やかなよき日となりました。 満開の桜と木々のすがすがしい若葉、そして多くの人達が皆さんの入学を喜び迎えています。
 246名の入学生の皆さん、ご入学おめでとうございます。 また保護者の皆様にも心より御祝いを申し上げます。
  この良き日に、PTA会長様 後援会長様をはじめ、多数のご来賓の皆様方、並びに保護者の皆様の御臨席を賜り、ここに 埼玉県立川越総合高等学校 平成26年度入学式 を挙行できますことは、本校にとりまして、この上ない喜びでございます。 ご臨席の皆様に心より御礼を申し上げます。
  さて、本校は 大正9年4月、県立蚕業学校 として創立され、県立農蚕学校県立川越農蚕学校 と校名を変えながらも、当時の輸出産業の花形であった、生糸を生産する養蚕技術の振興発展のために、大きな期待を受けて、重要な役割を担うとともにその責任をはたしてまいりました。 その後の学制改正により、昭和23年には 県立川越農業高等学校 として広く農業教育を推進し、農業とその関連産業の育成と振興に大きく貢献してきました。 そして平成8年には、時代の進展に対応した総合学科を設置し、校名を現在の 県立川越総合高等学校 とし、「農業科目を主体とした総合学科」 としての新たな道を歩みだし、今年で19年目、創立からは95年目となりました。 卒業生も、1万8千有余人となり、まさに、校訓に示されている「真理と正義を愛し、勤労と責任を重んじる」ことを実践する、社会に有為な人材を多方面に多数輩出してまいりました。
 本日ここに入学された皆さんには、この農業高校としての歴史と伝統を引き継ぐとともに、総合高校としての進取の精神を併せ持った本校での 「学び」 が今日から始まるのです。 その「学び」は、それぞれが自分の興味・関心や、将来の生き方を視野に入れた上で、幅広い選択科目の中から自分で科目を選択し、一人ひとりが違った時間割をもって主体的にやっていくという、総合学科の特色を活かした中で進められていきます。 そして その「学び」によって本校の教育目標にある 「生き物を通して心豊かな人間になる。」 「自ら学ぶ意欲と主体的に判断できる能力を身に着ける。」 「自分の個性を最大限に伸ばし、心身ともに健全で有益な社会人になる。」 ということが、これからの3年間の高校生活の中で強く求められています。
 学校は、人間の可能性を無限に広げる為の、知恵と知識と心と体力とを、自らの努力によって「学び」取る場所です。 学ぼうとする意志がなければ、3カ年という高校生活を無駄に過ごすことになるのです。
 山本有三 は「路傍の石」 の中で 「たった一人しかいない自分を、たった一度しかない一生を、ほんとうに生かさなかったら、自分は生まれてきた甲斐が無いじゃないか」 と言っています。 自分を生かすと言うことは、自分の才能を発見し、それを伸ばし、人のため世のために尽くすことだと思います。 そのために、学ぶことが必要なのです。
  私は、高校時代ほど、人の一生という大きな流れの方向を決定づける大切な時期はないと考えています。 樹木の成長にたとえれば、それはまさに「芽吹く」時だと思います。 樹木の芽が勢いよく成長する 「芽吹く」 段階は、東の方に伸びようか、西の方に成長しようかと思い悩んでいるように見えます。 そして、一度 「芽吹く」 方向が決まると、そのまま勢いよく成長していきます。
  私は、新入生の皆さん一人ひとりが、本校の総合学科という特色の中で、それぞれの方向への立派な 「芽吹き」 を実現し、皆さんがこの世に生を受けたことにより、世の中が、そして世界が少し良くなったなと思えるような生き方をして欲しいと願っています。
 結びに、保護者の皆様におかれましても、これからの3年間の高校生活について、ぜひお子さんと語り合っていただきたいと思います。 そして、本校の教育方針や指導について、ご理解とご協力を賜り、新入生の皆さんの高校生活が、より楽しく、充実したものとなりますよう、私たち教職員とともに支えて頂くことをお願い申し上げまして、式辞といたします。
平成26年 4月 8日   埼玉県立川越総合高等学校長   柿沼 重信 

会議・研修  第3学期 終業式 あいさつ   〔 平成26年 3月 24日 〕

 皆さんおはようございます。
 先日、3年次生を送り出したばかりですが、早いものでもう終業式を迎えました。 土曜日には、東日本大震災復興チャリティーとして、ドキュメンタリー映画 「うたごころ」 の上映会が川越市市民会館で行われました。 当日の運営では、本校の生徒会を中心にボランティア活動を行ってくれました。 活動に参加した生徒のみなさん、お疲れ様でした。
 一年は早いもので、今日で一年間の教育活動が終わります。 皆さんにとっては、どんな一年でしたか。 目標を達成できたこと、失敗したこと、楽しかったこと、辛かったことなどをそれぞれ、この機会にじっくりと振り返り、次にどうするかを考えることが大切です。
 1年次生は、この一年ですっかり高校生らしくなりました。 皆勤の生徒が約80名おり、規律ある学校生活を送った生徒が多いと思います。これからはキャリアプランをベースに、それを具体化したり実行していってほしいと思います。
 2年次生は、文化祭をはじめ校内行事のすべての面で中核としての役割を努めてくれました。 残念ながら、中だるみをしてしまった生徒もいましたが、その人達は軌道修正をしてほしいと思います。 これからは、自分の進路実現に向けて、悔いのない生活を送って下さい。
 さて、皆さんは京都の大徳寺というお寺を知っていますか。 大仙院の石庭としても有名ですが、修学旅行等で行った人もいると思います。 この大仙院の玄関前には、「今こそ出発点」 として次のような言葉が掲示されています。
     人生とは毎日が訓練である
     わたくし自身の訓練の場である
     失敗もできる訓練の場である
     生きているを喜ぶ訓練の場である
     今この幸せを喜ぶこともなく いつどこで幸せになれるか この喜びをもとに全力で進めよう
     わたくし自身の将来は 今この瞬間ここにある 今ここで頑張らずにいつ頑張る
この言葉は、大徳寺大仙院住職の尾関宗園氏が話しをして、自分自身に課していることだそうです。
 学校も人生の訓練の有効な場です。 勉強を自分から進んで行うこと、仲間との人間関係を豊かにすること、体を鍛え心を健康に保つことなど、いずれも自分の将来の礎となるものです。 私たちは 「学び」 をとおして向上しようとする意欲を失ってはならないのです。 この意欲をなくせば、現代社会において自分が進むべき方向を見失ってしまいます。
 時間は皆さんを待ってはくれません。 何となくこの春休みを過ごすのではなく、一人ひとりがしっかりと一年間を反省し、自分なりの評価を出してみてください。 特に、今年度、悔いを残した人は、自分の考えに甘さはありませんでしたか。 是非、自分を厳しく見つめ直してください。
 明日からいよいよ春休みとなります。 何といってもまず、健康に留意して過ごしてくだい。 そして、新しい年度を迎えるための心の準備も忘れないでください。 全員揃って素晴らしい新学期のスタートが切れることを期待しています。