講話 ・ 式辞

カテゴリ:卒業証書授与式 式辞

学校  卒業証書授与式 式辞   〔 平成29年 3月 11日 〕

     式 辞
  日差しがすっかり明るくなり、新しい春の息吹が感じられる今日の佳き日に、島田PTA会長様、大野同窓会長様を始め、多くのご来賓の皆様のご臨席を賜り、平成28年度 埼玉県立川越総合高等学校の卒業証書授与式が盛大に挙行されますことは、卒業生はもとより、本校職員 並びに生徒一同にとりましても大きな喜びであります。ご臨席を賜りました皆様に心より御礼申しあげます。
 ただ今、237名の生徒に対して、卒業証書を授与いたしましたが、卒業生の皆さん 誠におめでとうございます。 皆さんは、入学以来のたゆまぬ努力が実を結び、ここにめでたく 卒業の栄誉を得られたわけですが、ご家族の方々を始め 多くの方々のお世話によって得られたものであります。そのことを忘れてはなりません。
 諸君たちは、3年間の高校生活を終えて、今日この場から、それぞれの人生に向かって出発していくわけですが、今、貴方方は、将来に向けて期待と豊富に満ちていることと思います。 本校の3年間に培ったものが10年後、20年後の時代になっても 皆さんの心の中で生き生きとした生命を持ち続け、その人生を支えていくものであってほしいと、私は願っております。
 本校では、心豊かな生徒を育成するため、文化祭、をはじめ、東北ボランティア、三富新田の落ち葉掃きなど、特色ある行事を展開しております。 そのような中で今年度は、2つの国際交流を行いました。
 1つ目、カリフォルニア チュラーレの農業研修です。これは、2020年の創立100周年プレ事業の一環として、昨年の7月26日から10日間の日程で行われました。 カリフォルニア チュラーレの農業は、アメリカの中でも大規模で企業的な農業であり、生徒にとって想像を超える驚きと感動となったことと思います。 また、チュラーレの高校生宅に5日間宿泊したホームステイは、アメリカの生活様式や文化を学ぶとともに、語学の研修やコミュニケーション能力の育成にも繋がったことと思います。
 2つ目に、本校の食品科学系列では、台湾の高校生と協力して、名細農場で採れたトマトを活用した商品開発を行いました。 商品名は「フレッシュトマトせんべい」といいますが、トマトの香りを強く感じられるように作ったせんべいで、台湾の方の味覚にも合う物になっています。 せんべいの形は台湾の国花、梅の花の形に似せています。 昨年の12月には台湾に本校から3名の生徒が渡り、開発した 「フレッシュトマトせんべい」 の販売を行いました。 今後、文化祭やイベントでも川越総合高校のオリジナル商品として、販売やプレゼントに使えればよいと思っています。
 カリフォルニア チュラーレの農業研修、そして台湾の高校生と協力した商品開発は、普段の生活で体験することのできない、人の温かさやコミニュケーションの大切さなど、自主自立が養われた国際交流であったと思います。
 現代は情報化の進展により急速に国際化しています。 これからの日本人に求められるものは語学力やコミニュケーション能力、そして異文化に対する理解です。 本校生徒がこの国際交流で持ち帰った、数々の貴重な体験は、全生徒に対して報告会を実施しております。 それぞれが、これからの人生に生かしていただきたいと思います。
 さて、これから卒業生諸君は、多忙で輝かしい人生となる皆さんの門出に当たり、一言はなむけの言葉を申しあげます。
 まず初めに 「有言実行の人であれ」 ということあります。 今までは、「不言実行」 と言って、黙々と物事を行う事がよしとされてきましたが、現代社会を逞しく生き抜く上で、自分の意見や主張がきちんと述べられ、行動できる人が今日では求められています。 これからは、「言って、言ったからには、責任をもって行動する」 と言うことであり、そして社会に有用な人となり、多くの人々から信頼を寄せられるような人間になって頂きたいと思います。
 次に3つの勇気をもって、逞しくこれからの社会を生きて頂きたいと言うことであります。 3つの勇気とは、「挑戦への勇気」、「留まる勇気」、「守る勇気」 の3つであります。 第一の、「挑戦の勇気とは」、貴方方は、明日からは、それぞれ選んだ道を自分の力で切り開いていくことになります。自分はこの道をすすむのだと決めたなら、一度や二度の困難にくじけず挑戦し続け、自分の夢の実現のために、勇気をもって果敢に取り組んで頂きたいと言う思いでの「挑戦への勇気」であります。 第二の「留まる勇気」とは、一つの事を成し遂げるには、がむしゃらなだけではいけません。 時には、広い視野に立って、自分の生き方を振り返ることが大切です。 今、自分は、何を優先して行うべきか、何を学ぶべきか、それを考えられる人になってほしいと思います。正しく生きるには、ときには勇気を持って決断することが必要であります。 第三の「守る勇気」とは、これからの時代は、世界の人々が力を合わせ、地球を大切にしながら、人間の幸せを希求する時代、即ち、共存共栄の時代であります。 そのためには、自分の役割をしっかり果たせる人になってほしいと思います。 人間が共に生きるためには、社会のルールやマナーを一人一人が互いに協力して守っていかなければなりません。 その思いからの「守る勇気」であります。 この3つの勇気をもって、貴方方がこれからの国際社会の中で胸を張って堂々と活躍して行っていただきたいと思います。
 終わりに、本日御列席下さいました御来賓各位に深甚なる謝意を表するとともに、これまでの3年間、本校の教育に対しまして暖かいご支援とご協力を頂きました保護者の皆様に感謝を申しあげます。 また2020年に創立100周年を迎えるこの川越総合高校のよき理解者として、今後ともお力添えを頂ければ幸いでございます。 そして、卒業生の皆さんの前途が洋々たるものであることを信じ、また、将来の御多幸をお祈りし、式辞といたします。
平成29年 3月 11日   埼玉県立川越総合高等学校長   韮塚 光信