講話 ・ 式辞

カテゴリ:卒業証書授与式 式辞

卒業式 式辞

卒業式 式辞

  

 春の息吹が感じられる今日この佳き日、令和2年度第23回卒業証書授与式を挙行できますことは、卒業生はもとより、私たち教職員及び在校生にとって大きな喜びであります。本日晴れの日を迎えられた234名の卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

 保護者の皆様におかれましては、お子様の成長された今日の姿に感慨も一入のことと存じます。ご卒業をお慶び申し上げますとともに、これまで私どもが賜りましたご理解とご協力に深く感謝申し上げます。

  さて、卒業生の皆さんが進むこれからの社会は、コロナ禍の影響もありこれまで以上に変化の著しいものとなるでしょう。「十年一昔」は死語となり、日々情報に溢れ、世にいう常識が瞬く間に変わってしまう、激しい変革に戸惑うことが多くなると思われます。また、AI(人工知能)が凌駕し、人間の尊厳が脅かされるような場面も出てくるかもしれません。そんな時、本校での学びを存分に発揮し、焦らず、慌てず、挫けずに、地に足の着いた実践を心掛けてください。本校で着実に学びを重ね、成長を遂げた皆さんのことです。これからの社会が求める人材に相応しく、次代を担う実践者となってくれるものと確信しています。 

 卒業生の皆さんにこうしてお話しするのは今日が最後の機会となります。是非この場でお伝えしたいことが2つあります。 

 1つ目は、人格形成の自覚についてです。一般的に、我々の人格は、概ね20年で完成すると言われています。私事で恐縮ですが、幼馴染や学生時代からの友人が集まると、良くも悪くも、昔のままの姿がそこにはあります。つまり、人間の人格は20年前後で完成され、その後の経験から多少の知恵は身に着けたとしても、その本質は大きく変わらないということです。人格とは人柄、他人に対する思いやりや物事を謙虚に受け止められる資質は、自分の可能性を大きく広げ、一方で、言い訳や他人の悪口を重ねるような言動は社会のなかで受け入れられる要素は微塵もありません。この3年間、多様な人間関係のなかで皆さんが学んだことは、一人ひとりの人格形成に大きな影響を与えているはずです。まずそのことを認識し、さらに卒業後の2~3年が人生を送るうえでの基盤を作る最も重要な時期だということをしっかりと自覚し、本校を巣立ってもらいたいと思います。

 2つ目は、物事を成そうとする強い想いと志についてです。一昨年ノーベル化学賞を受賞された、リチウムイオン電池の産みの親でもある 吉野 彰 さん(旭化成株式会社名誉フェロー)は、「ムダなことをたくさんしないと、新しいことは生まれてこない。」という言葉を若者に向けて発言されています。4月から職に就く人、進学して新たな環境で学ぶ人、海外での活躍を夢見てコロナ禍の終息を待つ人。234名の進路は多種多様です。どうか皆さんには、何事にも興味・関心を持つ姿勢を忘れず、自らの可能性を拡げ、「夢の実現」に向けてたゆまぬ努力をし、必ずや自己実現を果たして欲しいと思います。

 結びに、卒業生の皆さんの今後のご活躍を祈念して、式辞とさせていただきます。

 

    令和3年3月13日

 埼玉県立川越総合高等学校 校⾧ 服部 修

 

学校  卒業証書授与式 式辞   〔 平成29年 3月 11日 〕

     式 辞
  日差しがすっかり明るくなり、新しい春の息吹が感じられる今日の佳き日に、島田PTA会長様、大野同窓会長様を始め、多くのご来賓の皆様のご臨席を賜り、平成28年度 埼玉県立川越総合高等学校の卒業証書授与式が盛大に挙行されますことは、卒業生はもとより、本校職員 並びに生徒一同にとりましても大きな喜びであります。ご臨席を賜りました皆様に心より御礼申しあげます。
 ただ今、237名の生徒に対して、卒業証書を授与いたしましたが、卒業生の皆さん 誠におめでとうございます。 皆さんは、入学以来のたゆまぬ努力が実を結び、ここにめでたく 卒業の栄誉を得られたわけですが、ご家族の方々を始め 多くの方々のお世話によって得られたものであります。そのことを忘れてはなりません。
 諸君たちは、3年間の高校生活を終えて、今日この場から、それぞれの人生に向かって出発していくわけですが、今、貴方方は、将来に向けて期待と豊富に満ちていることと思います。 本校の3年間に培ったものが10年後、20年後の時代になっても 皆さんの心の中で生き生きとした生命を持ち続け、その人生を支えていくものであってほしいと、私は願っております。
 本校では、心豊かな生徒を育成するため、文化祭、をはじめ、東北ボランティア、三富新田の落ち葉掃きなど、特色ある行事を展開しております。 そのような中で今年度は、2つの国際交流を行いました。
 1つ目、カリフォルニア チュラーレの農業研修です。これは、2020年の創立100周年プレ事業の一環として、昨年の7月26日から10日間の日程で行われました。 カリフォルニア チュラーレの農業は、アメリカの中でも大規模で企業的な農業であり、生徒にとって想像を超える驚きと感動となったことと思います。 また、チュラーレの高校生宅に5日間宿泊したホームステイは、アメリカの生活様式や文化を学ぶとともに、語学の研修やコミュニケーション能力の育成にも繋がったことと思います。
 2つ目に、本校の食品科学系列では、台湾の高校生と協力して、名細農場で採れたトマトを活用した商品開発を行いました。 商品名は「フレッシュトマトせんべい」といいますが、トマトの香りを強く感じられるように作ったせんべいで、台湾の方の味覚にも合う物になっています。 せんべいの形は台湾の国花、梅の花の形に似せています。 昨年の12月には台湾に本校から3名の生徒が渡り、開発した 「フレッシュトマトせんべい」 の販売を行いました。 今後、文化祭やイベントでも川越総合高校のオリジナル商品として、販売やプレゼントに使えればよいと思っています。
 カリフォルニア チュラーレの農業研修、そして台湾の高校生と協力した商品開発は、普段の生活で体験することのできない、人の温かさやコミニュケーションの大切さなど、自主自立が養われた国際交流であったと思います。
 現代は情報化の進展により急速に国際化しています。 これからの日本人に求められるものは語学力やコミニュケーション能力、そして異文化に対する理解です。 本校生徒がこの国際交流で持ち帰った、数々の貴重な体験は、全生徒に対して報告会を実施しております。 それぞれが、これからの人生に生かしていただきたいと思います。
 さて、これから卒業生諸君は、多忙で輝かしい人生となる皆さんの門出に当たり、一言はなむけの言葉を申しあげます。
 まず初めに 「有言実行の人であれ」 ということあります。 今までは、「不言実行」 と言って、黙々と物事を行う事がよしとされてきましたが、現代社会を逞しく生き抜く上で、自分の意見や主張がきちんと述べられ、行動できる人が今日では求められています。 これからは、「言って、言ったからには、責任をもって行動する」 と言うことであり、そして社会に有用な人となり、多くの人々から信頼を寄せられるような人間になって頂きたいと思います。
 次に3つの勇気をもって、逞しくこれからの社会を生きて頂きたいと言うことであります。 3つの勇気とは、「挑戦への勇気」、「留まる勇気」、「守る勇気」 の3つであります。 第一の、「挑戦の勇気とは」、貴方方は、明日からは、それぞれ選んだ道を自分の力で切り開いていくことになります。自分はこの道をすすむのだと決めたなら、一度や二度の困難にくじけず挑戦し続け、自分の夢の実現のために、勇気をもって果敢に取り組んで頂きたいと言う思いでの「挑戦への勇気」であります。 第二の「留まる勇気」とは、一つの事を成し遂げるには、がむしゃらなだけではいけません。 時には、広い視野に立って、自分の生き方を振り返ることが大切です。 今、自分は、何を優先して行うべきか、何を学ぶべきか、それを考えられる人になってほしいと思います。正しく生きるには、ときには勇気を持って決断することが必要であります。 第三の「守る勇気」とは、これからの時代は、世界の人々が力を合わせ、地球を大切にしながら、人間の幸せを希求する時代、即ち、共存共栄の時代であります。 そのためには、自分の役割をしっかり果たせる人になってほしいと思います。 人間が共に生きるためには、社会のルールやマナーを一人一人が互いに協力して守っていかなければなりません。 その思いからの「守る勇気」であります。 この3つの勇気をもって、貴方方がこれからの国際社会の中で胸を張って堂々と活躍して行っていただきたいと思います。
 終わりに、本日御列席下さいました御来賓各位に深甚なる謝意を表するとともに、これまでの3年間、本校の教育に対しまして暖かいご支援とご協力を頂きました保護者の皆様に感謝を申しあげます。 また2020年に創立100周年を迎えるこの川越総合高校のよき理解者として、今後ともお力添えを頂ければ幸いでございます。 そして、卒業生の皆さんの前途が洋々たるものであることを信じ、また、将来の御多幸をお祈りし、式辞といたします。
平成29年 3月 11日   埼玉県立川越総合高等学校長   韮塚 光信 

学校  卒業証書授与式 式辞   〔 平成26年 3月 15日 〕

     式 辞
  校庭の木々の芽吹きにも春の訪れが感じられる今日、この佳き日に PTA会長 田中あきえ様、同窓会会長 大野松茂様、育英会会長 古寺五一様、後援会会長 諸口高男様 をはじめとする御来賓の皆様並びに多数の保護者の皆様方の御臨席を賜り、ここに 平成25年度 埼玉県立川越総合高等学校卒業証書授与式を盛大に挙行できますことは、本校にとりましてこの上もない喜びでございます。 御臨席を賜りました皆様方に厚く御礼を申し上げます。
 ただ今、卒業証書を授与された231名の皆さん、御卒業おめでとうございます。 この日を迎えられたことは、皆さんの3年間の努力の結果であるとともに、御家族の限りない愛情と心の支えがあったればこそであります。 卒業という一つの節目にあたり、御家族に対する感謝の気持ちを言葉や行動で表していただきたいと思います。
 皆さんは平成23年4月に90有余年の歴史と伝統を誇る本校に喜びと希望を胸に入学しました。 以来3年間、多くの先生や友人と共に学び、知性や知識・技能を大きく伸ばしてきました。 また、それらを部活動や学校行事などにおいて応用する中で、思考力や判断力、表現力を身に付け、数多くの成果を収めました。 学校生活の様々な場面を通じて、心身を鍛えるとともに、一生の財産となる仲間との友情を育んできました。 今年度の体育祭においては、新たに応援合戦が加わって大いに盛り上がり、皆さんの頑張りは多数の観客に大きな感動を与えてくれました。 常に全力を尽くして優れた成果をあげて、長い本校の歴史に輝かしい一頁を加えてくれたことに心から敬意を表します。
 保護者の皆様、お子様の御卒業誠におめでとうございます。 3年間、何かと御苦労が多かったことと思います。 このように立派に成長され、晴れての御卒業であります。 感慨ひとしおのことと思います。 心から御祝い申し上げます。
 さて、卒業生の皆さんは、これから皆さんが大人となって加わっていく社会について、どのようなイメージを持っていますか。 今日の災害や環境、エネルギーの問題、長引く景気の低迷や我が国の産業の国際競争力の低下など、国内外に問題や課題が山積しており、将来に明るい希望や展望を見いだせないでいる人も少なくないと思います。 しかし、未来は決まっているものでもなければ、与えられているものでもありません。 自ら作り出していくものです。このような時代だからこそ、知恵と努力を結集して、未来を変革して行かなければなりません。 皆さんは、まだ自分が社会に対してどれだけの影響力を持てるのか実感できないと思いますが、間違いなく我が国の将来を背負うとともに、その責任を負っています。 私たち教職員は、皆さんがそれぞれの果たすべき社会的な役割を見出し、その使命に誇りを持って取り組んでいく人物に成長することを目指して、これまで支援してきました。
 皆さんは、これからそれぞれ別々の人生を歩みだします。 進学して上級学校でさらに知識 ・ 技術を身につける者、社会人となって即戦力として社会の役に立つ者など、様々です。 本校の卒業生として、どのような立場に置かれても、自分がなくてはならない存在になってください。
 皆さんの可能性と晴れの門出にあたり、私の思うところを申し述べて餞の言葉といたします。
 1つ目は、何か一つはだれにも負けないものを身につけるということです。 成功の秘訣は、成功するまでコツコツとやり続けることだと言われます。 継続するには忍耐や我慢が不可欠です。 また、だれにもできないことは、やろうと思ってもなかなかできるものではありません。 だれでもできることはたくさんあります。しかし、だれにでもできることを地道に続けられる人は少ないものです。 だれにでもできることをひたすら徹底することで、それが 誰にでもできないものになります。 仕事の上でも、日常生活の中でも、自分に何か一つはだれよりも長くできることをやり続けてください。
 2つ目は、自分の責任をしっかり果たすということです。 近年の大きな事故の原因を見ると、自分に与えられた仕事をその目的どおりに行わないことで、最終的にたいへん悲惨な結果に結びついていることが多いと思います。 自分以外には代役はいないという決意で何事にも取り組んでほしいと思います。 職場や実社会できちんと責任を果たすことが、自分の存在意義を高めます。 責任を果たすことが、最終的に社会の役に立つということであります。
 3つ目は、一度しかない人生を有意義なすばらしいものにしてほしいということです。 このことは保護者の願いであり、私たちの願いでもあります。 光陰矢の如しと言われますが、時は待ってはくれません。 今できる精一杯のことをやるようにしてください。 決して無為に過ごすことなく努力することを心がけてください。 そうすれば、頑張る皆さんを周りも応援してくれるようになります。 さらにその期待に応えて頑張ることができます。 一度しかない人生です。 自分の役割と使命を全うし、すばらしい人生を歩んでください。
 次に在校生の皆さんに一言申し上げます。 今日から川越総合高校を背負っていくのは、在校生の皆さんと私たち教職員です。 どうか皆さんは、先輩である卒業生が残してくれた良き伝統を受け継ぐとともに、さらに向上させ、本校が地域の人々から信頼される理想の学舎となるように努力することを期待しています。 そのことが本校の良き校風となり、伝統となっていくと思います。
 最後になりましたが、改めて保護者の皆様にお礼申し上げます。 皆様方には、3年間にわたり本校の教育活動推進のために、温かい御支援と多大なる御協力を賜りましたことに、職員一同深く感謝申し上げます。 また、御多用の中、御臨席を賜りました御来賓の方々におかれましては、これまでお寄せいただきました本校への御支援、御協力に心より感謝申し上げます。  
 終わりに、231名の卒業生の皆さん一人ひとりが、それぞれの世界に向けて力強く旅立ち、その洋々たる前途を祝して、式辞といたします。
平成26年 3月 15日   埼玉県立川越総合高等学校長   竹本 政弘