講話 ・ 式辞

カテゴリ:朝礼 あいさつ

緊急事態宣言再発令に伴う本校の対応について

校長講話(放送による)

令和3年1月14日(木)

 

緊急事態宣言再発令に伴う本校の対応について

 

 おはようございます。朝のSHRの時間をいただき、新型コロナウイルス感染拡大に伴う対応についてお話しさせてください。3分ほど時間をいただきます。

 昨日菅首相が、新たに大阪、京都、兵庫、愛知、岐阜、福岡、栃木の7府県に緊急事態宣言を発令し、三大都市圏を含む11都府県に対象を広げ、併せて中国や韓国など11か国からの入国を規制するとの発表を行いました。また、学校や保育所には休業を求めず、感染防止対策の徹底を再度要請しました。このことを受け、本日付けで保護者宛通知を発出し、今後の学校運営に係るお願いをさせていただきます。

1.本校では、感染防止対策を徹底しながら教育活動を継続します。

2.登下校時の三密回避のため、2月5日(金)まで始業時間を1時間繰り下げ9時40分とします。

3.短縮40分授業を、2月5日(金)まで継続します。

4.2月7日(日)まで、部活動を原則中止とします。

5.学校生活においも、感染防止対策の徹底を心掛け行動してください。

 ・手洗い、うがいの励行、ソーシャルディスタンスの保持

 ・マスク着用の徹底

 ・昼食時に飛沫感染を防止する対応の強化(一人で食べる・会話しない・飲み物、タオル等の共有をしない)

   ⇒ 教員が監視するようなことはしたくない

6.不要不急の外出を控え、感染防止対策と健康観察の徹底

をご家庭にも再度お願いします。

 

 次に学校行事についてです。

1.1月26日(火)に予定していた、創立百周年記念式典は再度延期します。

 特に、3年次生の在学中に実施することが厳しい状況にあり、夏以降、オリンピック終了後に挙行出来るよう仕切り直しします。式典を楽しみにしていた人たちには、大変申し訳なく思っております。

2.次に、3月下旬に予定していた2年次生の修学旅行を、6月に再度延期します。

 併せて、学年保護者会も4月以降に延期します。生徒の皆さんからは修学旅行を心待ちにしているとの声を複数いただいていることから、安心・安全な修学旅行が実施できるようになるまで、もう少し我慢してください。

3.3年次生を送る会や卒業式については、感染防止対策がどれだけ徹底できるのかを含め、実施について現在検討しています。

  

 最後に授業についてです。

 緊急事態宣言の再発令に伴い、県のガイドラインが改訂されました。これまで実施していた実験や実習、合唱や合奏など感染リスクが高いとされる活動については制限がかかります。先生方もどのようにすれば皆さんにとって教育効果の高い授業になるのか悩み苦しんでいます。どうかご理解とご協力をお願いします。

 

 むすびに、伊集院 静 という作家が成人を迎えた若者に発したメッセージの一部を紹介します。「今は、少し辛いが、必ず笑える日はやってくる。まぶしい光が差す時が来る。それを信じて歩き続けよう。自分のためだけではなく、誰かのために!それが人間の品格だ。品格だ。コロナの中の新成人諸君、情熱を信じて胸を張れ。」

 以上です。

 

晴れ  朝礼 あいさつ   〔 平成25年 11月 1日 〕

 皆さんおはようございます。
 
 学校行事が続いたこともあり、あっという間に2学期も半分が過ぎました。 1年次生は初めての川総祭、体育祭はどうでしたか。 充実感や達成感は得られましたか。 川総祭では今年も多数の方の来校がありました。 また、体育祭では今年から応援合戦が加わりたいへん盛り上がったと思います。 昨年にも増して100名を超える保護者の応援をいただきました。 いずれの学校行事も 全校の皆さんの努力の成果がよく現れたすばらしい行事であったと思います。 皆さんの努力に敬意を表したいと思います。 2年次生は 来月から修学旅行ですが準備はどうですか。 思い出に残る楽しい修学旅行となるように 事前の準備を入念に進めてほしいと思います。 3年次生は就職試験、推薦入学試験等で頑張っているところかと思います。 就職希望者については、現時点で約4分の3が決定しました。 現在、取り組んでいる生徒は最後まであきらめずに頑張って下さい。 また、進学希望の人は 計画的に勉強を進めてほしいと思います。 これから公開授業も始まります。 学校行事から勉強へと気持ちを切り替えて取り組んでほしいと思います。
 
 先週のことですが、10月22日から24日にかけて、1都3県において農業クラブ全国大会首都圏大会が行われました。 本県では、杉戸農業高校を会場に農業鑑定競技会が行われました。 会場では、本校の農業クラブ役員の皆さんにも大会運営でお世話になりました。 今年は残念ながら本校生徒の全国入賞はありませんでしたが、1・2年次生の皆さんは来年の沖縄大会に向けて頑張ってほしいと思います。 東京での大会式典では、毎年のことですが、意見発表やプロジェクト発表等の農業関係高校生の活動レベルが高いことに感心しました。
 
 話は変わりますが、近年ネット関連で指導をするケースが増えてきているそうです。 残念ながら本校でも指導を受けた生徒がいます。 インターネットにおける青少年のトラブル事例としては、1.思いやりのない言動や行動で人を傷つけるケース 2.無知または故意に他者の権利を侵害するケース 3.匿名で特定されないと勘違いして愉快犯的行動をとるケース 4.不知または故意に有料サービスを使うケース 5.性犯罪関連のトラブルのケース等があるそうです。 そこで、一般のネット利用に関して皆さんに気をつけてほしいことは、1.思いやりを持った言動や行動をとること 2.不確かな情報の伝達を止めること 3.友達の個人情報を勝手に送らないこと 4.写真に位置情報が付加されていることに注意すること 5.知らない人と会わないこと 6.お金を使うときは親に言うこと等、しっかりとした対応を心がけてほしいと思います。
 
 これらのことにも関連して、今日は 守るべきこと についての話をしたいと思います。 私たちが安全で穏やかな暮らしをしていくことができるのは、さまざまな法律や規則が定められ、人々がこれらの決まりを守って生活しているからです。 また、法律や規則のほかにも、日常生活の中においては、さまざまな礼儀や作法があります。 日常生活ではこのマナーが人々に守られて、はじめて明るく安全な生活が送れると思います。 マナーを守ることは簡単なようですが、意外に難しいと思いませんか。 故意にではないマナー違反はまだしも、意識しながらわざと行われているような行為が最近目につきます。 非常識な人が増えているのかもしれません。 これまで、成人式で一部の人が、式場で自分勝手な行動をして、式を混乱させるという残念なニュースを目にしたことがあると思います。 この行為は意識してわざとしたものであり、到底許されるものではありません。 成人として、また社会人として常識のない人であると思います。 この例だけはでなく、最近、私たちの身の周りでも何かぎすぎすしているように感じることはありませんか。 街の中でも電車やバスの中でもどうでしょうか。 気持ちにゆとりがなく、他の人のことを思う余裕がなくなってきているせいでしょうか。 そのような中、先日、電車で高校生がお年寄りに席を譲っている光景を見かけ、ホッとした気持ちになりました。
 
 学校生活においても、校則の他にさまざまな守るべきマナーがあります。 授業中の私語や携帯電話の使用など、してはならないことがあります。 一人ひとりがマナーを守ることにより、学校生活が明るく楽しく、充実したものになると思います。 一人ひとりがマナーを守ることを心がけ、皆さんが気持ちよく高校生活を送って欲しいと思います。 以上、期待を込めて話を終わりにします。