講話 ・ 式辞

カテゴリ:始業式 あいさつ

2・3年次生向け

始業式に代わって
令和2年4月8日


2・3年次生向けた メッセージ


埼玉県立川越総合高等学校
校長 服部 修

 

 新2・3年次生の皆さん、はじめまして。熊谷農業高等学校に転出された 梅澤 仁 前校長先生の後任として、4月1日付で川越総合高等学校に着任した 服部 修 と申します。どうぞよろしくお願いします。
 令和2年度が始まりました。今年は新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令されたため、学年末の終業式同様に、始業式も取りやめになりました 。みなさんの元気な姿が見られないのは本当に残念です。
 皆さんは進級して一つ年次があがりました。おそらく、何か新しい決意をして、新年度を迎えた人も多いのではないかと推察します。私自身も、新しい学校で新年度を迎えることになり、皆さんと、お会いできるのを心待ちにしていました。春は出会いの季節です。まだ、直接お会いすることはできていませんが、この川総で皆さんに出会えたことを大変嬉しく思っています。そして、この出会いを大切にしたいと強く思います。年度の初めに一つだけお願いをさせてください。
 「凡事徹底」という言葉を覚えて欲しいということです。「凡事徹底」とはたり前のことを普通の顔をして徹底してやりきるということです。
 皆さんにとってあたり前のこととはなんでしょうか?
 私がお願いしたいあたり前とは 、体育館ステージに向かって右側のボードにある、「時を守り、場を清め、礼を正す」(森 信三さんの言葉)という言葉です。このことを凡事徹底してほしいのです。
 「時を守り」とは、「5分前行動」を徹底するということです。5分前行動するということは 、 他人の時間を大切にするということでもあります。総合学科の授業の性質上、教室移動が多い中、待たされるのは誰もがいやですから ・・・ 。ぜひ5分前行動ができる人になってほしいと思います。
 「場を清め」とは、掃除を徹底して行うということです。本気で掃除ができる人は他人の気持ちがわかる人です。きれいな場所は誰もが気持ち良く感じます。本気で心を込め、身の回りの掃除ができる人になってほしいと思います。
 「礼を正す」とは、自分も相手も気持ち良くなるような「挨拶」「言葉づかい」「服装」に気遣うということです。このことができている人は、良好な人間関係が築ける人です。その人がいるだけで、その場が温かくなります。就職や進学に際して行われる試験において、ぜひ挨拶だけで合格がもらえる人、「すごい挨拶」ができる人になってほしいと思います。
 2年次生は学校の中心学年として、3年次生は卒業後の進路に向けた準備にシフトしながら、 川総で充実した生活を気持ちよく送ってください。
 最後に、臨時休業がしばらく 続きますが、このあと指示がある学習課題に真摯に取り組みながら、感染予防に努めてください。