女子バレーボ−ル部日誌

曇り 埼玉県高校バレー新人大会へ出場 初戦突破ならず

1月31日(金)県民総体兼埼玉県高校バレーボール新人大会【第1日】へ出場しました。

 本庄総合公園体育館(シルクドーム)が会場です。本校からは平成28年度以来、3回目の出場となりました。

新人大会で県大会へ出場できるのは、来年度を考えるとよく頑張っていると思います。

初戦 春日部東高校 第1セット 16-25

          第2セット 25-27  セットカウント 0-2で敗れました。


  Dコート第1試合が本校の初戦です。対戦相手の春日部東高校チームとともにコートの準備ができた9時過ぎから10時前まで、合同練習・公式練習を行いました。本校チームの方が身長は低いようですが、プレー内容は差がないように見えました。

  スタンドには部員の保護者をはじめ、日頃から練習試合をしている他校の部員や顧問の先生方が見えました。

 

 試合開始  第1セットの立ち上がりから、サーブカットがセッターに返りません。サーブでエースをとられることもありました・・・。相手はサーブで崩して、チャンスボールをしっかり生かし、打って攻める作戦でしょうか。本校チームはその戦い方にはまってしまい、練習どおりのプレーがなかなかできずにセットを落としました。

 

 続く第2セット このセットは相手がメンバーを変えていたので、なんとかとりたいところです。

1セット目に比べれば、自分たちの時間が増えたように思いますが、サーブがセッターに返りません。

 セット終了間際にセットポイントを迎えたのに・・・、24-22だったでしょうか。

ミスから同点になり、25-27でゲームセットとなりました。


1・2年生の部員たちより、マネージャーとしてベンチに入ってくれた3年生の方が、悔しそうに見えました。

試合後に3年生と話すと、自分たちのチームもこういう負け方をしていたことを思い出したそうです。それを今度はベンチで見ていて、監督がどんな気持ちでチームを見ていたのかいろいろ考えたそうです。

 成長した3年生と負けをしっかり受け止められない1年生・2年生、新チームで出場できた新人大会をステップに、来年度から始まるシーズンを頑張っていきたいと気持ちを新たにしました。

  保護者の皆様には部員たちの会場移動から応援まで、サポートをしていただきありがとうございました。

本校チームが恵まれた環境で練習できるのは、保護者の皆様によるところが大きいといつも感謝しています。これからも新チームを見守っていただけたらありがたいです。

晴れ 新人大会県大会へ向けて

西部支部予選で県大会出場が決まってから、練習と練習試合を頑張ってきました。

1月25日(土) 本校会場に坂戸高校・入間向陽高校と練習試合。

  26日(日) 本校会場に埼玉栄高校と練習試合。

 予選から県大会までは12日間、この期間は短いけれど試合で失点の多いローテーションを改善するよういろいろ試しました。あるスパイカーはブロックからの開き方とミートの仕方。レシーバーはブロッカーとの連携と守る位置の確認、さらに体の使い方。ブロッカーはタイミングとコースの判断・・・。

 日頃から練習試合などでお世話になっているチームとプレーしながら、戦い方を調整できるのはとても有り難いことです。このままコンディションを上向きにして大会当日を迎えたいと思います。

晴れ 新人大会西部予選 3回戦進出 そして県大会出場へ

1月18日(土)・19日(日) 県民総体兼高校バレー新人大会西部支部予選が行われました。

 本校は3回戦まで進出してベスト8となり、県大会への出場を決めました。


18日(土) 大会1日目

 本校の会場は川越西高校となりました。1回戦は、Fコートの第2試合、西武文理高校と対戦です。

開場を待ってコートに入り、いつもの練習のようにコートに挨拶をしてからアップを開始しました。

1年生2年生の13人に加え、3年生が2人、スタッフと応援のため参加してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1回戦 西武文理高校

 第1セット  25- 6

 第2セット  25-13  セットカウント 2-0で勝利しました。

第1セットは落ち着いて自分たちの戦い方で試合を展開しました。サーブもスパイクもよくできていたと思います。

第2セットは中盤でメンバーチェンジをして、二人がピンチサーバーとしてコートに入りました。緊迫した場面でもピンチサーバーとしてしっかり打てるようにと思って交代しましたが、まだまだ攻撃力のあるサーブは打てませんでした。

 

 つづいて同じコートの第3試合、勝ち上がったふじみ野高校との2回戦です。

コートを使った練習の時間にレシーブの動きとスパイクを確認して臨みました。

 

2回戦 ふじみ野高校

 第1セット  25-20

 第2セット  25-12  セットカウント 2-0で勝利しました。

 相手は1回戦での守り方ではなく、変更してきました。その戦い方に慣れていない本校チームは、相手のリズムからなかなか抜け出せず、思うような攻撃ができなくて苦労していました。 

コートの外から見ていると、レシーブの上手な選手を狙ってサーブもスパイクも打っているように見えました。

セット間に監督から「相手を見るように」といわれたのに第2セットも同じでした。

 相手からの難しい攻撃への対応を考えるより、自分たちの得意な攻撃でリズムを作ることに専念できればもっと良かったと思います。2回戦を突破したことで、地区のベスト8入りが決まり県大会への出場も決まりました。

県大会出場が目標だったら、この段階で喜んでいたと思いますが、今回は大会二日目に進みそこで実力を発揮できることを目標にしていました。 ・・・ この日の試合が終わってから、学校へ戻り翌日に備えて練習をしました。


 19日(日)大会2日目

 会場は坂戸高校です。ベスト8を決めた高校、ベスト8を逃した高校の計16校が集まりました。ベスト8の高校は優勝を決めるまでの試合を行います。ベスト8を逃した8校は、県大会へのチケット、最後の1枚をかけて戦います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第1試合なので試合前に合同練習を行いました。

 相手校は、第1シードの埼玉平成高校です。今年度数回、合同練習をお願いしたことがあるので、生徒同士も面識があります。その相手プレーヤーが本気のスパイクを練習していて、その隣で本校の部員たちはとても緊張していたと思います。

 

 3回戦 Aコート第1試合 埼玉平成高校

第1セット  4-25

第2セット 10-25  セットカウント0-2で敗退です。

  第1セットは、0-11でタイムアウトを取るまで、一方的な試合となりました。

極度に緊張して浮き足立っているメンバーが数人、まるで11月の選手権県大会を見ているようでした。

3-19で二度目のタイムアウト。

「このセットはもう無理。次のセットのためにラリーを長くするよう意識しよう。」と指示を変更。

これで気持ちが楽になったのか徐々に普段のプレーに戻ってきました。

 そして迎えた第2セット。

第1セットより動きは良くなりました。自分で決めようと打ち急ぎ、自分たちでラリーを切ってしまったのは残念でした。 

試合の終盤が近づいた頃はしっかりプレーできていたので、これを試合開始からできたらもっと良かったです。  

 試合が終わるところで、役員の先生から5位の賞状をいただきました。生徒の表情は悔しそうに見えました。

また相手校の顧問の先生にも挨拶に伺いました。

 今回の西部予選でこれだけ緊張した環境でプレーできた経験はきっと次の県大会でも生きてくると思います。

心を鍛えることは難しいけれど、毎日の練習にしっかり取り組むことで鍛えていって欲しいです。

今月31日(金)の県大会まで残された時間は限られていますが、サポートしてくれる3年生とともに部員みんなで次に進みたいと思います。


 二日間、寒い体育館で熱心に応援いただいた保護者の皆さま、ありがとうございました。

現在の川総バレー部の実力はこのくらいです。ここからさらに上を目指して頑張りたいと思います。

これからもご理解とご協力をお願いいたします。

晴れのち曇り 選手権県予選から今日まで

 野球部の顧問の先生から、「バレー部の日記の更新がしばらくないですね。」と声をかけられました。

気がつくと11月の選手権大会県予選での結果をアップして以来、更新していませんでした。

ここで今までの活動をまとめてみました。

11月23日(土) 埼玉栄高校で練習試合。

   24日(日) 坂戸高校で合同練習・練習試合

   30日(土) 中学校4校との合同練習

12月14日(土) 期末考査が終わって 平成国際大学にて合同練習 県外の高校と2校

   15日(日) 本校にて入間向陽高校と練習試合

   21日(土) 本校会場に iリーグ D2の試合 その後練習試合(計6校)

   22日(日) 本校にて坂戸高校との合同練習

   25日(水) 本校にて岩槻高校・不動岡高校との練習試合

   26日(木) 入間向陽高校にて練習試合

   27日(金)~28日(土) 小川高校にて合同合宿・練習試合 (小川・坂戸・本校 及び通いの2校)

   29日(日) 合同練習

令和2年 1月

    4日(土) 練習はじめ

    5日(日) 坂戸高校にて合同練習・練習試合

    6日(月) 春高バレーの見学

    7日(火) 熊谷女子高校にて練習試合 

   10日(金) 新人大会西部予選の抽選会がありました。

   11日(土) 寄居城北高校にて、熊谷西高校と3校での練習試合

   13日(月) 成人の日 小川高校にて6校での練習試合 (小川・熊谷西・川越南・埼玉栄・大妻嵐山・本校)

 こうして18日・19日の新人大会西部予選を迎えることとなりました。

この間、チームとしての好不調の波はありましたが、合同練習で他校の先生からご指導いただいたり、多くのチームと対戦する中で、本校チームも成長したと思います。練習試合やふだんの練習で、気がついたことがあればどんどんポジションやフォーメーションを変えてみたことで、短い間にチームとしてのスタイルができて良かったです。

             

晴れのち曇り 全日本バレー高校選手権大会県予選 2回戦へ

11月8日(金)から3日間 春高バレーの県予選が行われました。

本校チームも出場し、1回戦を勝利し2回戦まで進むことができました。


11月 8日

 サイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合体育館)を会場に選手権県予選が行われ、

本校チームは1回戦 叡明高校と対戦しました。

 第1セット 25-17

 第2セット 25-13 セットカウント2-0で勝利しました。

 直前のゲームが終わってすぐに、コートを使ったアップが始まりました。始める前からアップをしていましたがボールを使うことができなかったのでたくさん触れておきたいところです。パスからレシーブ、スパイクまで行ったところで公式練習スタートです。表のポジション・裏のポジションでレシーブからの攻撃を行ってすぐにサーブ練習。

日頃の試合前の練習をいつもどおり行いました ・・・・・ 。

 試合が始まってみると、強く打ったサーブで得点し、次にサーブをミスするというような戦い方でした。多くのプレーヤーが緊張しているのかいつものプレーができていないことが気になりました。それでも1回戦を勝利することができました。

 2試合あけて第5試合が本校の2回戦、対戦相手は西部支部予選で戦った坂戸西高校です。

お互い1回戦を突破し2回戦で対戦するというのは、両チームとも気合いが入ります。

 第1セット 25-18

 第2セット 23-25

 第3セット 22-25 セットカウント1-2で敗れました。

 第1セットのスタートは、両チームとも普通に始まりました・・・。それでも気がつくと本校選手はだんだん足が止まり簡単なミスをするようになりました。特に1年生は緊張しているように見えました。

 本校チームは3年生1人、2年生1人、そして1年生がリベロを含めて5人というスターティングであり、県大会のコートに初めて立った生徒が1年生に2人いました。1年生のうち3人は地に足がついていないような状態でした。それでも第1セットをとったことで、このまま戦えれば勝利できるかと期待していました。

 第2セット このセットは、相手のサーブがより攻撃的になり、サーブで崩そうとしているように思いました。部員にはサーブのカットに集中するように指示して、細かいことまで触れませんでした。

 相手の攻撃的なサーブはミスが多くなり、本校チームにとっては有利な場面もありました。しかし同じミスを本校もするようになり、マッチポイント直前でセットを落としました。この第2セットの攻防が山場でした。

 第3セット  このセットになっても選手の緊張は変わらず、サーブのエース・サーブミス・サーブカットミスがたびたびありました。本来のうちのスタイルで戦えなかったです。

・・・ 22-19 本校チームの心配なポジションで失点するとローテーションできないまま失点が続き、最後は逆転され22-25で敗れました。練習でできたプレーがこれほどできないものかという内容になってしまいました。

 ここまで頑張ってきた3年生をはじめ、部員もスタッフもみんな気落ちしていました。また応援してくださった保護者の皆さまをはじめ多くも方をがっかりさせてしまいました。

 ベスト16がすぐそこに見えている中での敗退、この悔しさと不甲斐なさを心に刻みました。県大会という舞台で、日頃から練習しているプレーを強い気持ちで行うには、本校チームはまだまだでした。なにより大きい舞台での経験が全く足りなかったです。3年生とともに挑んだこの県大会は、新チームが新人大会に臨むうえでの大きな財産になると信じています。


 保護者の皆さまには、平日の大会にもかかわらず応援していただきありがとうございました。また会場への送迎などについてもありがとうございました。この悔しさが報われる日が来ると信じて、さらに頑張りたいと思います。これからもよろしくお願いします。

晴れ 全日本バレー高校選手権大会西部支部予選 県大会へ

10月26日(土)・27日(日)

 全日本バレー高校選手権大会の西部支部予選が行われ、本校バレー部は2回戦を突破してベスト8、そして県大会への出場権を得ました。


10月26日(土)選手権西部予選の第1日 会場は狭山清陵高校です。

本校は1回戦が第2試合なので、8時から30分間コートを使ったアップを行いました。

1回戦 所沢高校

 第1セット 25- 2

 第2セット 25- 8 セットカウント 2-0で勝利しました。

立ち上がりから落ち着いてプレーでき、3年生のスパイクが連続で決まってリズムが作れました。

1セット目ができすぎだったので2セット目を心配しましたがしっかりプレーできたと思います。

 

2回戦 坂戸西高校

 第1セット 25-17

 第2セット 26-24 セットカウント 2-0で勝利しました。

互角の内容でした。

練習試合をしているので力の差がないことはお互いわかっていました。

それだけに、緊張するかと思っていましたが、みんなのびのびとプレーできたのが良かったです。

第2セットの20点を過ぎてからは、1点を争う攻防となり、ここでミスなくプレーできたことが大きかったです。

この勝利でベスト8となり、県大会への出場が決まりました。

部員も顧問も、また応援に来てくださっていた保護者の皆さんも大喜びでした。

  

 2回戦前の合同練習 坂戸西高校とスパイクを打つ。  試合が終わって、あいさつの握手を。

 

 27日(日)選手権西部予選の第2日 会場は川越南高校です。

  大会二日目の3回戦に出場するのは、久しぶりです。

3回戦は、聖望学園高校が相手です。このチームとは夏休み中に2回、練習試合をしています。

 監督の球出しからレシーブの確認、さらに二段トスへ。  公式練習 チャンスからの攻撃を確認。

 第1セット 11-25

 第2セット 21-25 セットカウント 0-2で敗れました。 

 第1セットを失い、コートチェンジ。気持ちを切り替えて臨もう。  試合後、5位の表彰を受けました。

 第1セット、立ち上がりは互角にゲームができていました。それでも徐々に点差が開き、大差でセットを落としました。

第2セットは、相手の攻撃を受けながらもラリーが続きました。第1セットより力強く戦えたと思います。

相手がマッチポイントを迎えても、萎縮することなく戦い頑張りました。

しかしこの頑張りをずっと続けることは難しかったです。ここまでくると課題が見えてきます。

 
    応援いただいた皆さんにお礼の挨拶をしました。拍手をいただきました。

 3回戦を終えたところで、私たちの西部予選は終わりました。

3年生がスターティングのメンバーに加わり、サポート役もしてくれました。

こうして3年生ともまた一緒に練習し、県大会を迎えられることは部員にとって大きな喜びです。

県大会までの時間を大切にして、その日を迎えたいと思います。


日ごろから応援いただきている皆様に感謝し、さらにチームとして力をつけて頑張ります。

晴れ がんばった1年生大会 ・・・ 決勝トーナメントへ

 1年生大会に単独チームとして出場、初日に3勝して決勝トーナメントへ進出しました。

そして西部支部第5位となりました。


9月28日(土) 技術講習会 1年生の部 【第1日】

 例年9月末に、技術講習会として1年生大会が行われます。本校の文化祭も同じ時期なので、部活動の練習とクラスの文化祭準備を両立するように頑張りました。

 

 本校は川越初雁高校を会場に、Cコート第1試合で予選1回戦として西武学園文理高校と対戦しました。

 第1セット  25- 7

 第2セット  25- 5   セットカウント 2-0 で勝利しました。

 多くの保護者と2年生の声援を受けて、立ち上がりはみんな張り切りすぎてオーバーペースになっていました。

その後は、徐々に落ち着きを取り戻し自分たちの練習通りのプレーができていたと思います。

 次の試合は第4試合。2年生がサポートしてコンディションを整えることを意識しました。

合同練習 2年生が球出しをしてアップの手伝い。 元気にコートへ。

 

予選2回戦 Cコート第4試合 川越南高校

 第1セット 25-12

 第2セット 25-23  セットカウント 2-0で勝利しました。

 試合開始から第2セットの中盤まで狙い通りの戦い方ができていました。

しかしそこから相手のペースとなると徐々に追い上げられ、セット終了間際はぎりぎりの状況でした。

2回戦が終わったところで、ミーティング。そして控室で気持ちを落ち着かせて次の試合を待ちました。 

川越南高校との対戦 ライトからスパイク。 坂戸高校との対戦 思わずガッツポーズ

決勝トーナメントへの出場をかけた代表決定戦 

 この大会は9チームをシードとしています。第1シードから第7シードまでは、各3校の予選リーグを行い、勝者が決勝トーナメントへ進みます。

 本校は、第9シードです。ここでは4校で予選トーナメントを戦い、勝ち残ったチームが第8シードの予選リーグ勝者(坂戸高校)と対戦して、決勝トーナメントへの出場チームを決めます。

 

Cコート第6試合 坂戸高校

 第1セット 25-21

 第2セット 25-18  セットカウント 2-0で勝利しました。

 坂戸高校とはたびたび合同練習や合同合宿などを行ってきたチームなので、お互いをよく知っています。

そういうチームとの対戦となり、両チームとも気合いが入っていました。

 第1セット 立ち上がりは、相手のサーブから始まり、勢いのある攻撃で連続で得点されました。

このままの状況では挽回が難しそうな内容でした。

 ・・・・・ ミスしない戦い方で我慢するうちに徐々に点差が縮まり10-10 その後は本校チームがリードしました。

第1セットの終盤は特定のローテーションでの失点が多く、なんとかセットをとりました。 

 第2セット どちらのチームも、自分たちのできるプレーをしっかりして、内容の良いゲームとなりました。

ラリーが続き、なんとか勝利することができました。

 試合後、選手たちは相手チームのスタッフに挨拶に行きました。

 ・・・・・ また応援いただいた保護者や2年生のところにもお礼に行きました。

 ベスト8を決め、明日は決勝トーナメントへ出場です。

 

9月29日(日) 技術講習会 1年生の部 【第2日】 決勝トーナメント

  念願の決勝トーナメントへ出場。会場は市立川越高校です。

対戦する相手は、第1シード校の細田学園高校です。

細田学園高校は常に県シード校なので、西部支部の予選で対戦することはありません。

それだけに1年生大会とはいえ、対戦できることは大きな経験となりました。

 第1セット 13-25

 第2セット  6-25  セットカウント 0-2で敗れました。

強い相手に対しても自分たちのプレーを心掛け、得点以上に頑張ることができました。

小柄の部員、そして打ち手の少ない中で、これだけ頑張れれば、みんな満足だったと思います。

1年生大会を励みに頑張ってきた1年生が、次の選手権予選でもチームの力になってくれることを期待しています。


 2日間にわたり応援いただきました保護者の皆さま、ありがとうございました。

部員達の日頃の頑張りが、成果として現れて本当に良かったと思います。

この経験をステップに、さら上を目指して頑張ってくれることと期待しています。

これからもよろしくお願いします。

晴れのち曇り インターハイ県予選後の活動

6月18日にインターハイ県予選へ出場して1勝をあげました。 これ以降の活動をまとめて報告します。

 

6月

 22日(土) 県大会見学

 23日(日) 3年生ご苦労様会 2チームに分かれ対戦、その後カレーをおなかいっぱい食べました。

7月

 14日(日)・15日(月) 練習に中学生参加

 20日(土) 本校にて練習試合 【坂戸高校】

 21日(日) 本校にて練習試合 【川越南高校・埼玉栄高校】

 22日(月) 公開練習 いくつかの中学校から練習に参加してくれました。

 23日(火) 合同練習

 24日(水) 技術講習会・審判講習会へ参加

 25日(木) i-リーグ D2 本校を会場に開催され、志木高校と対戦しました。

 29日(月)・30日(火) FLV合宿(校外合宿) 国立オリンピック記念青少年総合センターで行いました。

8月

  1日(木) 合同練習

  3日(土) 本校にて練習試合 【狭山清陵高校】

  4日(日) 三ッ葉杯バレー大会(所沢高校) 【所沢西高校・所沢高校と対戦】

  8日(木) 校内合宿   三日間とも夕食は保護者の方々が用意して下さいました。ありがとうございました。

  9日(金)   〃    練習試合 【聖望学園高校・田無高校】

 10日(土)   〃    練習試合 【坂戸高校・山村国際高校】

 11日(日)   〃

夕食の準備 ありがとうございます。

 

後片付けは当番で。 夏休みはかき氷で、体を冷やす。

 18日(日) 学校説明会 部活動体験 中学生が練習に参加してくれました。

 19日(月) 聖望学園高校にて練習試合 【聖望学園高校・寄居城北高校】

 20日(火) 狭山フェスティバル参加 【武蔵村山高校・所沢西高校・入間向陽高校と対戦】

 21日(水) 合同練習

 22日(木) 埼玉栄高校にて練習試合 【田無高校・滑川総合高校・埼玉栄高校】

 25日(日) i-リーグ D2 川越西高校を会場に開催され、所沢中央高校と対戦しました。

 26日(月) 埼玉栄高校にて練習試合 【岩槻高校・大宮南高校・埼玉栄高校】

 28日(水)・29日(木) 埼玉平成高校にて練習試合 【駒沢高校・埼玉平成高校】

 30日(金) 合同練習

 今年の夏休みも合宿を二回行いました。

2学期が始まってからも、勉強と部活動をしっかり頑張っていきます。

      

晴れ 高校総体埼玉県予選会 1勝

6月18日(火)全国高校総合体育大会バレーボール競技埼玉県予選会 第1日
        本校は、1回戦 志木高校と対戦し勝利しました。

 高校総体県予選第1日は、行田市総合体育館を会場に行われました。
本校は、Gコートの第1試合で、志木高校との対戦となりました。
体育館が開場されてまもなく、第1試合のチームだけがコートを使った練習ができます。

 本校チームは、日頃の練習と同じように声を出してから準備体操、ストレッチ、ボールを使った練習を行いました。
この頃には2階の観客席はだいぶ埋まり、Gコートの正面には本校を応援する保護者の皆さんや日頃からお世話になっている方々が見えました。いつもの公式大会とは違った雰囲気でした。

10時 第1試合開始。

 1回戦で対戦する志木高校は、昨年度の選手権大会西部予選(昨年11月)で県大会出場をかけて戦い、本校チームが敗れた相手です。
そういうこともあり、第1セットの立ち上がりを意識して試合に臨みました。

第1セット 25-4
 このようなスコアになるとは思ってもいませんでした。
長いラリーになっても、根負けしないで戦えていました。本校の得意とする戦い方ができていたと思います。
この試合でもピンチサーバーが得意なサーブを決めました。
 
 第1試合のチームの練習 調子は良いようだ。 第1セット開始から自分たちのプレーができた。

第2セット 25-15
 前のセットが良かっただけに、このセットは接戦になる予感がしていました。
序盤にリードしたところで相手のサーブに崩されて追い上げられました。
ここで相手のサーブをアウトジャッジ、落ち着いてジャッジできたことは大きかったです。
 セッターのトスとスパイカーの息がやや合わず、練習の時みたいなスパイクが打てないこともありましたが、どうにかゲームを取りました。
 
 戦い方を確認してコートへ。ゲームセット。整列して挨拶をする。県大会での勝利

 Gコート第2試合 聖望学園高校 対 川越女子高校 この試合の勝者と2回戦で戦います。
私たちは観客席からこの試合をスカウティング、聖望学園高校と対戦することになりました。
 食事・休憩・ミーティング・そしてウォーミングアップをして第5試合を待ちました。

2回戦 聖望学園高校
 第1セット 15-25
 第2セット 23-25 セットカウント 0-2
 で敗れました。

 第1セットのはじめからスカウティングした情報を元に戦いました。
特に意識したのはレセプション(サーブのカット)でした。
意識はしたものの相手のサーブの勢いに押され思うようなカットが上がらず苦しい試合展開となりました。
それ以外はよくプレーしていましたが、得点差は埋まりませんでした。
 1年生リベロが粘り強くレシーブする。ベンチから声援を送る。 
 第2セット スタートのポジションを工夫して臨みました。
立ち上がりは本校ペースで進みリードしましたが、中盤に追いつかれそのまま2点差くらいで進行しました。

 終盤 20-22 になりました。
この点数は、普段の練習で取り組んでいる終盤の戦い方で設定しているスコアでした。
1本目のラリーでは、本校のエースがスパイクを決めて21-22、このままいけるかと思いました・・・。
 しかし相手の粘りに抑えられてゲームセットとなりました。よく頑張りましたが相手は強かったです。
 
 高いブロックにマークされても、日頃の練習どおりに対応したい。粘り強くあげてつなぐ。 
 私たちの試合が終わってすぐに、次の試合の審判をしました。
多くのチームでは3年生最後の試合となります。ラインズマン・スコアラー・記録員のそれぞれを3年生と2年生が担当しました。
そして他のチームと協力してコートの片付けまでしました。 
 最終ゲームが終わってコートの片付けまで行いました。

 県大会での1勝は本校チームにとって大きな勝利です。
チームのみんなで喜びを分かち合いました。

 多くの保護者の皆様、平日の大会にもかかわらず遠い会場にまで足を運び、応援をありがとうございました。
また生徒たちの会場への送迎までご協力いただき感謝申し上げます。
 日頃から本校バレー部の活動にご協力いただいている多くの皆様、いつもありがとうございます。大会でこういう結果をあげることができたことを一緒に喜びたいと思います。この大会が終わると、多くのチームは新チームとしての練習が始まります。本校チームも次を目指してスタートしたいと思います。これからも川総バレー部をよろしくお願いします。

晴れ インターハイの西部支部予選 県大会出場へ

5月27日(月)学総兼全国高校総体バレーボール競技西部支部予選

 所沢市民体育館を会場にインターハイの西部支部予選が行われました。
本校チームは、シード校として出場し所沢高校に勝利、県大会への出場権を得ました。



 年度が新しくなっての大会は、4月に春季西部支部大会が行われ、11チームが関東高校バレー大会の県予選へ出場しました。出場チームはさらに全国高校総体の県予選にも出場します。
 全国高校総体県予選に出場できるチーム数は、ふだんの県大会の2倍以上となる72チームです。
そこで西部支部からは、県シード校4校、さらに春季大会の結果から出場できる地区推薦校7校、これ以外に今回の予選からさらに11校が県大会に出場できます。

 27日の予選には31校が出場しました。
本校は前回までの実績からシード権をもらい、1回戦を勝ち上がってきたチームと対戦して勝利すれば県大会出場という組合せになりました。

Cコート第7試合 この日、最終の試合が本校の順番であり、対戦相手は、所沢高校 となりました。  

 試合順が遅いこともあり、ゆっくり食事をしてから、ゆっくり会場入りし、ゆっくり準備。対戦相手の試合をスカウティングしてからゆっくりウオーミングアップです。外は30度くらいの暑さですが、体育館は空調が効いていてちょうど良い感じです。自分たちのペースでアップをして時間を待ちました。

 ・・・全体の試合が遅れたことから、終了しているBコートを使うことになりました。
コートに入った部員達は、ふだん学校で練習している時みたいに、大きな声で走ってからキャッチボールのスタートです。
合同練習、公式練習と進み、気持ちが充実したところで試合開始を迎えられました。

 第1セットの立ち上がりから、自分たちのゲームができていました。
コートには3年生・2年生と一緒に1年生も入り、落ち着いてプレーできました。

第1セット 25- 7
 スコア以上に接戦でしたが、粘り強くラリーを続けられたことが良かったと思います。

第2セット 25-11 
 このセットも落ち着いて臨めました。ゲーム終了間際にピンチサーバーを投入し、連続で良いサーブを打って試合を有利に進めました。

 

    ベンチも一つになって声援を送る。           みんな、 のびのびプレーができている・・・。

      エースがレフトからクロススパイクを打つ。

 

    ピンチサーバーが強気のサーブを打つ。              サービスエースを取って、もう一本。

    ピンチサーバーをハイタッチで迎える。


その結果、セットカウント 2-0 で勝利しました。

 6月の18日(火)からいよいよ県大会が始まります。
前日まで全員がそろって練習できることは、とても嬉しいことであり、3年生の頑張りを後輩に伝えていって欲しいと思います。わずかな期間ですがさらにチーム力をあげて県大会に臨めるよう頑張りたいと思います。

     両側のスタンドにお礼の挨拶 ありがとうございました。


 大会会場まで応援に来て下さった保護者の皆さま、ありがとうございました。
この支部大会のコンディションで県大会に臨めるように、しっかり練習を重ねていきたいと思います。
これからもご理解とご協力をお願いいたします。

晴れ 1年生から3年生まで 日頃の練習

 西部支部春季バレーボール大会が終わり、県大会出場を逃した悔しさをバネに練習を頑張っています。1年生6名もしっかり練習に臨んでいるし、3年生・2年生も気持ちが入っているので、いま一番バレーボールに集中して取り組めていると思います。

4月28日(日)本校にて入間向陽高校・不動岡高校と練習試合を行いました。
   29日(月)本校にて坂戸高校・蕨高校と練習試合を行いました。
5月 2日(木)本校にてiリーグディビジョン2の試合
        所沢中央高校と試合を行ってからさらに練習試合を行いました。

5月3日(金)~5日(日) 日ごろからお世話になっている県内の私立高校が主催する練習試合に参加しました。
 県内の高校が数チーム、県外からは関東を中心に東北など遠いところからも多くの高校が参加しています。3日は計12校が参加し、本校は7チームと計8セット対戦しました。
 4日・5日は参加チームが半分くらい入れ替わり、多くのチームと対戦することができました。関東大会レベルのチームも参加しており、本校チームにとって良い経験となりました。
 
 本校の部員数は多いと思っていたら、もっと多い学校がいっぱいありました。

5月14日(火)
 この日は中間考査の1週間前です。それと同時に全国高校総体バレーの西部支部予選13日前でもあります。
 考査があることを意識し勉強も頑張りながら、部活動や自主練習を行っています。
放課後みんなで勉強会をしたり、日によっては勉強会後に時間を決めて練習をしています。
今週の代表者会議・抽選会で対戦相手が決まります。

晴れ 埼玉県高校バレー春季西部支部大会 あと一歩

4月20日(土) 埼玉県高校バレーボール春季西部支部大会 第1日 朝霞高校体育館

 今年度最初の公式大会です。大会名は春季大会ですが、関東高校バレー大会県予選と高校総体県予選への出場がかかった大会となります。
本校チームは、2回戦にまで進出しましたが、フルセットで敗れ県大会出場は叶いませんでした。
 1回戦 朝霞高校
   第1セット 25-13
   第2セット 25-18 セットカウント 2-0で勝利しました。
  
 公式練習 フォーメーションの確認 いよいよ第1セットが始まる。笑顔のスタート
 本校チームにとって朝霞高校は、今年1月の新人大会で対戦し、25-27 22-25のストレートで敗れたチームです。
それだけに対戦が決まってから、気持ちの入った練習をしてきました。
  
 センターからエースがスパイク。ピンチサーバー登場。 
 試合にあたっては、立ち上がりを大切に、自分たちのミスをなくすように意識して臨みました。
立ち上がりは落ち着いてプレーできていたと思います。自分たちの試合運びで第1セットを取りました。
 第2セット、相手はローテーションを変えてきているようでしたが、大きく乱れることなくプレーできました。
本校が得意としているパターンで戦った時間が長かったので、生徒は勢いに乗れたのでしょう。

 この大会に合わせ、新しいユニホームを用意しました。
今までのユニホームのカラーを意識しながら、青と水色を基本としたものと、逆の色として黒とピンクを合わせたものの4種類になりました。
新しいユニホームでの初戦で勝利できてよかったです。
  1回戦 新しいユニフォームでの勝利。
 15分間あけて、2回戦が始まります。
相手は、練習試合でたびたび対戦している坂戸高校です。

2回戦 坂戸高校
 第1セット 28-26
 第2セット 24-26
 第3セット 16-25  セットカウント 1-2で敗れました。

 第1セットは両チーム互角であり、落ち着いてプレーしていました。
中盤でややリードされたところでタイムアウト、そのまま中盤へ進みタイムアウト。
ここから追いついて24-24、相手がタイムアウト。さらに24-25でタイムアウト。
 どちらもこの第1セットを取ろうと必死でした。 ・・・ このセットは、28-26で本校がとりました。
 2回戦 戦い方を確認してコートへ。 センターからの攻撃が決まった。

 第2セット 立ち上がりミスが出てリードされ、その差がなかなかつまらない…。
21-24で相手がタイムアウト、勝負に来ているのがわかります。
本校も踏ん張って24-24。ここで2ポイント取れれば勝利でしたが…。
 本校のブロックがわずかにサイドラインを割って、セットを落としました。

第3セット しばらく前のチーム状態からは見違えるように頑張っていました。
 しかしこのセットは、エースの3年生も、スターティングに入った1年生も、急にパフォーマンスが落ちてきたのが分かりました。
メンバーチェンジをしながら、みんなで戦いましたが、力及ばず 16-25 でゲームセットとなりました。

 試合後、保護者をはじめ応援して下さった皆さんに挨拶に行きました。さらに対戦相手の応援席にも挨拶に行き拍手をいただきました。
 試合結果はあと一歩でしたが、生徒の表情は明るく、次につながる大会になったと思います。
 
 2回戦終了後の記念撮影。笑顔でした。

 日ごろからバレー部の活動にご理解とご協力をいただいている保護者の皆様、本当にありがとうございます。
このチームもここまで頑張れるチームに育ってきました。
1か月後の高校総体予選で、みんなが納得できるように、これからの時間を大切にしていきたいと思います。
これからもよろしくお願いします。

晴れ 春休みを終えて新学期 春季大会直前

 4月になると下旬に西部支部の春季大会が行われます。
この大会は関東高校バレーボール大会の予選、さらに全国高校総体の予選という大事な大会です。
そのためどのチームも春休みに練習試合などを多く組みます。
本校も、普段の日は学校の体育館で練習し、それを確認するように週末などに練習試合を組みました。
3月21日(木)春分の日
 FLV大練習試合会に参加しました。
国立オリンピック記念青少年総合センターの体育館を会場に本校を含め7校で1セットずつのリーグ戦を行いました。結果は、5勝1敗で2位となりました。
23日(土)FLVアカデミーリーグ2019春場所に参加しました。
この日もオリンピックセンター体育館です。
 
 集合写真撮ります。一般のクラブチーム・チアダンスチーム・そして高校生チームです。 明るい笑顔のみんな

 5校参加し2セットマッチ(第1セット21ポイント 第2セット15ポイント)
本校は3位でした。練習してきたことがなかなか発揮できませんでした。
25日(月)埼玉栄高校を会場に3校で練習試合を行いました。
落としたセットが多かったですが、新入生1名が参加し、チームの一員としてコートに立ちました。
26日(火)小川高校で練習試合。
30日(土)坂戸高校を会場に4校で、また31日(日)は別のチームと4校で練習試合。

4月3日(水)埼玉平成高校を会場に3校で練習試合。ここでは新入生が2名コートに立ちました。
4日(木)は武蔵村山高校へ伺い、3校で練習試合。
6日(土)寄居城北高校にて3校で練習試合。

8日 始業式 そして入学式が行われました。

13日(土)小川高校を会場に5校で練習試合を行いました。
この日は一日行いましたが、昼から1年生が参加し、コートにも立ちました。
内容はここに来て良くなっていると思います。
そして14日(日)田無高校にて3校で練習試合を行いました。

 今週の代表者会議で対戦の組合せが決まり、土曜・日曜が大会となります。
学校の方は、16日新入生の入部届提出、17日部活動ミーティング となっており部活動が始まるという雰囲気ですが、私たちにとっては、試合に臨む最後の練習・調整という期間になっています。

 良いコンディションで大会を迎えられ、自分たちの練習してきたものを発揮できればいいと思います。

晴れ 日頃の練習と練習試合

1月19日(土)の新人大会西部予選が終わってから、練習と練習試合です。

 2月9日(土) 川越市立の中学校3校、市外の中学校5校が本校に集まり「第2回 KAWASO CUP」が行われました。
本校の部員たちが運営や審判を担当しました。
前日の予報では降雪が心配されましたが、ほとんど降らず実施できました。
 中学生のみなさんからは本校の部員たちがどのように見えたのかなと思いました。

10日(日) 坂戸高校にて、昌平高校と3校で練習試合を行いました。
2月下旬には学年末考査があるため、全員集まっての練習は14日まで。
これ以降は自主練習期間としました。

学年末考査が終わり、入学試験が終わり ・・・・ 
 練習再開の翌日には埼玉平成高校と合同練習をしました。
合同練習とは言っても、本校が今取り組むべき練習のヒントをもらう機会となりました。

3月9日(土) 卒業式  3年生の部員2名が卒業を迎えました。

そして翌日、10日(日) 川総バレー部の卒部式です。
 1・2年生と卒業生の混合チームを作りゲームを行いました。
みんな笑顔でプレーしていて練習の成果がよく表れていました。
 食事が進んだところで、在校生の余興です。しっかり練習してきていてとても楽しかったです。
卒業生も大喜びでした。

 最後にプレゼントを渡し、卒業生から一言もらいました。
「いつも一生懸命練習していること、プレーが上手になったこと、そしてこれからも見守っていること」を話してもらいました。
また3年生として苦労したことを聞いたときには、在校生は神妙な表情をしていました。
この卒部式は、卒業生にとっても在校生にとっても、大切にしたい時間でした。
 
3年生とともにゲームをしました。最後のトレーニング。ヘトヘトの3年生。 
 
 最後に記念撮影。3年生に感謝して。

11日(月) 卒業式の代休 小川高校にて寄居城北高校と3校合同練習試合を行いました。

 来年度入学する新入部員のタマゴさんから、この週末に練習を見に行きたいと連絡をもらいました。
正式入部は入学後ですが、川総バレー部の様子を見て入部したいと思ってくれると嬉しいです。
入学説明会の際、各部活動の練習計画が配られることになっています。

曇り 選手権予選から新人大会予選 その結果

 10月末の選手権西部支部予選からずいぶん時間が経過しました ・・・。
あの大会では、あと一歩というところで詰めの甘さから悔しい思いをしました。
この悔しさを次の大会にぶつけられるように、練習を再開しました。

 

1月14日 県民の日 本校を会場に技術講習会が行われ、終了後に4校と練習試合を行いました。

 川越女子・所沢北・坂戸・ふじみ野高校です。

17日(土) 入間向陽・所沢西高校と練習試合を行いました。
   修学旅行中だったので1年生で編成したチームでした。

24日(土) 埼玉栄高校と練習試合を行いました。1年生チームでの対戦もしました。

25日(日) Iリーグ ディビジョン2 そして練習試合

 Iリーグのゲーム(3セットマッチ)と練習試合を行いました。

 Iリーグのゲームは新座高校が相手で、セットカウント0-2で敗れました。

 練習試合は、飯能南・所沢北・川越西・山村国際高校と1セットずつ対戦しました。

12月16日(日)坂戸西高校で、松山女子高校と3校で練習試合。


12月21日 2学期終業式
 表彰において、女子バレー部が登壇しました。
選手権西部予選5位、市内大会2位の賞状を2年生が、
また技術講習会育成の部で選ばれた1年生の部員が校長先生から賞状をいただきました。

 
全校生徒の前で表彰していただきました。 

22日(土)所沢商業高校にて練習試合。所沢商業・狭山清陵高校、さらに長野県の高校3校と対戦しました。
23日(日)昨日に続いて練習試合。所沢商業・小川高校と長野県の高校4校です。

24日(月)さらに本校を会場に所沢商業・狭山清陵高校と長野県の高校3校。

26日(水)本校を会場に武南・不動岡高校と3校で練習試合。

27日(木)埼玉栄高校を会場に、都立高校と3校合同の練習試合。

 

そして1月になってからは4日から練習開始。

 小川高校と一緒に初詣をしてから合同練習をしました。

6日(日)埼玉栄高校を会場に、県内外の私立高校と4校合同の練習試合。

12日(土)にも埼玉栄高校を会場に、埼玉栄・小川・行田進修館と本校の4校で練習試合。
 午前中は、会場の関係で10-10からスタートのゲームを行いました。
 中盤・終盤からの戦い方をイメージして行いました。

13日(日)武蔵村山高校を会場に都立高校2校と練習試合。

 

 選手権予選での経験から、日常の練習は集中を切らさないように、また練習試合を多く組んで試合経験を積むように意識しました。

そして19日、新人大会西部予選を迎えました。



 平成31年1月19日(土)
 県民総体兼高校バレー新人大会西部予選

   坂戸高校会場 Aコート第1試合 対戦相手は朝霞高校です。

 第1セット 25-27

 第2セット 22-25   セットカウント 0-2で敗れました。

 
元気にプレーしたが・・・。 ゲームセット・・・下を向く選手達 

 この大会でもあと一歩のところでミスが出て、残念な結果に終わりました。
去年の夏頃から、セットの終盤まで頑張るものの競り負けることが続いています。
もう一歩踏ん張れれば、次に進めると信じて、しっかり練習したいと思います。

晴れ 選手権予選 あと一歩及ばず

10月27日・28日 全日本バレーボール高校選手権大会西部支部予選に出場しました。
初日に2回戦を突破し2日目に進みましたが、勝利できず第8位となり県大会出場は叶いませんでした。



10月27日(土)全日本バレーボール高校選手権大会西部支部予選 第1日
 狭山清陵高校体育館にて

 この大会は「春高バレー」の予選であり、3年生が出場できる最後の大会です。
チームによっては3年生が引退し、2年生1年生の新チームで出場します。本校も新チームとして出場しました。

 この予選には県シード校4校をのぞく36校が出場し、7校が県大会への出場権を得ます。

1回戦 鶴ヶ島清風高校
第1セット 25-20
第2セット 25-17
 セットカウント 2-0で勝利しました。  

  1回戦 鶴ヶ島清風高校 センターのブロック 2回戦前のアップ 3年生が球出し

2回戦 星野高校

第1セット 26-24
第2セット 27-25
 セットカウント2-0で勝利しました。  
2回戦 星野高校 ライトからフェイントピンチサーバーが登場

川越市内大会と同じ対戦カードです。試合の内容もシーソーゲームでした。
ベンチのメンバーも大声でサーブを後押しエース 会心のスパイク

 ぎりぎりの得点で勝利し、ベスト8を決め、大会2日目に進むことになりました。
第2セット 接戦で取りゲームを決めた。



10月28日(日)全日本バレーボール高校選手権大会西部支部予選 第2日 
川越南高校体育館にて

 この日はベスト8入りした8チームが集まり、順位決めと県大会への代表決めをします。

3回戦 所沢中央高校
第1セット 22-25
第2セット 25-21
第3セット 23-25 セットカウント1-2で敗れました。

 1セットずつとった最終セット。
中盤までは互角の戦いでしたが、終盤でリードされ、追い込んだものの一歩及びませんでした。
サポートの3年生を含めて全員でスタート3回戦 所沢中央高校 フルセット

すぐに代表決定戦です。3回戦の負けから気持ちを切り替えて臨めるかが鍵でした。

代表決定戦 坂戸高校
第1セット 19-25
第2セット 17-25 セットカウント0-2で敗れました。

 前の試合から15分くらい開けてこの試合です。
みんな厳しい条件でプレーしていますが、ここで力を発揮できなければ勝負になりません。
フルセット直後のゲームでしたが、本校チームはみんなしっかりプレーしました。

代表決定戦 坂戸高校 試合開始の握手チャンスを生かせ。

いよいよ土壇場 県大会への切符、最後の1枚をかけた試合です。

代表決定戦 志木高校
第1セット 25-22
第2セット 26-28
第3セット 25-27 セットカウント1-2で敗れました。

 幾度もマッチポイントを迎えたのにもう1点が取れず、最後は相手に決められました。
公式大会なので練習試合などより緊張するだろうとは思っていましたが、気持ちの弱さが大事なところで出てしまいました。
 試合が終わったところで、賞状をいただきました。笑顔はありません。
代表決定戦 志木高校 最後の試合だ。試合終了時に表彰を受けた。

 大きな声で応援していただいた保護者の皆さんや3年生にお礼の挨拶をしました。
拍手とともに「笑顔で・・・!」と声をかけていただきましたが、ここで笑顔を見せられる部員はいませんでした。
 応援いただいた方々に挨拶。結果は第8位。

 3年生の引退から4ヶ月。
この間、日頃の練習をはじめ練習試合・合宿などを積み重ねてきた成果は、多くのセット数を戦えたことからうかがえます。
それだけにあと一歩及ばなかったことが残念です。この大会は、これ以上ない体験を一人ひとりに与えてくれました。
 この体験でまた一歩強くなって次のコートに立てるように頑張ります。 


 保護者の皆さまをはじめ多くの方々に応援をいただきありがとうございました。
また3年生には、後輩のサポートをありがとうございました。

晴れのち曇り そして1年生大会 川越市内大会

9月29日(土)西部支部技術講習会(1年生の部)

 
この大会は1年生にとってデビュー戦といえる大会です。本校は単独チームとして1年生8名で出場しました。
予選リーグでは、本校を含め3校で対戦しました。

 第1試合 狭山清陵高校
       第1セット 12-25
       第2セット  9-25 セットカウント0-2で敗れました。
 第2試合 新座柳瀬・西武台高校合同チーム
       第1セット 25- 8
       第2セット 25-10 セットカウント2-0で勝ちました。
 いよいよゲームが始まる。みんな緊張。
 
日頃のラリー練習を再現したい。

 この結果、予選リーグ2位となり、決勝トーナメントへは進めませんでした。
この日学校は文化祭初日でしたが、2年生も会場で1年生チームのサポートをしてくれました。
コートに立った1年生全員が、これをステップにさらに頑張ってほしいと思いました。 

10月8日(月)川越市民体育祭 高校女子バレーの部へ出場しました。

 例年は8校出場しますが今年度は7校。
本校は、市立川越高校と川越西高校の予選リーグに入りました。

 第1試合 川越西高校  2-0で勝ちました。
 第2試合 市立川越高校 0-2で敗れました。

 この結果、予選リーグ2位となり順位決定戦へ。
決定戦1回戦で別リーグ1位の星野高校と対戦し、2-1で勝ちました。
決勝戦は市立川越高校と2度目の対戦となり、0-2で敗れました。
これにより準優勝となりました。

 内容は、みんな緊張して思うようなプレーができなかったので笑顔ではありませんでした。
それでも、決勝のコートに立つことはなかなかできないことだと思います。
この大会は、公式大会ではありませんが部員一人ひとりにとって、記憶に残る大会となりました。

 保護者の皆様にはお忙しい中、大会会場までおいでいただき、大きな声援をありがとうございました。
どちらの大会も、今の川総バレー部の実力を知ることができる機会だったと思います。
日頃からしっかり練習しているプレーを、大会の場で出せるようにこれからも頑張っていきます

晴れのち曇り 夏休みも終わり2学期スタート

 夏休み中は部活動中心の生活となっていたので、部員みんなが大きく成長しました。
またチームとしても成長しました。
 2学期が始まり授業や学校行事などが忙しくなりますが、これからもさらに頑張って欲しいです。

夏休み終盤から今日までの日誌です。

8月20日(月)
 寄居城北高校に伺い、星野高校と3校合同で練習試合を行いました。

21日(火)・22日(水)
 狭山市バレーボールフェスティバルサマーカップ2018(高校生女子)
狭山市総合体育館・狭山清陵高校で行われた大会に出場しました。
20校出場し、初日は各4校でリーグ戦。本校は2位となり2日目の2位リーグに進みました。ここで2位となり全体で7位という結果でした。

24日(金)
 バレー部練習会 9人の中学生が参加してくれました。

25日(土) i リーグ ディビジョン2 
 本校を会場にリーグ戦の一部が行われました。本校は3校と対戦しました。
  飯能南高校  2-0で勝利しました。
  山村国際高校 2-1で勝利しました。
  川越西高校  2-0で勝利しました。

 今後の「i リーグ ディビジョン2」では、新座高校と所沢中央高校の試合があります。

26日(日)
 小川高校にて川越南高校・寄居城北高校と4校合同の練習試合を行いました。
本校チームは11セット行い、半分くらいのセットを取ることができました。

28日(火) 
 埼玉平成高校へ伺い、練習試合と合同練習をお願いしました。
埼玉平成高校バレー部の部員がどんな姿勢で練習しているかを直に感じる貴重な機会でした。
この経験を明日からの練習や生活に生かすことが大切だと思いました。
貴重な練習の機会をいただきありがとうございました。

29日(水)
 
入間向陽高校と練習試合
本校体育館でレギュラーメンバー、1年生チームそれぞれが練習試合をしました。

9月1日(土)
 川越市とさいたま市の中学校2校が来校し、本校を含めた3校で練習試合を行いました。
中学生は大会直前ということで、しっかりプレーしていました。
中学生チームが相手でも、本校チームには余裕がありません。日頃からの課題を意識して行いました。


9月8日(土)
 所沢北高校へ伺い練習試合を6セット行いました。
そのうち2セットは1年生チームでの試合でした。内容はまだまだですが自分たちのできるプレーを自信を持って続けることが大切だと思いました。

16日(日)
 坂戸高校へ伺い練習試合
17日(月)
 聖望学園高校へ伺い、都内の私立高校と3校で練習試合を行いました。


 今月末には1年生大会があります。
この大会に向けて1年生も練習試合のコートに立ち、緊張しながらプレーしています。
かっこいいプレーではなく、日頃から練習しているプレーをミスなく続けられるようになって欲しいです。
そのプレーが1年生大会のコートでできれば十分です。

晴れ 部活動体験 中学生が13名参加しました。

8月19日(日)
 今日は、学校説明会として部活動体験がありました。女子バレー部には13人の中学生が参加してくれました。
  
 いつもどおりの練習スタート 中学生は1時間後。 中学生が集まったところでグループごとの鬼ごっこ

 部員達は、いつもの時間から練習を開始し、中学生が来るまで日頃の練習をしました。
中学生が来てからは、準備体操をして、緊張をほぐして会話ができるように身体を動かすゲームをしました。
  
 自己紹介 そして見つめ合うゲーム レシーブ練習やるよ。構えとそのタイミング。
 中学生と高校生がペアになってパス練習まで行いました。パスのたびに名前を呼び合って行いました。
続くレシーブ練習は、高校生が球出しをし、メンバーを変えながら3人がコートに入りました。みんな元気にボールをあげていました。
  
 高校生のデモンストレーション 中学生は、部員が球出しをしてレシーブ。

 続いて6対6のラリーを行いました。中学生は後衛のレシーブに入ったり、表のレフトでスパイクを打ったり、・・・高校生と一緒にプレーしました。
 
6対6 高校のボールとネットの高さ みんな笑顔でプレーしました。 中学生のレシーブからトス、スパイクへ。 
  
集合して、ポイントを確認する。みんなしっかり取り組みました。  

  体験の最後は、大きな声をかけながらのコートランニング・・・そしてストレッチ・・・クールダウンです。
   
「最後にみんなで走るよ。」 わっしょいランニング 一体感が出るね。 丸くなってストレッチ

 体育館での体験後は、教室で日頃の活動について説明しました。アンケートにも協力してもらいました。
アンケートには、部員が元気に楽しそうに取り組んでいること、しっかり練習していて格好良かったことなどが書かれていました。また高校生とたくさん会話したことも良かったようです。

 今日の部活動体験が、参加した中学生の高校選びの参考になることを願っています。また中学校でバレー部だった人は高校へ進んでも続けて欲しいし、バレー未経験で参加した人は、高校での部活動の候補としてバレーボールを考えてくれると嬉しいです。来年本校体育館で一緒にバレーボールができることを楽しみにしています。
 お忙しいなか、練習を見ていただきました保護者の皆さまありがとうございました。

晴れのち曇り 練習試合での1年生 そして校内合宿

 日頃の練習では、誰もが同じ数だけボールに触れるように意識しています。例えばスパイクを打ったり、レシーブをあげたりする本数は、数えながらプレーするのでだいたい同じ数です。スターティングのメンバーでも控えのメンバーでも同じように練習しています。

 一般に練習試合などは、特定のプレーヤーがコートに立つことが多いです。
それでもこの夏休みに入ってからは、相手チームと相談してBチーム同士のゲームをしたり、メンバーチェンジを多くして1年生に試合経験を積ませるようにしています。
7月30日(月)小川高校体育館で行った小川高校・不動岡高校との3校での練習試合
8月5日(日)所沢高校で行った所沢西高校との3校での練習試合
8月6日(月)坂戸高校で行った練習試合 どの試合でもほとんどの部員がコートに立ちました。
 練習試合の中で自分が苦手なプレーを自覚したり、周りとの連携不足に気がつけば、日頃の練習で改善するきっかけとなります。

 練習へのモチベーションが盛り上がったところで校内合宿を8月9日から12日までの3泊4日で行いました。 

1日目
 この日は全日、埼玉栄高校にて浦和南高校と3校で練習試合を行いました。
コート2面を使ったので3校のAチームとBチーム計6チームで対戦しました。
1年生で編成した川総Bチームにとっては、今まで経験したことがない長い一日だったと思います。
7セット対戦しみんなヘトヘトでした。とても有意義な経験ができました。
 
 3校で開会 すぐに練習試合スタートです。

2日目
 この日も埼玉栄高校へ伺いました。埼玉栄高校・本校以外に、県立高校1校・東京都の私立高校2校・茨城県の私立高校1校、計6校です。
一日行って本校チームは5校と計7セット、セット数が進むごとにポジションやフォーメーションを変えながら対戦しました。のびのびとプレーできたと思います。
 自分たちの戦い方をするためにはさらにレシーブを練習する必要があると思いました。

   
 6チーム集合 部員数もまちまちです。 午後の休憩に保護者からかき氷の差し入れです。 3年生も応援に来てくれました。

 夕食後は学校で夜間練習をしました。
日頃から練習試合などでお世話になっている他校の先生方が指導に来て下さいました。
 
 セッターの部員は、セッターだった先生からアドバイスをもらいました。

3日目
 本校に川越南高校を迎え一日練習試合を行いました。
両校がAチームとBチームを作りそれぞれ対戦、全部で13セット行いました。
1年生の部員達は中学校での試合経験が少ないものが多く、セオリーを知らずにプレーしている状態でした。
これからの練習では、基本的なプレーとともに考え方なども教えていこうと思います。
 
 夕食は、保護者が準備して下さいました。カレーです。

4日目
 最終日、午前練習でレシーブなどの基本を確認しました。
こういう基本は、中学生のうちから身についているものかと思っていましたが、個人差が大きく今まで知らずに練習していた部員もいました。
時間はかかっても、部員全員のレベルアップには基本の理解と技術の習得が重要だと思いました。
 最近は、ほとんどが中学校でのバレーボール経験者ですが、未経験者であっても基本から練習することで活躍できるチャンスは十分あります。
川総バレー部は、経験の有無よりやる気のある人が集まり、明るく元気に練習する中で周りの方から応援されるチームを目指します。

 学校説明会での部活動体験 第2回練習会が近づいてきました。
一緒に練習できることを楽しみにしています。


  
 残った食材で炊き込みご飯のおにぎり 最後の片付け。
少しさみしい。
 合宿が終わって笑顔で解散です。
  

晴れ 練習会 中学生5名参加。

7月31日(火)
  中学生を招いて女子バレー部練習会を行いました。
川総バレー部では、中学校のバレー部と合同練習や練習試合をしたり、学校主催の説明会で部活動体験を行ってきました。しかし中学生の個人を対象とした練習会は行ってきませんでした。
 そこで今回はじめて練習会を計画し、このホームページで案内をしました。
事前に連絡をもらった中学生が4人、当日直接来てくれた中学生が一人、計5人が参加してくれました。

  
コートランニング 部員の間に中学生の参加者 最後尾は3年生が来てくれました。
 黒いシャツは中学生 終了の挨拶。
 
 案内では「前日までに連絡を下さい。」と書いてあったのにも関わらず、練習試合で学校をあけてしまい、数人の方からの電話を受けることができませんでした。たいへん申し訳ありませんでした。

 また都合がつくようでしたら、8月19日(日)の学校説明会、24日(金)の練習会に来てもらえたら嬉しいです。

 この日も暑い体育館でしたが、参加した中学生は川総の部員と一緒に、元気にプレーしていました。高校に進学してもバレーボールを続けて欲しいし、希望する高校へ進めるようにこの夏休みを過ごして欲しいと思います。

 参加した中学生のみなさん、また練習を見学いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

晴れ 校外練習 そして学校説明会

7月21日(土)22日(日)
 国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた「文武両道場」へ参加しました。
このプログラムは、「FLVユースアカデミー2018」というもので、都立・県立・私立の13の高校のバレーチームが集まりました。全プレーヤーを10チームに分け、バレーボール経験のない社会人を監督としてリーグ戦を戦い、勝つチームを目標に取り組むというものです。またミーティングやいくつものワークシートに取り組み、自分自身を理解することも目標です。
 いろいろなプレーの課題、プロ選手による講演など、主催者側が準備したプログラムによって行われました。
 日頃の練習では、顧問からいろいろな指示が出ますが、ここでは会ったばかりのメンバーとコミュニケーションをとりながら主体的に取り組むことが要求されます。そのプロセスこそがこのプログラムのポイントです。

  
   素晴らしい体育館で練習とゲームができる。
 参加者の集合写真
 2日間の中心は予選リーグと決勝トーナメントのゲームです。
それぞれのチームに分かれた部員たちは、チームメイトと明るく会話したり、チームでキャプテンになったりと、日頃見せない一面を出すことができました。自分から進んで取り組む経験がこれからの生活にきっとプラスになることでしょう。いくつかのチームと練習試合の約束をして終了しました。


7月26日(木)
 西部支部の技術講習会と審判講習会に参加しました。終了後は他校のチームと一緒に練習をしました。

7月28日(土)
 本校の学校説明会です。女子バレー部は説明会の会場で部活動紹介をしました。
  
    一番背の高い2年生がボールをかぶり、スパイク練習のデモをしました。
説明を間違って思わず笑ってしまいました。明るいバレー部です。

 台風が近づいている中の説明会でしたが多くの方が来校して下さり、紹介の機会をもらえて良かったです。明るく元気に取り組んでいる雰囲気が伝わったことと思います。この説明会で興味を持った中学生が夏休み中の練習会に参加してくれたら嬉しいです。

晴れ i リーグ 開幕。ディビジョン2へ出場しました。

7月15日(日) 期末考査が終わり、練習再開。
 川越女子高校と練習試合をしました。1回の練習試合でプレーのリズムが戻ってきました。

7月16日(月) i リーグ ディビジョン2 開幕

 今シーズンから、(アイ)リーグが始まりました。
これは西部支部の女子バレーチームがある三十数校のうち、県シード校など常に県大会へ出場している高校を抜いた約30校から参加を募り、4つのディビジョンを設けて入れ替え戦を含めたリーグ戦を行うというものです。
 日頃の練習試合とは違った雰囲気で、日頃対戦しない相手とゲームをすることで西部支部全体のレベルアップを目指したものです。


 
 
開会式 8校が集まりました。
 センターからエースが打つ。
 本校は前回までの公式大会の結果から、ディビジョン2に入りました。
この日は、本校にディビジョン2の8チームが集まり、開会式を行ってからゲームが始まりました。

本校第1試合 対:朝霞西高校 セットカウント 2-0で勝利しました。
  第2試合 対:所沢北高校 セットカウント 2-1で勝利しました。

 同じくらいの強さのチームが集まっているのでどのゲームも接戦でした。
所沢北高校との対戦では、第1セットを落としこのまま敗れるかという展開でしたが、第2セット中盤から粘ってセットを取ると、第3セットは両チームとも気持ちのこもったゲームとなりました。

 この日も気温が高く体育館はすごく熱かったですが、みんな体調管理がしっかりでき、プレー内容も充実していました。本校チームは会場校として、準備や各校との調整なども頑張っていました。
 このiリーグは、ディビジョン2内の各校とのゲームが今後も続き、シーズン終了時にディビジョン1/ディビジョン3との入れ替え戦となります。1位となれば無条件で昇格、2位は入れ替え戦。最下位は無条件で降格、2番目の下位は入れ替え戦です。
 公式大会とは違ったリーグ戦を戦うことで、見えてくるものがあると思います。ディビジョン1への昇格を目指して頑張ります。 

! 夏休み 川総バレー部 練習会のご案内

 女子バレーボール部の練習会を夏休み中に2回行います。

  参加を希望する中学生のみなさんは、本校までご連絡下さい。

中学校の顧問の先生やクラブチームのコーチからの連絡でも結構です。
前日までにご連絡下さい。




 当日はバレーボールの練習ができる服装を用意して下さい。
こちらでも十分配慮はいたしますが、けがについては保険に加入していませんので
自己責任とさせていただきます。
 たくさんの参加をお持ちしております。

    7月31日(火) 9:00~13:00  
 8月24日(金) 13:00~16:00

 両日とも本校の体育館で行います。

 連絡先 川越総合高校 
                    電話049-222-4148
       バレーボール部顧問  鹿討(ししうち)まで

 8月19日(日)には学校説明会が行われ、部活動体験の機会もあります。
 詳しくは、学校説明会の案内をご確認下さい。

晴れ OGと練習試合をしました。

6月23日(土) OGが所属する短期大学のバレー部と練習試合をしました。

 本校バレー部のOGで、短期大学へ進学し、そこでバレーボールクラブの活動をしている先輩から練習試合の話をいただきました。
そこで、大会後の土曜日に練習試合を行いました。相手は週に1回程度の練習ということでしたが、セット数を重ねことでゲーム内容は良かったです。
本校チームは、部員を二つのチームに分け、全員がOGチームと対戦できるようにしました。

 1年生の中には、練習試合のコートに立った経験が少ないメンバーもおり、とても良い機会となりました。みんな元気にプレーしました。
とくに1学期に練習してきたプレーが随所に見られ、練習の成果がここにきて現れたように見えました。
このゲームで練習へのモチベーションがさらに上がってくれることを期待したいです。

晴れ 高校総体県予選 2回戦進出 ベスト32

6月18日(月) 学総兼全国高校総体バレー競技埼玉県予選

 本庄市のシルクドームを会場に1回戦に臨みました。そして浦和南高校に勝利し、ベスト32となりました。


 高校総体の埼玉県予選、本校は昨年同様シルクドームでの試合となりました。
相手は、3年前に同じ場所で対戦している浦和南高校です。
 試合順は第4試合であり、14時頃から合同練習となりました。しっかりアップをしてコートに入ったのでコンディションは良さそうです。

第1セット 25-14
第2セット 25-18  セットカウント 2-0で勝利しました。

 
 合同練習から気持ちが入ってました。
 ポジションの確認 今回はリベロが2名です。
 
 本校チームのサーブは、カットの上手な選手に集まったり、うちのチームが得意としているプレーをしているのにミスをしたり・・・。
第1セットの中盤までは、なかなか調子があがりませんでした。最後の1点はピンチサーバーのサーブポイントでした。

 第2セットになってからは、自分たちのプレーができていたと思います。
連続でミスした選手がリベロと替わってベンチに戻ることで、気持ちを落ち着けることができました。
このセットは、今までの練習の成果が発揮できていました。
    
ゲームセット 挨拶をして握手。
笑顔の記念撮影 


 1試合はさんで第6試合が本校の2回戦、対戦相手は埼玉栄高校です。
埼玉栄高校とは、夏の合同合宿、さらに毎月のように練習試合をしてきたのでお互いによく知っている相手です。

 第1セット 14-25
 第2セット 27-29 セットカウント 0-2 で敗れました。

 第1セットから自分たちの戦い方ができていたと思います。
それでもサーブレシーブが乱れて弱いボールを返すと、必ず強打が返ってきます。
分かっていてもこの流れを変えられないまま1セットを落としました。

 気持ちを切りかえて第2セット。
序盤にリードされるものの中盤で追いつき、互角のゲームとなりました。
デュースになり、お互いゆずらない攻防。あと1ポイントでセットがとれるところまで追い込みましたが、相手のサーブで乱され敗れました。
スコアは、27-29  今までいくども練習試合などで戦った中で一番良いゲームでした。
一緒に頑張ってきたチームと、素晴らしい舞台で試合ができたことは幸せなことだと思いました。

 ゲーム終了後に、スタンドに向かってお礼の挨拶をしました。
保護者など本校を応援して下さったみなさんに礼、また合同合宿でお世話になった埼玉栄高校の保護者にも礼。・・・拍手をもらいました。
 この大会に向けて頑張ってきただけに、とても印象に残る大会となりました。

 日頃から応援いただいている保護者の皆様、会場への移動などいろいろとご協力いただきありがとうございました。
これから新チームとなっても、頑張っていきますのでよろしくお願いします。

曇り 敗れてからの足跡

4月21日 埼玉県春季高校バレー西部支部予選
 2回戦に敗れて県大会出場を逃してから次の大会を目指して練習がスタートしました。
28日(土)小川高校に伺い、県内外の5校と練習試合
29日(日)朝霞西高校との練習試合
5月4日(みどりの日)・5日(こどもの日)県内外の高校十数校が集まる大会へ出場し、ほとんどセットを取れないゲームを経験しました。
そして6日(日)この日は小川高校で3校合同の練習試合をしました。
昨日までの辛い経験が生きる内容でした。

 中間考査を経て、5月19日(土)さいたま市と狭山市の中学校チームが来校し合同練習と練習試合。
27日(日)飯能南高校・坂戸高校・入間向陽高校の4校での練習試合。
そして迎えたインターハイ西部予選(5月28日)
 この大会で県大会を決めるまでの練習はとても充実していたと思います。

 県大会出場が決まってからも一生懸命取り組みました。



6月2日(土)日高高萩北中学校との合同練習と試合。
3日(日)所沢北高校との練習試合。
9日(土)毛呂山中学校との合同練習と試合。
10日(日)小川高校にて坂戸高校・坂戸西高校・寄居城北高校との5校での練習試合。
12日(火)体育館が使えないため川越第一中学校へ伺って練習試合。
16日(土)埼玉栄高校・入間向陽高校との3校での練習試合。

 大きな怪我もなく体調を崩す部員もなく練習できました。
また多くのOGが連絡を取り合って練習に加わってくれたり・・・・・部員にとってはとても思い出に残る2ヶ月だったと思います。

 こうして迎えた高校総体県予選でした。

晴れ インターハイ予選で勝利 県予選へ【女子バレーボール部】

5月28日(月)
 学総兼全国高校総体バレーボール競技 西部支部予選が行われました。
第2シードとなった本校バレー部は、2回戦から出場し県大会への出場権を得ました。


 4月に行われた春季大会から関東バレー県予選に出場した5チーム、さらに県シード校として出場した6チームの計11チームは、全国高校総体県予選への出場権があるので、この予選には出場しません。この大会は、春季大会で県予選への出場を逃した32チームが、9チームの出場権をかけて対戦するものです。

 本校は、今までの公式大会での戦績を基に第2シードとなりました。
相手は、1回戦を勝ち抜いてきた星野高校となりました。

 第1セット 28-26
 第2セット 25-13  セットカウント2-0で勝利し、県大会への出場が決まりました。

 対戦カードが決まった際、第1試合で勝利したチームが相手であり、一試合身体を動かしているだけ相手の方が有利であろうと思いました。そこで前の週から朝練習を行い、試合当日も朝練習の時間に本校体育館でサーブを打ってから臨みました。

 私たちは2回戦(第4試合)からコートに立ちました。ボールを使ったウォーミングアップは十分とはいえませんが、気持ちは充実していました。
3年生・2年生に加え、1年生もユニホームを着て、またマネージャーとして全員がベンチ入りです。

 第1セットの立ち上がりから落ち着いてプレーしていました。ほぼ互角のまま得点を重ね、相手リードのまま進行。
両チームともタイムアウトを取りながらセット終了間際、22-24で相手がタイムアウトを取りました。

 「22-24」・・・ このスコアは本校チームにとって越えなければならない壁です。

 タイムアウトが終わり、本校ピンチサーバーが打ちます・・・。 サーブ1本のミスでセットを落とすというプレッシャーの中で、連続してしっかり打てたことが大きかったです。このスコアから一気に得点し、28-26でセットを取りました。
相手のセットポイントから逆転したことは、たいへん大きな経験でした。

 公式練習の相手を見る。
 第1セット だんだん調子が上がってきました。
 
 大事なところでピンチサーバーとチェンジ
 応援して下さった皆さんに挨拶をしました。

 そして第2セット スコア以上に苦しい内容でしたが、セットを取り試合を決めました。

 試合後の挨拶が終わると、スタンドから多くの方が拍手をして下さいました。
保護者のみなさま、一緒に練習試合や合同練習をした他校バレー部の皆さん、
また練習のサポートをいただいている皆さま 応援いただきありがとうございました。
これからも、明るく元気に、応援していただけるようなチームでありたいと思いました。

雨 春季西部支部大会2回戦進出【女子バレー部】

4月21日(土)・22日(日) 埼玉県高校バレー春季大会 西部支部予選
 今年度最初の大会が行われました。
本校チームは2回戦へ進みましたが、残念ながら敗退し県大会出場は叶いませんでした。


21日(土)
 春季大会西部支部予選の初日、会場は志木高校体育館です。
この大会は、3回戦進出のベスト8以上のチームが県大会へ出場できます。

1回戦 豊岡高校
 第1セット 25-16
 第2セット 25-16 セットカウント 2-0で勝利しました。
センターから打つ。長身同士の戦い。
終了後の握手、練習試合でも対戦したことがあります。

 本校は、小さい選手が多くスパイカーも少ないです。一人ひとりが自分の役割をしっかり果たすことでなんとかゲームになります。
この試合も苦しいながら自分たちのリズムで試合を作ることができました。

2回戦 入間向陽高校
 第1セット 18-25
 第2セット 23-25 セットカウント 0-2で敗れました。 
リベロとして入った1年生 頑張れ。
 プレーを確認して。自分たちの戦い方を。
 相手のブロックとレシーブのポジショニング・・・。

 開始早々から両チームとも浮き足立っており、落ち着いたプレーができないまま進行。その雰囲気のままセットを落としました。
次のセットは落ち着いて、自分たちの戦い方をしたいところです。
・・・ それでも始まると、熱くなっている相手に対し強打してブロックされるなど、ますます相手のペースになっていました。

 タイムアウトを取って、戦い方を確認し仕切り直し。
徐々に得点差が縮まったもの相手のマッチポイント、22-24で2度目のタイムアウト。
次のラリーは気持ちがこもっていました。23-24。
 しかし次のラリーでミスが出てゲームセットとなりました。
セットが始まった時の1点、中盤での1点、そしてマッチポイントからの1点、どれも同じ1点であることに気付いて欲しいと思いました。

22日(日)
 大会2日目に進めなかったので学校で練習です。今日から全員で次の大会に向けた練習を始めました。

晴れのち曇り 春休みを終えていよいよ新学期スタート【女子バレー部】

 3月中は、基本練習とチーム練習をしっかり行い練習試合も行いました。

3月21日(水)春分の日 雪が舞う寒い日でした。
 昌平高校へ伺い、他県のチームと3校で練習試合を行いました。
25日(日) 飯能南高校へ伺い練習試合。昼食は学校の裏の河原でみんなでバーベキューをしました。
27日(火) 所沢北高校へ伺い練習試合。
29日(木) 本校にて6校合同でリーグ戦。埼玉栄高校、所沢西高校、飯能高校、飯能南高校、他県からも1校、そして本校の6校です。
31日(土) 川越第一中学校が来校し練習試合。

 そして4月1日(日) 岩槻高校が来校し練習試合。
体育館がワックスがけのため使えなかったので、相手校に伺って練習試合の連続。
まず3日(火)に川越西高校、4日(水)に坂戸高校、6日(金)に所沢高校。

 ワックスが乾いて練習再開が7日(土)、この日は川越第一中学校と毛呂山中学校が来校し練習試合。
春休み最後の練習試合が、8日(日)の小川高校でした。

 いつも感じることですが、長期の休み中は部活動に集中できるので、誰もプレーが上達します。上達のスピードは日常の練習以上だと思います。ところが次の学期が始まると急にペースダウンしプレーの内容まで元に戻ってしまうように感じます。
 春休みにつかんだプレーのポイントを、しっかり身につけるためにも、今の練習がとても大切だと思います。

 9日に始業式、そして入学式が行われました。すでに数名の新入生が春休み中から練習に参加したり見学に来ており、これからが楽しみです。

 15日(日)は、埼玉栄高校に伺い練習試合。これが大会前最後の練習試合です。

 バレー部の1年間のなかで、最も充実する時期はこれからの2ヶ月間ではないかと思います。
最後の大会が見えてきた3年生の真剣な表情、頼もしくなった2年生。フレッシュでこれからの川総バレー部を背負っていく1年生。この部員達全員が一緒に活動できるこの期間を大切にして欲しいと思います。

 今日は、埼玉県春季高校バレー大会西部支部予選の代表者会議(抽選会)。そして21日(土)・22日(日)が大会です。

晴れ 本校主催のカップ戦 8校の中学が参加

2月10日(土) 本校主催のカップ戦 第1回 KAWASO-CUPが行われました。

 近隣の中学校や合同練習などでお世話になっている中学校から8チームが参加してくれました。
体育館全面を一日使い、熱戦が繰り広げられました。
 本校の部員は、大会運営を担当しました。日頃自分たちが大会に参加しているとき、会場校のみなさんにお世話になっていることを実感したことでしょう。
また審判としてホイッスルを吹いている姿は、高校生の選手らしく頼もしかったです。 
各中学校のキャプテンと打合せをしました。
開会式 100名くらいの選手が参加してくれました。

 各チームにとってこの時期のゲームはとても意味があると思います。
3年生が引退してから、2年生と1年生でしっかり練習していることを、このゲームで出せたらいいと思いました。

どのチームも元気にプレーしていました。
 閉会式で表彰が行われました。

 閉会式では結果発表と表彰、さらにMVPなどの表彰も行われました。
中学生になってからバレーボールを始めた人も多く、バレー経験は短くても一生懸命練習している成果を見て素晴らしいと思いました。
みなさんこれからも頑張って下さい。

晴れ 3年生との送別会 ありがとうございました。

3月11日(日)  卒業式の翌日、3年生との送別会が行われました。
全学年で合宿したらこんな感じでしょうか。

 1年生にとっては、3年生と一緒の合宿はできませんでしたが、もしやっていたらこんな雰囲気だったかも知れません。食事をしてから在校生が余興をしてくれました。二人でコンビを組んだ漫才などを見て3年生は大喜びでした。

演し物のラスト こんなに芸達者だった?
大笑いの3年生 喜んでもらいました。

 午後からは体育館で、ゲームをしました。
3年生チーム対在校生チーム ・・・ 3年生チームは久しぶりのプレーでも強かったです。

ゲーム後、色紙を贈ってから一言もらいました。
     全員でお世話になったコートに礼。

 一人ひとりに色紙を贈り、挨拶をもらいました。お世話になった先輩の卒業・・・ありがとうございました。
最後に、部長の発声でコートに礼をして終了しました。

晴れのち曇り 県民総体兼高校バレー新人大会西部支部予選

 1月20日(土)・21日(日) 新人大会の西部支部予選が行われました。
本校チームは2回戦で敗れ、代表決定戦へ。残念ながらここでも敗れてベスト16となりました。。


1月20日 県民総合体育大会兼高校バレー新人大会西部支部予選 第1日 坂戸高校体育館

 1回戦はBコートの第2試合です。第2試合・第3試合のチームは、開場から30分間コートを使って練習できます。
本校チームは、一番乗りで開場と同時にアップを開始しました。とても気持ちが入っていたと思います。
一番乗り いつものアップからスタートです。 

1回戦 対:狭山経済高校・日高高校合同チーム

 第1セット 25- 5
 第2セット 25-11  セットカウント 2-0で勝利しました。

 今月13日・14日と練習試合をし、全部で18セット対戦して1セットしかとれない状態でした。
それでもこの練習試合できっかけをつかんだようにプレーの内容が良くなっていました。
こうして臨んだこの新人大会。1回戦で弾みをつけられるように、最初からリズムに乗ってプレーできました。
数日前からの練習がそのまま試合で出すことができました。

2回戦 対:狭山清陵高校 今大会の第4シード校です。狭山清陵高校とは、時々練習試合をしているので、生徒達も顔見知りです。

 第1セット  9-25
 第2セット 17-25  セットカウント 0-2で敗退しました。
 2回戦 狭山清陵高校との合同練習練習試合でお世話になった相手との対戦。気合いが入る。 

 相手チームの戦い方は、練習試合で分かっています。それでも勢いを止めることができません。
本校チームは、自分たちの得意なプレーを出すように心掛け、特に第2セットは実力を発揮できたと思います。 
 狭山清陵高校は、この段階でベスト8となり県大会の出場が決まり、さらに明日ベスト4をかけた試合に臨みます。
本校はベスト8を逃しましたが、ベスト8に敗れた8校が明日、代表決定戦に進みます。この代表決定戦に3勝したら、最後の県大会の切符を手にすることとなります。


1月21日 県民総合体育大会兼高校バレー新人大会西部支部予選 第2日 坂戸高校体育館
 
 今日は代表決定戦へ進み、1回戦 朝霞高校と対戦しました。
 代表決定戦 1回戦 朝霞高校と対戦 タイムアウトで仕切り直し。

 第1セット 17-25
 第2セット 17-25 セットカウント 0-2で敗れました。

 相手のプレーヤーは、みんな活発に動き、のびのびプレーしている感じがしました。
サーブ・レシーブ・スパイク、どのプレーをとっても本校チームより上でした。
その相手に対してしっかりプレーできましたが、肝心なときにもう一歩が足りませんでした。
今の実力を発揮できていたと思いますが、部員達はみな悔しそうな表情でした。

 この大会に敗れたことで、今年度の公式大会は終了しました。
今の1年生2年生だけのチームとして、試合に出場するのは終わりです。
これからは、新年度に向けて実力をつけることに専念したいです。
あと2ヶ月と少しで2年生3年生となることを自覚して頑張って欲しいと思います。

 大会の閉会式後、西部支部優秀選手の表彰式が行われました。本校からは、1名の3年生が表彰されました。
1年生の後半からリベロとして、また2年生の新チームとなってからは表のレフトスパイカーとして活躍したことを表彰していただき、たいへん嬉しく思いました。
 
 連日、応援に来て下さった保護者の皆様、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

晴れ 新しい年を迎え、今年も頑張ります。

 昨年10月末の選手権大会西部支部予選が終わってから、もう2ヶ月以上経過しました。
この予選では県大会出場を逃したので、その後は練習試合や合同練習をして頑張ってきました。

11月
 5日(日)
松山女子高校に伺い、他県のチームを含む3校で練習試合を行いました。
14日(火)には技術講習会に2年生1名と1年生1名が参加しました。
      ここでは選抜選手には選ばれませんでしたが、しっかり取り組んでいました。この講習会後、集まった高校で練習試合を行いました。
23日(木)毛呂山中学校が来校し合同練習。
25日(土)坂戸高校が来校し練習試合を行いました。

12月
 
上旬の期末考査が終わってからは、16日(土)本校を会場に飯能南高校・飯能高校・朝霞西高校と4校合同で練習試合。
17日(日)昌平高校が来校し練習試合。
23日(土)には本校で狭山清陵高校と練習試合。
24日(日)本校で所沢北高校と練習試合。
25日(月)三芳東中学校が来校し合同練習。
26日(火)は山村国際高校に伺い練習試合。
そして27日(水)には本校を会場に、所沢西高校・坂戸高校・寄居城北高校・鴻巣女子高校・本校の5校で練習試合を行いました。翌日は練習後大掃除をして、練習納めとなりました。

 平成30年 1月
4日(木)みんな揃って新年最初の練習です。全員で喜多院へ初詣に行ってから元気にスタートしました。
5日(金)午前中に春高バレーの見学へ行ってから、午後は本校にて埼玉栄高校と合同練習・練習試合を行いました。
7日(日)埼玉栄高校で行われた合同練習試合に参加しました。
     埼玉栄高校・鹿沼東高校・寄居城北高校・春日部女子高校・草加南高校と本校の6校です。
     5校を相手に全部で7セット行いました。
     3セットを取ることができましたが、その結果より一人ひとりのプレーに自信が戻ったことが大きかったです。
8日(月)成人の日 高萩北中学校が来校し合同練習。

1月7日 練習試合にて少ない部員でも頑張ってます。
 
 第1セット 心配な立ち上がり・・・。 セットを重ねるにしたがって良くなってきました。 

 今日から3学期が始まります。
そして2週間後、20日(土)21日(日)は新人大会西部支部予選です。
ここで実力が発揮できるように、今日からまたしっかり取り組んでいきたいと思います。

雨 選手権西部支部予選へ出場

10月28日(土)・29日(日) 全日本バレーボール高校選手権大会西部支部予選

 この予選で第8位となりました。残念ながら県大会への出場を逃す結果となりました。

第1日 10月28日 本校は、所沢中央高校を会場にこの大会に出場しました。
 6月の県予選に出場した本校チーム(3年生を中心としたひとつ前のチーム)が1勝してベスト32となった実績などもあり、この大会では第4シードとして大会へ臨みました。

 この予選では、西部支部のチームのうち5チームが県シード校です(この予選なしに県大会へ出場)。
それ以外の36チームが出場する中で、本校が第4シードというのはたいへん素晴らしいことであり、3年生チームの活躍のおかげです。

1回戦 所沢高校
 第1セット 25-10
 第2セット 25- 6  セットカウント 2-0で勝利しました。

2回戦 飯能高校
 第1セット 25-10
 第2セット 25- 8  セットカウント 2-0で勝利しました。
1回戦前のアップ いよいよ始まります。2回戦前のアップ 立ち上がりを意識して。

 これによりベスト8となり翌日の3回戦へ進むことになりました。
1回戦の立ち上がりは落ち着きを欠いていましたが、徐々に自分たちのやりたいプレーができるようになってきました。
特にサーブのミスがなく、しっかり打てていたことで試合を有利に進めることができました。
1回戦の第2セットあたりからは、レセプションやチャンスボールの処理もていねいにあげていたのが良かったです。
日頃からコート内で会話をするように言っていたことが、自然に行えていたと思います。


第2日 10月
29日 川越南高校を会場にベスト8のチームが集まりました。県大会のへ出場枠は7チームです。

3回戦 坂戸西高校
 第1セット 13-25
 第2セット 14-25 セットカウント 0-2で敗れました

 第1セットの序盤は互角のスタートに見えましたが、相手のサーブに崩され自分たちのプレーができませんでした。

一人ひとりでみると、日頃の練習の成果を十分に発揮できたプレーヤーと落ち着きを欠き簡単なミスをしてしまったプレーヤーがいました。
公式試合の緊迫したシーンで実力を発揮するには、日頃の練習や練習試合からそういうシーンを体験する必要があると強く思いました。
 3回戦に敗れたことで5位から8位までの決定戦に進みます。

いよいよ3回戦 レフトからの攻撃が決まった。


代表決定戦(5位決定戦) 志木高校

  第1セット 12-25
 第2セット 12-25 セットカウント 0-2で敗れました。

 この大会で一番苦しい試合だったと思います。
相手の試合運びに翻弄され、自分たちのリズムをつかめないまま1セットを落としました。
本校のプレーヤーは、相手にサーブを集められたりブロックにマークされて、普段は見せない表情をしていました。
自分たちの気持ちの弱さを実感した試合でした。

代表決定戦 志木高校との対戦浮かない表情 ・・・ 気持ちを切り替えて次のゲームに集中したい。


代表決定戦(7位決定戦) 川越南高校

 第1セット 21-25
 第2セット 19-25 セットカウント 0-2で敗れました。

 残念ながら今の実力ではここまでです。自分たちのミス、消極的なプレーが肝心なところで出てしまいました。
特に第1セットは、シーソーゲームだったのでどちらがセットをとってもおかしくない内容だったと思います。
うちのチームが有利だった場面でも、その勢いを続けるだけの気持ちの強さはありませんでした。


代表決定の最終戦 川越南高校に敗れました。応援いただいた方々に挨拶をしました。

 冷静にこの大会を振り返ると、本校より強いと思われるチームでベスト8に残らなかったところがいくつもあります。
それだけ3年生チームが残してくれたシード権が大きかったと思います。
 部員達は日頃から頑張っていますが、これより先に進むためには、さらにレベルを上げた練習に取り組む必要があります。
それには各部員の強い意志が必要であり、継続していくだけのチームのまとまりが不可欠です。
この大会を契機にさらに上を目指してくれることを期待したいです。

 雨の2日間、寒い体育館で応援いただいた保護者の皆様、いつも支えていただいている皆様、ありがとうございました。
この大会が、現チームの新たなスタートになるよう頑張りたいです。

晴れのち曇り 練習試合 そして川越市民体育祭へ出場

10月8日(日) 坂戸西高校へ伺い練習試合を行いました。

合同練習してから練習試合開始。

 6セット対戦しました。本校チームとしては、ポジションについて確認したい点があったのでそれを意識して臨みました。
今まで練習してきたプレーを試合でも出せるか、また練習で足りなかったプレーは何かを見つけるように行いました。


10月9日(月) 体育の日 川越市民体育祭 バレーボール高校女子の部へ出場しました。

 この大会は歴史のある大会でもうすぐ70回を迎えるそうです。
今年も市内8校のチームが出場し、まず4チームずつのリーグを2つ作ってリーグ戦をします。
各リーグの1位・2位で決勝のトーナメント、3位同士、4位同士で順位決定戦を行うというものです。
昨年度優勝の市立川越高校と準優勝の川越女子高校がシードになりました。

 予選のリーグでは1勝2敗となりリーグ3位として順位決定戦へ。ここで勝利して5位となりました。
この時期に多くの試合ができたことはとても有意義であり、選手権大会に向けて良い試合経験の場となりました。

合同練習 3人がコートに入ってレシーブ練習。  レセプション練習。

 強いチームを相手にしっかり守り、自分たちの攻撃までつなげることを目標にしました。長いラリーにも気持ちを切らずに頑張りました。

晴れのち曇り 2学期になって1ヶ月。

 夏休みが明けたら、急に部活動の時間が少なくなってしまった感じがします。
今年の夏休みには、約90セットの練習試合をし、練習とゲームの毎日でした。
2学期が始まり、このペースでバレーボールに打ち込むのは無理ですが、集中して取り組むことでレベルアップを図りたいと思います。

 9月2日(土)武南高校が来校し練習試合をしました。
3日(日)狭山清陵高校が来校し合同練習と練習試合を行いました。9日(土)浦和学院高校が来校し練習試合、10日(日)には鶴ヶ島西中学校が来校し合同練習。
16日(土)小川高校へ伺い2校で練習試合、さらに17日(日)狭山清陵高校へ伺い3チームで練習試合。
18日(月)川越東中学校が来校し合同練習と練習試合、23日(土)いずみ高校へ伺い3校で練習試合。

 東中学校の1・2年生と一緒に練習開始です。 いつもこういう練習をしています。

24日(日)には川越砂中学校が来校し合同練習と練習試合。文化祭直前で体育館が使えないときに、川越第1中学校へ伺い練習。

 平日は他の部との関係で体育館を使えない日が毎週2回・・・使える日も1回はコート半面です。そこで9月は週末や休日のほとんどで練習試合や合同練習をしました。
 そして9月30日(土)・10月1日(日)の技術講習会(1年生の部)へ出場しました。

 この大会は「1年生大会」と呼ばれています。1年生の部員が6名以上いる学校は単独チームを、部員がそれ未満の学校は複数の学校と合同チームを組んで出場することが多いです。
 本校は、1年生が入部したときから6名だったので、この大会へ出場することをひとつの目標にしてきました。
川越総合高校の1年生チームとしてユニフォームを着たメンバーは、とても嬉しそうでした。


9月30日(土) 技術講習会(1年生の部) 
 川越初雁高校を会場に1年生大会へ出場しました。出場30チームのうち5チームは合同チームでした。本校は、川越女子高校 坂戸高校 川越初雁高校と狭山清陵高校の合同チームの山に入りました。

1回戦 川越女子高校
 第1セット 17-25
 第2セット 17-25  セットカウント 0-2 で敗れました。

敗者戦 川越初雁・狭山清陵合同チーム(技術講習会なので敗者同士の対戦がありました。)
 第1セット 25-16
 第2セット 17-25
 第3セット 25-13  セットカウント 2-1 で勝利しました。

 1年生の部員は、この大会へ出場するため2年生・3年生をはじめいろいろな方の支えがあったことを忘れずに、これからも頑張って欲しいと思います。

お忙しいなか応援に来ていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。 

晴れのち曇り 夏休み終盤 その2

8月22日(土)・23日(日) 
 狭山フェスティバルに参加しました。本校チームとして初参加の大会です。
初日は20チームが4校ずつの予選リーグを作り対戦、翌日は予選リーグの同じ順位のチームを集めた順位決定のリーグに分かれて対戦しました。本校チームは予選リーグにおいて2勝1分けとなり、1位で初日を通過しました。智光山公園の市民総合体育館はとても広かったです。
 狭山フェスティバルへ参加しました。広い体育館。

 翌日は狭山清陵高校体育館を会場に、予選リーグを1位で通過した5チームが集まり対戦しました。
さすがにこの日の4校は強かったです。歯が立たない状態で試合に敗れましたが、5位という結果は上出来でした。

8月26日(土) 
 本校を会場に練習試合を行いました。
入間向陽高校・所沢西高校・飯能南高校・豊岡高校・坂戸高校 そして川越総合高校の6校です。
予選として各チームと1セットずつ対戦し、その結果から予選1~3位、4位~6位のリーグに分かれました。そしてリーグごとに1セットずつ対戦しました。
 本校は予選3位で上位のリーグに入りましたが、そこではセットをとれませんでした。
どこのチームも夏休み中に頑張って練習していたのがうかがえる練習試合となりました。 
 川越総合高校を会場に6校で練習試合を行いました。 3年生にアドバイスをもらいました。

28日(月) 
滑川総合高校と練習試合を行いました。

29日(火)
 
埼玉栄高校を会場に、5校での練習試合に参加しました。
埼玉栄高校・熊谷女子高校・越谷南高校・岩槻商業高校 そして川越総合高校です。
各チームと1セットずつ対戦、これを2周行いました。夏休み最後の練習試合だったので、練習の成果を確認したいと思っていましたが、練習でできたプレーがこの試合ではできず残念な結果となりました。
埼玉栄高校に5校が集まり練習試合を行いました。 

 今年の夏休みはたくさん練習や試合をしました。合宿も2回行い川総バレー部としてのまとまりもできたと思います。
いろいろな方のご厚意で充実した夏休みの活動ができたことに感謝します。
 2学期が始まると夏休み中みたいな練習はできなくなりますが、日々の練習を大切にしたいです。

 9月30日・10月1日は技術講習会(1年生大会)、10月9日は川越市民体育祭、10月28日・29日は全日本バレー高校選手権西部予選があります。明日からまた頑張りましょう。

晴れ 夏休みも終盤

8月18日(金)
 坂戸高校と練習試合をしました。合宿後の休みが明けてすぐの試合でしたが、しっかりプレーできました。3年生も応援に来てくれました。

20日(日)
 学校説明会として部活動体験が行われました。
14名の中学生が参加し、8人の部員と一緒に練習に取り組みました。この日に合わせて卒業生とトレーニングを指導して下さるコーチ親子がサポートして下さいました。 
 自己紹介後、打合せをしてスタートです。 中学生と部員・卒業生がペアになって行います。新入部員がこのくらい多いと嬉しいですね。

 一緒に練習した時間は1時間足らずでしたが、本校バレー部の雰囲気や部員の仲の良さなどが伝わったのではないかと思います。
練習後に書いてもらったアンケートでは、日頃の練習内容や明るく元気な部の雰囲気が印象に残ったようです。そして高校に進学してからもバレーボールを続けたいと思っている人が多かったです。
 参加した中学生にとって本校が進学したい高校の候補となり、来年の春から一緒にプレーできたら嬉しいと思いました。

晴れ 盛り沢山 夏休みの中盤

8月5日(土)本校にて所沢北高校・飯能南高校との合同練習と練習試合
 
 午前中は3校の全員が同じ練習に取り組みました。レシーブでの足の運び方など基本的な練習をこの時期に行うことはとても意味があります。他校の練習メニューを一緒に体験する機会にもなりました。

ボールの出し手に背中を向けないステップ・・・。ネット際のプレーについてみんなで説明を受ける。

 午後からは3校で回しながら練習試合、各校と2セットずつ対戦しました。終わりの2セットは課題の残る内容でした。


6日(日)所沢高校でのカップ戦に出場しました。

 本校としてはこのカップ戦への出場は初めてです。女子チームは、所沢高校・所沢西高校・進修館高校、そして本校の4校です。
各チームと1セットずつの対戦、それを2周行いました。合計6セット行い、取ったセット数で2位でした。
日頃の練習内容を、練習試合でもできるようになってきたと思いました。
 
こちらのコートで女子チーム 向こうの2面で男子チーム閉会式 本校チームは8人でも頑張りました。

新チームで初めてユニフォームを着ました。 



8月8日(火)~11日(金)
 校内合宿を行いました。

 本校の狭霧館で宿泊する校内合宿。埼玉栄高校・東洋大牛久高校との3校合同です。

 第1日 都立武蔵村山高校にて4校での練習試合

 合宿の1日目は、都立武蔵村山高校・神奈川県立霧が丘高校・埼玉栄高校・本校の4校で練習試合を行いました。
本校にとって武蔵村山高校と霧が丘高校とは初顔合わせです。 閉会 このゲームを明日からの練習に生かそう。 

 各校と1セットずつ回しながら対戦し、全部で10セット試合をしました。
どのチームもメンバーや戦術を変えながらのゲームでしたが、3セット取ることができました。
本校の部員達は、日頃の練習が試合ではどのような場面でどのように生きてくるのかを感じることができたのではないかと思います。

第2日・第3日 埼玉栄高校にて

 埼玉栄高校の体育館にて、東洋大牛久高校も加わり3校で行いました。
第2日は合同練習とポジションごとの練習 第3日は練習試合です。
 3校が集合し2日目の練習が始まりました。基本プレーを全力で。みんなの頑張りが刺激になる。 

 昼食は埼玉栄高校バレー部の保護者の方々が準備して下さいました。
夕食は川総バレー部の3年生と顧問が作りました。

埼玉栄高校の食堂でいただきました。こちらは狭霧館(合宿場)の食堂です。

第4日 川越総合高校にて

 いよいよ合宿も最終日 川越総合高校体育館で練習試合をしました。
 キャプテンがキャプテンらしくなってきました。 体育館に2面のコート。他の部活のおかげです。ありがとうございます。

 昼食後に、合宿終了のセレモニーを行いました。猛暑日があったり雨が降ったりしましたが、みんな元気に無事に終えることができて良かったです。この出会いを大切にそれぞれのチームでまた頑張って欲しいと思います。・・・ 明日から練習は休みとなりますが、練習再開の日が楽しみです。

 この合宿では、練習の指導をはじめ食事の準備や体育館の調整など、多くの方々にお世話になりました。たいへんありがとうございました。

晴れ 中学校との合同練習と学校説明会

7月29日(土) 本校の学校説明会の日です。
 午前中は説明会とは別に、三ヶ島中学校・高麗川中学校・宮前中学校のバレー部が来校し、合同練習を行いました。本校の部員がひとりずつに分かれ、5人くらいの中学生とグループを作って、日頃から行っている練習メニューに取り組みました。学校説明会に参加した中学生も暑い体育館に来て、部活動見学をしてくれました。多くの中学生が高校進学後もバレーボールをしてくれるといいなと思いました。
 午後は、説明会の会場で部活動についての紹介をさせてもらいました。

 体育館全面にコートを2面作って行いました。

 翌日の30日(日)は、久喜高校へ伺い飯能南高校、久喜のクラブチームの中学3年生、久喜高校さらに本校の4チームで練習試合を行いました。昼食をはさんで9セット対戦しました。ゲームの内容としては、もっと練習したいプレーがたくさんありましたが、一日にフルセット3試合分のゲームを最後までしっかりプレーできたことがよかったと思います。少し前だったら、午後の後半には疲れた顔になっていたのが、この日は最後まで頑張れました。夏休みに部活動を頑張ってきた成果が感じられる練習試合でした。

 効率よくアップをしてゲームに備える。 この日は体調不良のメンバーがいたので6人で戦いました。

晴れのち曇り 夏休み 校外合宿

1学期末の考査が終わってから、一気に練習のペースがあがりました。

 7月8日(土)には三ヶ島中学校を招いて合同練習、9日(日)には滑川総合高校との練習試合。
15日(土)には川越西高校へ伺い練習試合、さらに16日(日)は松山女子高校へ伺い合同練習と練習試合を行いました。
どこのチームも新チームとしてのスタートを切り、一生懸命練習している様子がうかがえました。
 本校のチームは2年生2名、1年生6名と少人数なので、合同練習や練習試合の機会を大切に取り組みました。

 そして夏休み 7月21日(金)から24日(月)まで、飯能南高校にて合同合宿を行いました。
初日と二日目は基本的なプレーを時間をかけて練習しました。
三日目は、両校の3年生や卒業生が連絡を取り合って集まってくれ、4つのチームを作って練習試合を行いました。

本校と飯能南高校の両チームが一緒に練習
両校の先輩チームが相手をしてくれました。
 
 1・2年生は、先輩と会えることをとても楽しみにしていました。また3年生は、6月の県大会以降も時々練習を見に来て、現在のチームの様子を気にかけてくれていました。またこうして校外合宿の会場にみんな揃ってもらえてとても有り難いと思いました。

 川越総合と飯能南 現役と先輩 4チームで行いました。 集合写真 1・2年生19名と多くの先輩方。
  
 この日は、午前・午後の練習時間にゲームをし、飯能南高校バレー部の保護者の方々が用意して下さった夕食をみんなでいただきました。1・2年生の部員より集まってくれた先輩の方が人数が多かったです。合宿棟の食事をする和室は、とても和やかは雰囲気でひとつのチームみたいな感じでした。保護者の皆様ありがとうございました。

 最終日は、午前練習をしっかり行い、片付けをして解散となりました。この4日間で両チームのメンバーは親しくなるとともに、気持ちの上でもプレーの面でも成長したと思います。まだ夏休みは始まったばかりですが、とてもよいスタートが切れたので、これから一層頑張っていきたいです。

晴れ インターハイ県予選 ベスト32

6月20日(火) 学総兼全国高校総体バレーボール大会 埼玉県予選

 本校は本庄総合公園体育館(シルクドーム)を会場に行われた県予選に出場、1回戦に勝利してベスト32となりました。

1回戦 山村学園高校

 1回戦は、本校と同じ川越市にある高校が対戦相手でした。
Lコートの第4試合ということで、ウォーミングアップやスカウティングをして準備をしていました。

 第1セット 25-7
 第2セット 25-19 セットカウント 2-0で勝利しました。
  
 1回戦 山村学園高校

 第1セットの立ち上がりは、日頃練習している連続ラリーをそのまま実行している感じでした。
自分たちのミスがほとんどない状態でゲームが進み、とても良いスタートでした。
 3年生中心のチームに2年生、さらに1年生がレギュラーとして入り、チームとしてしっかりまとまっていました。
 
 表のレフトがスパイク 裏のレフトがスパイク 頑張れ1年生
 
 第2セットは、徐々にリードを許し10-13のスコアーで給水のテクニカルタイムアウトを迎えました。
このタイムアウトでは、自分たちで声を掛け合い、そこから一気にペースが上がりゲームを決めました。
 タイムアウト中 また給水のテクニカルタイムアウト中

2回戦 小川高校

 同じコートの第3試合で小川高校が2回戦進出を決めたのを見て、ぜひ本校も初戦を突破したいと思いました。

 小川高校とは練習試合をしたことがありますが、支部が違うので支部の予選では対戦しません。いよいよ公式大会での初対戦となりました。
ユニフォームを替え、合同練習・公式練習とも気持ちの入った練習をし、いよいよ試合開始です。
 2回戦 小川高校 試合終盤にエースが打つ。

 第1セット 10-25
 第2セット  8-25 セットカウント 0-2で敗れました。

 第1セットから、本校チームの動きは良かったです。それでも相手のサーブに崩され思うような試合運びができませんでした。
長いラリーになっても、相手のミスが少なく隙がありません。少し前だったらうちのチームは根負けしていたと思いますが、強い気持ちでしっかりプレーできました。
 スコアだけ見るとワンサイドゲームですが、内容としては実力を発揮し力一杯戦うことができました。
最後は、レフトのエースが打ったスパイクを見事にブロックされ、床に飛んだボールが大きくバウンドしてゲームセットとなりました。
 試合を終えて
 ミーティング後にみんなで記念撮影をしました。
シルクドームのこの階段で、この黄色い旗を広げて写真を撮るのは二年振りでした。
当時1年生だった部員が3年生となり、同じポーズをしている姿を見て、この県予選に出場でき、しっかりプレーできたことを嬉しく思いました。

 保護者の皆様には、平日にもかかわらず大会会場への移動などご協力いただきありがとうございました。
また応援をありがとうございました。部員達は、日頃の練習の成果を発揮しとても良い試合になりました。
これからも川総女子バレー部として頑張っていきたいと思います。

晴れのち曇り 合同練習と練習試合

6月10日(土)
 本校に日高市立高萩中学校のバレー部のみなさんが来校し、合同練習と練習試合を行いました。本校チームには高萩中の卒業生がおり、後輩に頑張っている姿を見せる良い機会となりました。

6月11日(日)
 小川高校に伺い4校合同の練習試合を行いました。
しばらく前から小川高校とは練習試合を予定していましたが、先日の抽選会で20日のインターハイ県予選ではトーナメント表の同じ山に入ることになりました。そこで両チームは、1・2年生のチームでの対戦としました。
 また他の2校とは4セットずつ対戦しました。
メンバーと戦い方がだんだん固まってきた感じがします。

 先日のインターハイ西部予選のフォーメーションを、少し改善してこの練習試合に臨みました。
立ち上がりの1セット目は、お見合いしてボールを落とすシーンが見られましたが、その後はメンバーのコミュニケーションもとれるようになり、良くできたと思います。また相手チームの先生から、ワンポイントで技術面のアドバイスをいただいたり、実際にボールを出しながら指導をしていただきました。ありがとうございました。

晴れ 全国高校総体西部予選 県大会出場へ

6月1日(木) 学校総合体育大会兼全国高校総合体育大会西部支部予選 県大会への出場 を決めました。

 前回の関東高校バレー県予選の結果をもとに、西部支部からは県シード校7校・地区推薦校6校がこの予選を経ずに全国高校総体の県予選へ出場します。

 今日の予選では、29校が8校の出場枠をかけて対戦します。本校は第3シードとなりました。第1シードから第3シードまでのチームは、1回戦で勝ち上がってきたチームと対戦し、そこに勝てば県大会出場が決まります。

 本校は、坂戸ろう学校と対戦しました。

 第1セット 25-12
 第2セット 25-
 5  セットカウント 2-0で勝利しました。
 
合同練習から気持ちが入っていました。

 第1セットは、ややぎこちないプレーもありましたが徐々に調子が上がっていました。
この大会では、2・3年生に加え1年生もスターティングメンバーとしてコートに入りました。
4月から2ヶ月間、練習や練習試合をしてきた中で組んできたメンバーです。
 また練習試合どおりメンバーチェンジも行い、チームのみんなでしっかり役割を意識して臨むことができました。
  
いよいよ第1セット 笑顔でメンバーを送り出す。
 ポジションのチェックを受けて開始。

 第2セット スタートからミスが少なくプレーできているものの、リズムは今ひとつという感じでした。
  
第1セットも第2セットも、日頃から練習してきたプレーをしたい。
 この大会では熱中症予防として、各セット13ポイントとなったところで、30秒間水分補給の時間を取ります。
水分補給の時間は、タイムアウトではないので選手にアドバイスすることはできません。
スタッフはしっかり席について黙ってみんなを見守りました。
 
給水タイム中、スタッフは着席。みんな良い姿勢ですね。
  
 メンバーチェンジしてピンチサーバー登場。
 みんなの応援をもらってナイスサーブを打つ。

 2セット目の中盤、ピンチサーバーとしてメンバーチェンジ、このポジションで得点を重ねました。
メンバーチェンジで入ったプレーヤーがしっかりサーブを打つ・・・。ベンチの選手もみんな大きな声で応援しサーブを後押ししていました。

 この試合に勝利し県大会へ出場できることになりました。県大会までの期間は短いですが、さらにレベルアップして臨みたいです。
特に1年生・2年生は、3年生と一緒に練習できる時間を大切にして欲しいと思います。

 平日でお忙しいなか応援に来て下さった保護者の皆様ありがとうございました。
県大会に向けてさらに頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


 6月2日から4日まで

 関東高校バレー大会(埼玉大会)が行われました。
本校のバレー部は補助スタッフとして大会に関わることができました。開会式では、出場チームのプラカードを掲げる役を担当させていただきました。大きな大会に出場するチームを間近に見て、いろいろ感じたことがあったと思います。
   
        緊張しながらも良い経験ができました。

晴れのち曇り 大会直前の練習試合

5月27日(土) 飯能南高校にて練習試合を行いました。

 6月1日に全国高校総体西部支部予選を控え、この練習試合は大会直前の大事な機会となります。
3年生から1年生までの全員で、一番良いスターティングメンバーを組むとしたら・・・いろいろ考えながら行いました。
またメンバーチェンジも大会を意識したタイミングで行いました。

 練習試合をすると、日頃の練習とは違った部員の一面が見られます。それぞれのプレーヤーの持ち味を生かしながら、どういう戦い方をするのが良いかを練習試合の中で見極めたいところです。 
  
 セット前にプレーの確認 メンバーを変えながらポジションを試す。
  
 両チーム一緒にワンポイントレッスン。 夏用のチームウェア・・・みんな笑顔です。

5月28日(日)
 埼玉栄高校にて、蕨高校と三校合同の練習試合を行いました。

 昨日のスターティングメンバーで最初の1セットを戦いました。今まで練習している時間が一番長いので、このメンバーが安定感があるようです。
 埼玉栄高校と蕨高校とは、昨年・一昨年の県大会で対戦したり練習試合をしたことがあるチームです。しっかりプレーする相手に対し、自分たちのチームを試す良い機会となりました。セットを重ねるごとにメンバーやポジション、メンバーチェンジのタイミングなどを確認したので、直前に迫った公式大会での戦い方が見えてきました。

 午後からは、各学校がスターティングのチームに加え、もう1チームを作りコート2面でゲームをしました。
練習試合に来た全員がコートに立ち、プレーできて良かったと思います。

晴れ 練習試合 そして卒業アルバムの撮影

5月4日(木)
 小川高校を会場に、他県の高校を含む3校で練習試合を行いました。
ほとんどセットをとれませんでしたが、内容は徐々に良くなっているのを感じました。
3・2年生中心のチームに1年生も加わりました。1年生にはこういう機会を大切にして欲しいと思います。

5月9日(火)
 卒業アルバム用の写真撮影が行われ、バレー部もユニフォームを着て撮影してもらいました。
3年生だけのショット、さらに顧問が加わったショット、そして1・2年生も加わった全員でのショットと何枚も撮影しました。
「先輩、笑って下さい。」卒業アルバム用の撮影をしました。

 3年生を笑顔にしようと、みんなが笑わせるようなことを言ったり、変な顔をしたり・・・。とても賑やかで和やかな時間でした。
来週から中間考査となるため明日から練習は休みとなります。しっかり考査に臨み考査期間が終わったら良いスタートが切れるようにしたいと思います。

晴れのち曇り 練習試合をしました。

4月29日(土)・30日(日) 両日とも練習試合をしました。

 初日は県内の市民体育館のコート3面を使った練習試合に加えていただきました。
県内からは本校を含め3校、他は近隣の都県の学校5校です。関東大会レベルの学校が複数あり、私たちのチームがいままで対戦したことがないくらいのチームです。1セットずつ6校と対戦し1セットもとれませんでした。また得点が10点以下のセットが半分ありました。

 はるかに格上の相手との対戦なので、勝ち負けだけを考えていたら意味がありません。日頃練習してきたことを試すよう課題を持ちながら行いました。しっかり揃った高いブロックを逃げたり、簡単にサーブでポイントを取られたり・・・、それでも後半にはブロックを利用したスパイクが打てるなど貴重な経験ができました。
 緊張した場面になると気持ちが負けて実力を発揮できないプレーヤー・・・。こういう機会に気持ちを強く持つ経験をして欲しいと思いました。

  本校チームも加えていただき多くのチームと対戦しました。 みんな集まってプレーの確認をしました。 

 2日目は狭山経済高校に6校が集まり、そのうち2校は他県からの参加でした。対戦した5校のうち、初めての対戦は3校ありました。

 2日目の練習試合 この日も多くのチームと対戦しました。

 5校とそれぞれ2セット対戦します。体育館は2面のコートですから途中に昼食休憩をはさんで夕方まで行いました。
10セット対戦し、そのうち2セット取ることができました。
 前日の課題を確認してスタートしたのが良かったのか、1セット目の立ち上がりは良かったです。昨日の経験が生きていると思えるプレーがありました。

 後半には、ベンチスタートの3年生・2年生、さらには1年生までコートに立ちました。その様子を見ながら、これからのチームとしての戦い方をいろいろ考えることができました。また基本的なプレーができていない点などこれから行うべき練習についても考えることができました。
 2日間の練習試合はチームにとっても各プレーヤーにとっても有意義なものとなりました。

雨 春季大会西部支部予選

4月22日(土) 埼玉県春季高校バレー大会西部支部予選 初戦敗退でした。

 この大会は、関東高校バレー県予選と全国高校総体県予選の出場権がかかる大会です。本校は、新人戦の結果とシード順の抽選により第4シードとして大会に臨みました。
公式練習スタート。
1年生も練習のサポートに入りました。

 1回戦  川越南高校 
  第1セット 29-27
  第2セット  8-25
  第3セット 20-25  セットカウント 1-2で敗れました。

 川越南高校とは春休みに練習試合をしていたこともあり、相手の様子は分かっていました。
練習試合の内容のままでは、対戦しても1セットすらとれないと思いましたが、その後の練習でチームとして力が発揮できるようになっていたので、良い試合になると楽しみにしていました。
 入部した1年生も試合前の練習ではサポートとして動き回っていました。

 新監督の下、元気にアップをし試合に臨みました。
第1セットは、互角の立ち上がりであり中盤までシーソーゲームです。デュースになっても慌てずにプレーし相手のミスにも助けられてセットをとりました。練習試合と公式大会は違う雰囲気でした。

 続く第2セットは、最初から相手のペースで得点差がつき、大きくリードされました。タイムアウトで気持ちを切り替え次のセットにつながるプレーを心掛けたいところですが、そのままセットを落としました。
これだけの得点差でも、部員は動揺はしていなかったと思います。

 第3セット。また開始早々は相手にリードを許しましたが、徐々に追いつき中盤から取っては取られる緊迫した試合になりました。20-20から20-22。ここでタイムアウトを取り、最後の勝負です。
 しかしここからは相手優位のまま失点し、20-25でゲームを終えました。
エースがレフトからスパイク。
 その後、川越南高校は2回戦も突破しベスト8と県大会出場を決め、翌日の大会2日目へ駒を進めました。
大会を見ていて、一気に力をつけてきたチームがあったり、本校を含め実力差があまりないチームがいくつもあり、今後はさらに厳しい大会になるだろうと思いました。
 この予選に敗れたことで関東高校バレー県予選への出場は叶いませんが、学総兼全国高校総体県予選をかけた支部予選が6月1日に行われます。この大会で結果を出せるように一層頑張っていきたいと思います。

 当日応援に来て下さった保護者の皆様、ありがとうございました。

晴れ 新入生歓迎会での部活動紹介

4月12日(水)
 新入生歓迎会の中で部活動紹介を行いました。
バレー部は、日頃の練習内容より部員の仲が良い雰囲気を前面に出す内容だったと思います。
        
 部長がマイクを持ってバレー部の様子を話してから、ボールを使った紹介です。
対人レシーブをちょっとだけ披露し、あとはポールの先にボールをつけてレシーブ練習。
BGMにあわせて「バレー部来ない?」・・・ みんな笑顔で見てました。

 すでに見学当日から練習に参加した新入生も数人おり、これからの練習が楽しみです。

晴れ 年度末から新年度 新しい川総バレー部へ

 3月末の春休みは、みんな一生懸命、バレーボールに取り組みました。
27日は星野高校を会場に山村学園高校と三校で、28日は星野高校を会場に大宮光陵高校と三校で、29日は川越南高校を会場に坂戸西高校と三校で練習試合を行いました。
 合宿を行えるか検討した時期がありましたが、合宿と同じくらい内容のあるゲームができました。そして30日の練習が終わったところで、顧問の一人の先生が転勤することを発表しました。ギリギリまで指導して下さった先生の気持ちは部員みんなに伝わったことと思います。

 そして4月になって新しい先生をお迎えしました。毎年練習試合で対戦している高校の先生ですから、すぐに笑顔で挨拶です。
 指導している顧問の先生がかわっても、プレーするのはチームの生徒たちであり、指導のスタイルは違っても、プレーヤーのためチームのためを思っての指導をスムーズに吸収して元気に練習がスタートしました。
 生徒たちの態度を見ていて、急に心まで成長したと思いました。

8日には鶴ヶ島西中学校と、9日には山村国際高校と練習試合を行いました。いろいろなチームと練習試合をすることで、視野が広がりとても意味のある練習試合ができました。どこのチームもこの春休みに集中して練習し、春の大会に備えていることと思います。
 本校チームも、新3年生・新2年生になって気持ちを新たに「新しい川総バレー部」として頑張ります。
 10日の今日は、始業式と入学式が行われました。昇降口から出てきた新入生に各部の生徒たちが入部の勧誘をしました。バレー部も大きな声で勧誘をしていました。
 一緒にプレーする新入生がたくさん入部してくれるとうれしいです。

晴れのち曇り 埼玉県高校バレー新人大会へ出場しました。

2月3日(金)
 
埼玉県民総体 兼 県高校バレー新人大会が、本庄総合公園体育館(シルクドーム)を会場に行われました。
本校チームは1回戦で熊谷商業高校と対戦しました。

  いつもの部員9人と顧問です。
最近は、部員全員がベンチに入るので、スタンドで撮影する部員がいません。ゲーム中の写真を撮れずに、終わったときの集合写真ばかりです。

 地区予選が終わったら部員や顧問がインフルエンザにかかったりしましたが、その後はみんなしっかり練習に取り組んできました。チームの仕上がりも良かったので、この大会で自分たちのチーム力を発揮してくれればと期待していました。

結果は、
 第1セット 16-25
 第2セット 16-25 セットカウント0-2で敗れました。

 第1試合だったのでコートを使った合同練習を行いましたが、両チームともサーブのミスが多く、なかなか調子が上がりませんでした。・・・ 相手の攻撃的なサーブが入るようになると、うちのチームはサーブで崩され自信のないプレーが目立つようになりました。結局自分達らしいゲームを作れずに終わってしまいました。

 小柄なうちのチームは、高い打点からの力強いスパイクで勝負することなどできません。しっかりサーブを打ち、しっかり拾ってしっかり打つ・・・その中で、チャンスを見出していくチームです。日頃から各プレーヤーの持ち味が生かせるように考えながら練習していますが、その成果を相手のスタイルに応じて使い分けられる判断力が必要ですし、苦しくても競ることができる強い気持ちが必要です。そういう面ではまだまだでした。

 この大会で今年度の公式大会が終わりました。2年生は4月の春季大会そして関東予選・高校総体予選と、残された大会がわずかになってきました。心を鍛えることは難しいけれど、目標の達成に向けて一層頑張っていきたいです。

 保護者の皆様には、平日にもかかわらず会場への移動にご協力いただきありがとうございました。
また応援いただきありがとうございました。来年度4月の大会に、新3年生・新2年生が自信を持って臨めるようにこれからも頑張っていきたいと思いますので、ご協力よろしくお願いします。

晴れのち曇り 県大会直前 坂戸西との練習試合

1月29日(日)
 本校を会場に、坂戸西高校と練習試合を行いました。
両校とも2月3日からの新人大会県大会へ出場することから計画した練習試合であり、それぞれ目的を持って6セット行いました。セット間に修正を加えながらいろいろ確認することができました。
 残された月曜から木曜までの4日間で大会に向けた準備をしたいです。

晴れ 県民総体兼埼玉県高校バレー新人大会西部支部予選

1月14日(土)・15日(日)
 県民総体兼埼玉県高校バレー新人大会西部支部予選が行われました。
第6シードとして出場した本校チームは、県大会への出場権を得ることができました。

1月14日(土)
 大会初日、本校チームは日高高校が会場でした。気象情報どおりとても寒い一日でしたがみんな頑張りました。

1回戦 西武台高校 第1セット 25-14
          第2セット 25- 4  セットカウント2-0で勝利しました。

 特に第2セットは、サーブで相手を崩し有利に試合を進めることができました。
練習どおりに何本も続けて自分のサーブが打てていました。

2回戦 川越西高校 第1セット 25-15
          第2セット 25-19  セットカウント2-0で勝利しました。

 2回戦の方が、良いプレーができていました。普段から乱れたレシーブからあげたトスを打っていたことが試合に生きました。
ここまででベスト8が決まり、県大会への出場も決まりました
明日は3回戦です。ここで勝てば今まで経験したことがない西部支部のベスト4となります。

1月15日(日)
 2日目は、坂戸高校を会場にベスト8のチームとそのチームに敗れた8チームが集まりました。
9チームが県大会へ出場できるので、すでに県大会出場を決めたベスト8で戦う優勝決定戦と、そこに敗れた8チームが最後の1枚の切符を賭けて戦う代表決定戦の両トーナメントとなります。

3回戦 狭山清陵高校 第1セット   8-25
           第2セット  21-25  セットカウント0-2で敗れました。

 第1セットの立ち上がりは落ち着いており、互角に戦っているように見えました。・・・ それでもすぐに得点され、4-10 さらに4-16でタイムアウトをとりましたが相手の勢いは止まりません。
 相手にいくらか対応してきたのか、徐々にサーブカットやフェイントのカバーはあがるようになりましたが、なかなか得点できず大差でセットを失いました。
 第2セットは、追い上げて13-13、15-15と競り合いましたが、そこから数点はなされ、結局挽回できないままゲームセットとなりました。ゲームが終わったばかりの部員の表情はやや曇ったものでした。

 前日に県大会への出場権を得ているのでそれで満足してしまえば、今日の試合結果は簡単に気持ちの整理がつくのかも知れません。・・・ 県大会へ出場できるチームになって、ほとんどが西部支部ベスト8(5位表彰)であり、そこからもう1勝するということが本当に大きな壁であることを実感しています。

 まだまだ力不足ですが、目標を見失わずにこれからも頑張っていきたいです。
 
 大会5位の賞状と優秀選手表彰の賞状です。

 3回戦に敗れたところで5位の賞状をいただきました。
さらに決勝が終わってから西部支部優秀選手の表彰が行われ、本校チームから1名が表彰を受けました。
 毎日この9人で頑張った成果が発揮された大会でした。

 特別寒い日の大会となりましたが、保護者の皆様には連日応援いただきありがとうございました。

晴れ 冬休みの練習と練習試合

12月25日(日)
 星野高校を会場に、山村国際高校と3校合同の練習試合を行いました。
各チームと4セットずつ対戦し、メンバーやフォーメーションを変えながらいろいろ確認しました。日頃の練習がまだまだ身に付いていないと思いました。
 日頃、練習しているプレー内容にはどういう意図があるのかを、部員がしっかり理解できていないことが分かりました。この反省を次に生かして欲しいです。
 
28日(水)
 本校を会場に武南高校と練習試合を行いました。7セット行い守備のフォーメーションをいろいろ試しました。みんな動きについては理解できているようですが、十分に機能していないと思いました。

 29日から1月の3日までは年末年始のお休みです。

 そして年が明けて練習再開、1月7日(土)には所沢西高校に伺い練習試合をしました。
8セット行いました。立ち上がりは自分たちがやりたいプレー・日頃練習しているプレーをしていたと思います。セット数が多くなると、気持ちの切れるプレーが出るようになってしまいました。

 1月10日(火) 3学期の始業式
 冬休みが終わって、今日から学校が始まりました。そして今週末が新人戦の西部支部予選です。

晴れのち曇り 選手権大会県予選 第1シードとの対戦

11月13日(日) 全日本バレーボール高校選手権大会埼玉県予選

 さいたま市記念総合体育館 Dコートの第1試合で、第1シード校である川越市立川越高校と対戦しました。

 第1セット 7-25
 第2セット 5-25 セットカウント 0-2で敗れました。

 県大会の抽選会で市立川越との対戦が決まってから、生徒たちは気後れすることなく練習に取り組み、この日を迎えました。
本校チームにとってはどのチームと対戦しても格上の相手ですが、今回のように第1シードとの対戦は経験ありません。
 ネットをはさんだ相手がどのようなプレーをするのか、自分たちはどれだけ普段のプレーができるか、またそれが通用するのか ・・・・・ 生徒はいろいろな気持ちを持ってコートに立ったと思います。 
第1試合チームの合同練習。
試合後の記念撮影。
第1セット
 立ち上がりは失点するものの自分たちのプレーをしようとしているのが分かりました。でもそこからどんどん得点差が開き、自分たちのプレーをさせてもらえませんでした。やっと返したボールがぎりぎりライン際に落ちるといったラッキーなポイントもあり7点取りました。
 相手のサーブはしっかりコントロールされ、レシーバーの間や前を狙っています。サーブでこんなに崩されたことはなかったと思いました。

そして第2セット
 気持ちを切り替えて臨みました。しかし相手のサーブは今まで経験したことがないくらいの威力のあるものでした。
コースや回転など素晴らしく、何本も連続で決まりました。このまま第2セットがとられてしまうのではないかと思うくらいのサーブでした。
 一本だったらすごいサーブが打てるかもしれませんが、それをミスなく何本も打ち続けられることに驚きました。
このセット、5点を取るのが精一杯でした。

 本校チームとして、また1人のプレーヤーとして、高校バレーの最高レベルのプレーに触れることができ、きっと衝撃を受けたことでしょう。こういう機会を経験できたことはきっとこれからの部活動・高校生活、さらには将来に生きてくるものと思います。

 周りから見れば、私たちはシード校に当たった弱いチームだったと思います。しかし私たちにとっては、貴重な経験をさせてもらえた県大会でした。

 保護者の皆様には、会場移動へのご協力や応援をいただきありがとうございました。
部員数が少ないながらみんな頑張っていますので、これからもご理解とご協力をお願いいたします。

晴れ 新チームでの公式戦 県大会の出場権を得ました。

10月29日(土)・30日(日)
 全日本バレーボール高校選手権大会西部支部予選が行われました。
第8シードとして出場した本校チームは、県大会への出場権を得ることができました。


 10月29日(土) 川越西高校を会場に選手権大会西部支部予選(第1日)が行われました。

 本校は、3年生が残してくれた第8シードという位置で大会に臨みました。

1回戦 坂戸高校
第1セット 27-25
第2セット 25-11   2-0で勝利しました。

 第1セットは、リードしたりされたりしながらゲームが進み、デュースに。
ここからの頑張りで、ぎりぎりセットを取りました。このセットを落としていたら結果はどうなっていたか分からなかったと思います。
 第2セットは、中盤でサーブによる連続のポイントがあり、10点くらいのリードを保ったままゲームを取ることができました。
1セット目を競り勝ったことがポイントでした。

2回戦 川越西高校
第1セット 25-11
第2セット 25-20   2-0で勝利しました。

 第1セットは、両チームともラリーが続き、ラリーの末に本校チームがポイントを取ることが多かったです。
1回戦とは違うプレーヤーがサーブで相手を崩すなど、良いプレーができていました。
細かい点では、いろいろ気になる部分はありましたが、日頃のプレーができていたと思います。

 2回戦を突破したことでベスト8が決定です。

 10月30日(日)

 
西部支部予選の第2日 川越南高校が会場です。

 3回戦 聖望学園高校
第1シードの聖望学園高校との対戦でした。
第1セット 16-25
第2セット  7-25   0-2で敗れました。

 サーブで崩され、高いブロック・・・。正確なレシーブから、高く力強いスパイク。
強い相手に対して、思い切ってぶつかっていければ良いと思っていました。
弱気になりそうなところでも気持ちを入れて試合に臨むことができました。

 この試合に敗れたことで、代表決定戦へ進みます。
ベスト4に敗れた4チームのうちから3チームが、勝ち抜けで県大会の出場権を得ることになります。

 代表決定戦 入間向陽高校
第1セット 25-20
第2セット 12-25
第3セット 25-22  フルセットの末、2-1で勝利しました。県大会出場です

 入間向陽高校とは、公式戦でフルセットの戦いをしたり、練習試合に行ったり来てもらったりしているだけに、とても気合いの入るカードとなりました。
第1セットは点差が開かないままゲームが進み、わずかなリードを保ったままセットを取りました。
第2セットは、相手ペースの時間が長く、簡単にセットを失いました。
 そして迎えた第3セット。なんとなくフルセットのゲームになる予感がしていました。
両チームとも譲らずに得点が進み、20点を過ぎたあたりから一進一退の攻防でした。
 ゲームセットの瞬間、部員たちは大きな歓声を上げて喜んでいました。
整列したところで、役員の先生から5位の賞状をいただきました。

  
少ない部員でよく頑張りました。

 3年生引退直後のチーム事情を振り返ると信じられないくらいです。
少ない部員で練習してきた生徒たちは、いろいろ悩んだりみんなで相談してこの日を迎えました。
今回の結果がきっと大きな自信となることと思います。
 県大会まで2週間。さらに笑顔で頑張りましょう。

 お忙しい中、応援して下さった保護者の皆様、ありがとうございました。
また県大会に向けて練習していきますので、ご協力お願いいたします。

晴れ 川越市民体育祭 3位になりました。

10月9日(日)川越市民体育祭 バレーボール競技高校女子の部

 今年も川越運動公園総合体育館を会場に市民体育祭が行われました。
例年、市内の高校から8つの女子バレーチームが出場し、4チームずつの予選リーグを行い、その結果から優勝決定戦・順位決定戦を行います。前年度の優勝・準優勝チームが両リーグのシードとなります(本校は4位でした)。

2016市内大会 今年度、本校は予選リーグで2位となりました。そして別リーグで1位となったチームと対戦し敗れたため3位決定戦へ。この試合に勝利し3位となりました。
 優勝は、毎年市立川越高校ですがそれ以外の順位は、前年度とは大きく変わっていたように思います。それだけ各チームの状況は毎年入れ替わっているのでしょう。

 本校チームは技術的にもメンタル的にもまだまだと思っていましたが、今までの練習や練習試合の成果が現れてきたようです。きっと部員たちは、3位になれるとは思ってもいなかったでしょう。それは日頃の練習で、先輩チームのレベルまで達していないと感じていたからです。たしかにまだまだの部分はありますが、この大会の結果は自信になりました。

 閉会式が終わったところで記念撮影をしました。このチームでの記念撮影は初めてです。キャプテンが賞状を持つことができて良かったと思います。
 選手権大会西部予選まで約3週間。期間としては短いですが、今日できなかったことができるように、しっかり目標を持って練習したいです。

 お忙しいなか応援に来てくださった保護者の皆様ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

曇り 新チームのスタートです。

 6月の県大会を最後に3年生の部員が引退し、部員は11名となりました。
公式大会のコートに立った経験のある部員が少なく、小柄な部員たちなので、急にチーム全体のレベルが下がったように思いました。技術だけでなく体力や気持ちの面でもまだまだです。

 夏休みに入ってすぐに、技術講習会があり、本校からは2年生のセッターとリベロの2名が参加しました。8月になってからは上旬に、山村国際高校、入間向陽高校、朝霞高校と練習試合をしました。そして下旬には、坂戸西高校・滑川総合高校との3校合同、さらに川越西高校と対戦しました。
 今まで対戦したことのあるチームがほとんどですが、どこのチームもいろいろ考えながら練習をしていると思いました。試合結果は、ほとんどセットをとれなかったり互角に戦えたりと、各チームの状況はだいぶ変わっていると感じました。

 本校の場合、ひとつ・ふたつ前のチームの印象が強かったので、どうしても今のチームと比べてしまいますが、夏休みの始めと終わりを比べるとずいぶん成長したと思います。一番成長した点は、自分たちでしっかり練習して頑張っていこうという気持ちが強くなったことだと思います。

 2学期が始まり、新たな気持ちで頑張って欲しいと思います。
新チームとしてのデビューは、10月9日の川越市民体育祭、そして10月29日・30日の全日本バレー高校選手権西部支部予選です。

晴れのち曇り 全国高校総体バレー大会埼玉県予選

6月21日(火)
 本庄総合公園体育館において行われた全国高校総体バレー大会埼玉県予選(第1日)に出場しました。
本校チームは、1回戦 Hコート第1試合で大宮東高校と対戦しました。

 この県大会は、3年生最後の大会として臨みました。
この対戦が決まってから、強いサーブやスパイクを想定して練習してきました。
ノータッチでボールを落とすことがないように、少しでも上がったらみんなでつないで、エースが打つ・・・。
そういう気持ちでコートに立ちました。

 試合が始まると、やや緊張気味で弱気になっている様子でした。
徐々に日頃のプレーができるようにはなりましたが、相手との力の差は大きく点差が開いて第1セットが終わりました。
 第2セット、相手チームは選手を変えていたようですが、本校チームは第1セットと同じベストメンバーで戦いました。
セット途中のタイムアウトで気持ちを入れ直し、マッチポイント直前で3年生のピンチサーバーを投入。
このポジションで得点し、15点まで取ってゲームを終えました。

 第1セット  9-25
 第2セット 15-25
 セットカウント0-2で敗れました。

 
 3年生・2年生に混じって1年生もベンチに入りました。   エースのレフトからのスパイク、ブロックの間を狙う。

 本校の女子バレー部は、昨年度の春に40数年ぶりに県大会への出場を果たし、この大会まで毎回県大会へ出場することができました。
特にそれまでは、練習試合で良い結果を出せても、公式大会でシード校の壁が厚くなかなか突破することができませんでした。
その壁を破った昨年度の3年生が卒業し、一緒に頑張った当時の2年生が、この大会で引退となりました。
輝かしい部の歴史を作った部員たちが、みんなバレー部を卒業していったことで、大げさですがひとつの物語が終わった感じがします。

 先輩の気持ちを受け継いだ2年生・1年生が新しい川総バレー部として、新しいページを刻んでいって欲しいと思います。

    3年生と一緒に笑顔で記念撮影をしました。

 保護者の皆様には、平日にもかかわらず会場移動へのご協力や応援をいただきありがとうございました。
3年生の引退で寂しくなりますが、また頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

晴れのち曇り いよいよ県大会が迫ってきました。

 4月の西部支部春季大会で出場権を得た『全国高校総体埼玉県予選』が21日に迫ってきました。

 5月の関東高校バレー大会県予選が終わってから中間考査があり、いくらか練習が休みになりました。考査明けから気持ちを入れて練習再開です。

 5月29日(日)には、本校を会場に山村国際高校と、また6月5日(日)には川越西高校に来ていただいて練習試合を行いました。
 本校が山村国際高校と練習試合をするのは本当にしばらくぶりということで、現在の顧問にとっても、もちろん生徒たちにとっても初めての練習試合でした。メンバーを変えながら7セット行いました。
 川越西高校とは昨年までは定期的に練習試合を組んでいましたが、今回は半年ぶりくらいでしょうか。川越西高とも7セット対戦し、最終セットは両チームとも1年生をメンバーに入れたりメンバーチェンジをしたりしました。内容としてはまだまだですが、コートに立つことで練習へのモチベーションが上がることでしょう。

 どのチームも1年生を迎えたことで活気があり、この時期に1年生が3年生と一緒に練習できることを大切にして欲しいと思いました。

 21日まであとわずか、良いコンディションで当日を迎えたいと思います。

曇り 関東高校バレー大会県予選へ 

5月7日(土) 関東高校バレー大会 県予選

 1回戦 埼玉栄高校と対戦 セットカウント0-2で敗れました。


 昨年度に続き、この県大会に出場できました。会場も同じ蓮田市総合市民体育館(パルシー)です。昨年度はこの会場で1勝できたので、今年のチームも頑張ってくれるだろうと期待していました。また支部予選後の2週間でチームの状態は良くなっていたので楽しみにしていました。対戦すると・・・。

 埼玉栄高校 第1セット  13-25
       第2セット  21-25  セットカウント0-2で敗れました。

 埼玉栄高校とは3月中旬に練習試合をしていました。そのときは1セットもとれなかったものの、お互いチームのコンディションは万全ではなかったし、あれから1ヶ月半くらい経過しています。それだけに格上の相手であっても、自分たちの試合運びができれば良いゲームになるだろうと思っていました。

 第1セットは、序盤の立ち上がりで相手のミスもあり、リードしました。しかし相手のタイムアウト後、すぐに逆転されると自分たちのミスが重なってセットを落としました。弱気のスパイク、不安そうなプレーが目につき、自分たちの力を発揮できる状態ではありませんでした。

 県大会でのレフリーの笛は、支部予選の時よりやや厳しく両チームとも幾度か吹かれました。ベンチから見ていて、このくらいの厳しさを予想していたので心配するほどではありません。生徒もなぜ吹かれたのかを理解できているのが分かりました。日頃の練習から基本的なプレー技術をしっかり身に付けることの大切さを、改めて感じたことと思います。

  
試合開始の整列。 
 エースがレフトから打つ。
 第2セットは、開始早々にややリードしましたがすぐ追い越され、ほとんど差がない状態でスコアーが進みました。・・・そのまま挽回することなくゲームセットとなりました。ピンチになったとき挽回するだけの精神力はまだ育っていないと思いました。

集合写真には、1年生も加わりました。

 日頃の練習や練習試合の内容からもう少し強い気持ちでプレーできるかと思っていましたが、自分たちに自信がないのでしょうか。試合を意識した練習をしっかり行いたいと思いました。6月には全国高校総体の県予選が待っています。気持ちをリセットしてまた頑張りたいと思います。

 遠い会場に応援に来て下さった保護者の皆様ありがとうございました。

バス 校外の体育館で一日練習

5月3日(火)
 この日は県大会を想定して、学校外の体育館をお借りし一日練習を行いました。
この体育館は、春休みの合宿でお世話になった施設の体育館です。
合宿からちょうど1ヶ月がたちましたが、この間に新入生を迎え春季大会の予選へ出場し、ずいぶん時間が経過した感じがします。生徒は、使い慣れたコートのようにのびのびと練習に取り組みました。1年生も一緒に練習できたことは、きっと良い思い出になることでしょう。
 この体育館はぎりぎり2面とれる広さですが1面の仕様で使いました。フロアを広く使い、県大会のイメージで練習できました。
 
  
       いつものアップからスタート      4人ずつのチームになってボールを使ったリレーゲーム

 特に感じたことは、後衛のプレーヤー間の連携がスムーズになったことです。各プレーヤーの正面に来たボールはそこそこ上がっていましたが、プレーヤー間のボールを拾うときに課題がありました。それが少しずつ改善できたように思います。ぎりぎりあげたボールをつなげるように、先を読めるといいですね。

     リベロとバックライト・バックレフトとの連携        リベロがバックアップに動く。

 7日(土)・8日(日)は、いよいよ関東バレー大会県予選です。自分たちのチームカラーで試合に臨んで欲しいと思います。

晴れ 春季西部支部大会・・・2勝して県大会へ

4月23日(土)・24日(日)の2日間、埼玉県高校バレー春季西部支部大会が行われました。

 この大会は、関東高校バレー大会埼玉県予選会への出場をかけて行われました。
私たちの西部支部からは、県のシード校になっている4校とこの予選で勝ち残ったベスト8のチームが県大会へ出場します。

 本校チームは第8シードとして試合に臨み、2勝して県大会への出場を決めました。

23日 会場:志木高校
 1回戦 坂戸ろう学校
  第1セット 25-4
  第2セット 25-9 セットカウント2-0で勝利しました。
第1試合前の合同練習時間 コートを大きく使ってレシーブ練習。

 坂戸ろう学校は、高体連の大会へ初めて出場したとのことでした。
私たちは日頃のプレーができるように、しっかり動くことを心掛けて臨みました。

 2回戦 坂戸高校
  第1セット 25-15
  第2セット 17-25  フルセットの末、
  第3セット 25-20  セットカウント2-1で勝利しました。

 この2回戦に勝ったことでベスト8となり県大会出場が決まりました。
明日は3回戦で第1シード聖望学園高校と対戦することになります。 
 
 円陣を組んでからハイタッチ・・・気持ちをひとつにして臨む。


24日 会場:朝霞高校
 3回戦 聖望学園高校
  第1セット 25-23
  第2セット 14-25  
  第3セット 20-25 セットカウント1-2で敗れました。

        3回戦 聖望学園高校のブロックにエースが挑む。             5位の賞状をいただきました。

 この大会の第1シード校との対戦となりました。
第1セットの序盤は両チームともやや乱れている感じでしたが、すぐに本気モードへ。日頃の練習の成果を感じるプレーが多く出て、接戦の末、このセットをとりました。続く第2セットは、レシーブなど拾い負けしていないものの、徐々に点差が開きました。相手のトス回しに本校のブロッカーが振り回されるのを見て相手はよく練習していると思いました。10点くらい差が付いて第2セットを落としましたが、気持ちをきっぱり入れ替えて第3セットに臨みました。
 序盤まで互角の戦いだったと思います。そこから5点ほど差が開いたものの、気持ちが切れることなく最後まで自分たちが練習してきたプレーでしっかり戦うことができました。 
 第3セットが終わったところで賞状をいただき、みんな笑顔で挨拶をしました。大会でこういう笑顔ができるのはとても幸せなことだと思います。また練習の成果が発揮できた部分と今一歩だった部分をきっと感じたことでしょう。
 予選を突破して、2週間後に関東高校バレーの県予選へ出場です。
明日からの2週間でひとつでも成長して大会に臨めるようまた頑張って欲しいと思います。

 2日間にわたり大会の応援に来て下さった保護者の皆様ありがとうございました。

晴れのち曇り 新入生歓迎会での部活動紹介 そして練習試合

 新学期が始まり、12日には新入生歓迎会が行われました。そのなかで部活動紹介があり、女子バレー部はパスなどのプレーと入部を歓迎するパフォーマンスをしました。
 
 その後、練習の見学に来る新入生が数人・・・。今年の入部は少ないかなと思いました。
20日に部活動一斉ミーティングが行われ、新入生から入部届、2・3年生から在部届が提出されました。1年生の入部は3人でした。1年生を迎え16人での練習がスタートしました。

 前後しますが、17日(日)入間向陽高校に伺い練習試合を行いました。
2日後には代表者会議での組合せ抽選があるので、本校チームにとっては数少ない練習試合です。練習試合で試合経験を積む必要もあると思いますが、今のチームにはチーム練習の方が大切と思い練習試合はほとんど組みませんでした。
 結果は引き分けという言葉がピッタリでした。ですからどちらのチームも良い面と悪い面、課題が確認できました。お互いに公式戦では対戦したくないと思いました。

19日(火)代表者会議です。
 本校チームは、新人大会などの結果から第8シードとなりました。思い返すと昨年のチームも春季大会第8シードから結果を残すことができました。
23日(土)・24日(日)の大会に日頃の実力が出せることを期待しています。 

晴れ 春合宿を行いました。

 4月2日(土)~4日(月)合宿を行いました。

 昨年度は校内で合宿を行いましたが、食事を自分たちで準備したり体育館使用は他の部との調整で昼休みが3時間近くあったりと、いろいろ不都合がありました。そこで今年は校外に出ることにしました。それでもあまり遠いところでは交通費や移動時間が負担となります。そこで県内の近いところで行いました。
 近いということで朝の集合は駅に8時前。合宿先に着いてから準備をし、9時には練習が始められました。これだったら学校で行っているくらいです。
 午前練習は12時まで行い、10分後には昼食が始められます。食事をとってから13時30分には午後練習開始。夕食を18時15分にいただき、夜間練習は19時から21時まで、続いてミーティングをして終了です。ミーティングでは顧問の話を聞いてから課題をもらい、寝る前に完成させて提出としました。
 翌日は6時に起床し、6時30分から早朝練習・・・7時15分から朝食をいただき、8時20分から午前練習開始です・・・。校内で行っていたときに比べ、びっしりとバレーボール漬けの生活となり、このような生活を2泊3日で行いました。

 この間、宿泊施設は熊谷市で行われていた全国高校選抜ラグビー大会に出場する関西の学校と一緒でした。50人近い部員はみんな、知らない私たちにも大きな声で挨拶をしてくれ、素晴らしいと思いました。食事は私たちの3倍くらい食べ、夜は9時に消灯・・・本当に全国大会に勝ちに来ているという雰囲気がヒシヒシと感じられました。このような雰囲気の中で校外合宿が行えたことは、きっと本校の部員にも良い刺激になったことと思います。
 
    
 もう少し守備範囲を広くするようにレシーブ練習  ランニングが終わった後の充実した表情 春の「TOMORROW」

 このメンバーだけで合宿するのはこれが最後となりますが、夏合宿の時に比べたらみんな、技術面・精神面ともに成長したと思いました。きっと一人一人の部員は、この合宿でいろいろなことをつかんだと思います。それを明日からの練習に生かさなければなりません。
 春休みが終わるとすぐに新入生を迎え、4月の下旬には大切な春季大会があります。この大会で結果を出せるように毎日の生活、そして練習を充実させて欲しいと思います。

晴れのち曇り 新人大会を終えてから

 県民総体兼新人大会への出場を果たしましたが初戦で敗退し、さらに頑張ろうと気持ちを新たにしました。それでも2月の後半は学年末考査、3月初めは高校入試により練習できない日が多かったです。
 3月12日(土)には卒業式が行われ、バレー部の新しい歴史を作った3年生が卒業していきました。

 翌日の13日(日) 星野高校を会場に埼玉栄高校との3校合同の練習試合を行いました。
各チームがそれぞれ2セット対戦して昼休み、さらに午後も2セットずつ行いました。
結果は星野高校とは互角の戦いでしたが、埼玉栄高校からはセットをとれませんでした。どこのチームもメンバーを入れ替えながら行いましたが、力の差はハッキリしていました。本校チームは今までのポジションやメンバーを変えようと考えていたので、いろいろ試す機会となりました。また個々のプレーヤーも自分の課題をハッキリ意識したことでしょう。

 27日(日) 春休みに入ったばかりですが、群馬県へ行ってきました。
本校は農業と家庭を中心とする総合学科(20年前までは農業高校でした。)ということで、群馬県の農業関係高校の女子バレー部が集まる大会へ出場しました。参加校は、群馬県:勢多農林高校・大泉高校・安中総合学園高校・藤岡北高校・富岡実業高校・利根実業高校・新田暁高校 栃木県:小山北桜高校 埼玉県:羽生実業高校・川越総合高校 以上の10校でした。

 試合は抽選で5校ずつの予選リーグを作りそこで順位を決め、両リーグの同じ順位のチームで順位決定戦をするという方法で行いました。本校チームは大泉高校に敗れ予選リーグ2位、順位決定戦で利根実業高校に勝利し3位となりました。
 農業関係高校でバレーボールを一生懸命練習しているチームがたくさんあることを知ってとても刺激になりました。また他県への遠征ということで、生徒はだいぶ早起きをし、保護者に駅まで送ってもらうなどして始発電車に乗って大会会場へ集まりました。そういう条件であっても試合となったら自分たちの日頃のプレーを出せるように、強い気持ちを持つ ・・・・・ 、そういう経験をすることができたと思います。日頃の練習でBチームに入っている部員も、その多くがこの日のコートに立ちました。Aチーム入りしたいという強い気持ちをこれからの練習で見せて欲しいと思いました。

曇り 埼玉県高校バレー新人大会 まだまだ力不足でした。

2月8日(月)県民総体兼埼玉県高校バレー新人大会
 本庄総合公園体育館Cコート第5試合 

1回戦 対:蕨高校
 第1セット 23-25
 第2セット 15-25 セットカウント 0-2で敗れました。

みんなで手をつないで 蕨高校に挑む

 第1セットを見る限りでは、それほど力の差はないように見えました。
得点と失点を繰り返し、点差は開かないまま終盤に・・・、セットはとられてもプレーヤーの表情は明るかったです。
自分たちの動きはできていたので、次のセットをとってフルセットに持ち込みたいとみんなが思っていました。

 
       リベロのレシーブ。         そこから二段トスをレフトに。

 しかし第2セットが始まると、ジリジリと相手のサーブに崩されてしまい、自分たちのリズムを作れませんでした。
自分たちのサーブカットの実力が、相手のサーブに及ばなかったのが一番の敗因でした。
今までサーブとサーブカットが課題であることを意識して練習してきたものの、まだまだ実力不足であったことをみんなが実感しました。

 この大会は、西部支部予選が終わってからみんなで頑張って臨みました。
本校でインフルエンザが流行ってしまったときも、健康管理に気をつけようとみんなマスクをし、手洗いうがいを励行し、そのおかげか一人も健康を害することなくこの日を迎えました。
それだけでも良かったと思いますが、部員たちはこの大会に強い気持ちで臨んでいました。


 試合後、カメラマンによる撮影が終わったところで、私のカメラで撮影をお願いしました。
そこにはいつも笑顔で写真に写る部員たちが悔しそうな表情で写っていました。
きっと悔しかった思いが次のステップにつながると信じています。

 平日の大会にも関わらず、遠い会場へ応援に来ていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

晴れ 新人大会西部予選 県大会への切符

1月23日(土)・24日(日) 県民総体兼高校バレー新人大会西部支部予選
 
 新人大会の予選が行われ、県大会への切符、最後の1枚を手にすることができました。
この大会は、どの高校も1・2年生のみで編成した新チームでの出場となります。

 第1日 会場 坂戸西高校

1回戦 山村学園高校
 第1セット 25-17
 第2セット 25-15  セットカウント2-0で勝利しました。

 ややスローな立ち上がりで始まりました。相手が乱れたりして変則的になったとき、少し慌てるシーンがありました。
それでも徐々に調子が上がって、ゲームを取りました。

2回戦 坂戸西高校
 第1セット 21-25
 第2セット 19-25  セットカウント0-2で敗れました。

 2回戦は、冬休みに練習試合をした相手とです。お互いが相手の状況を分かっていたわけですが、相手チームへの対策を練って臨むほど本校に力はありません。日頃から練習してきたプレーで勝負する気持ちで臨みました。
 第1セットは相手のサーブミスに助けられたものの、自分たちのプレーが単調になってしまいセットを落としました。そして第2セットは、中盤までリードしていました。しかし相手がタイムアウトをとってから、サーブで崩されストレートでの負けとなりました。今までの大会は、初対決みたいな対戦が多かったので、お互いを知っているチームと戦う難しさを実感しました。

 2回戦で敗れたため、ベスト8を逃し県大会出場の切符はもらえませんでした。しかしあと1チームだけ出場できる枠があります。2日目は、ベスト16の8チームのうち勝ち残った1チームだけが県大会に出場できるという可能性にかける試合となりました。

  第2日 会場 坂戸高校

代表決定1回戦 所沢商業高校
 第1セット 25-14
 第2セット 25-17  セットカウント2-0で勝利しました。

 立ち上がりはやや緊張気味だったのか、動きが悪く心配でした。余裕を持ってやれば良いシーンでも自分たちで難しくしているように思いました。それでも何とかゲームを取ることができました。このゲームは第4試合であり、午後1時を回ってからの開始だったので気持ちを高めて臨むことが課題だと思いました。

代表決定2回戦 星野高校
 第1セット 19-25
 第2セット 25-18
 第3セット 25-19  セットカウント2-1で勝利しました。

 星野高校も冬休みに練習試合をした相手です。練習試合での課題などを意識して臨みました。
練習試合の時と同じように接戦でしたが、2セット目の途中あたりから本校チームの動きが良くなった感じがしました。
 ブロックに付かれてもエースが粘り強くスパイクを打ってみんなを引っ張り、ゲームを取りました。

代表決戦3回戦 川越女子高校
 第1セット 25-12
 第2セット 25-23  セットカウント2-0で勝利しました。

 いよいよ最後の試合を迎えました。このゲームを取ると県大会です。
立ち上がりはとてもよく、互角の戦いができていたと思います。本校にとっては日頃の練習を再現するようなゲームとなり戦いやすく見えました。1セット目は、相手のミスなどを誘い優位に進めて取りました。
 2セット目は、リードしていたものの中盤で追いつかれ逆転・・・。シーソーゲームで進行し22-23でタイムアウトをとりました。
ここから一気に得点して勝利することができました。

 しばらく前であれば、一日に3試合戦ったら、きっと3試合目は実力が発揮できなかったと思います。ぎりぎり県大会出場を決めたわけですが、とても意味のある内容となりました。
坂戸西高校との2回戦 
星野高校 代表決定戦の2回戦
 
最終戦で各チームが見ている中で試合を  川越女子高校との対戦 これに勝てば県大会
    小柄なセッターが力強いトス
センターからも重いスパイクを
  試合が終わって優秀選手表彰 2名が受賞しました。
右が3年生 前チームのキャプテンです。おめでとう。 

 試合が終わってから、西部支部の優秀選手の表彰が行われました。本校からは2名の選手が表彰を受けることができました。
3年生の前チームキャプテンと現チームのキャプテンを真ん中にして記念撮影をしました。
 いろいろあった新人大会の予選でしたが、終わってみればとても意義のある大会であり、部員みんなが思い出に残る大会だったと思います。

 今回も多くの保護者の皆様に応援いただきありがとうございました。寒い体育館での連日の応援はとてもありがたかったです。2週間後の県大会までにさらにレベルアップを図って臨みたいと思いますので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

晴れのち曇り さらに 練習試合

12月25日(金)

 星野高校へ伺い、練習試合を行いました。同じ川越市内の高校なのに練習試合をするのは初めてです。この日もスターティングメンバーで対戦し、途中からメンバーチェンジをしながら7セット行いました。
 相手チームが変わると攻撃のスタイルや攻め方が変わり、本校チームとしてとても良い練習試合となりました。相手のプレーヤーが本校チームのどこをどのように攻撃してくるか身をもって体験することで、自分たちに足りないものを知ることができると思うのです。
 またサーブを打つにしてもただ入れるだけでなく、どこを狙ったらよいかをその場に応じて各プレーヤーが考えられるようになってほしいと思いました。さらに狙ったところに勝負できるサーブがしっかりコントロールできるようになってほしいです。

12月26日(土)

 この日は午後、本校にて坂戸西高校と練習試合を行いました。
6セット行い、とったりとられたり・・・という内容でした。
昨日とはまた違ったスタイルのチームだったので、意味のある練習試合となりました。練習試合でできなかったプレーを日頃から意識して練習に取り組むことで、チーム力をあげていければ良いと思いました。

平成28年1月4日(月)

 年末年始の休みをとり、いよいよ今日から新年の練習が始まります。
練習初めの今日、今年の目標を胸にみんなで・・・・・。 

晴れのち曇り 新人大会に向けて 練習試合

12月23日(水) 天皇誕生日

 本校を会場に入間向陽高校と練習試合を行いました。入間向陽高校とは、公式大会でも練習試合でも年に数回は対戦する高校です。特に10月末の選手権大会西部予選では、初戦で入間向陽高校と対戦し、フルセットの末勝利しました。本校が会場校だったのでまさにそのときのゲームを思い出すような練習試合となりました。

 内容としてはセットを取ったり取られたりでした。本校チームは選手権大会県予選の頃からのスターティングメンバーで試合に臨みました。そして途中のセットからはメンバーを変更し、さらにメンバーチェンジもしながらセットを重ねました。
 よく「練習でできないことは試合でできない」と言います。ベンチで見ていて「練習でできないプレーが試合で出てしまい、流れを切ってしまう」ことを実感しました。みんなが得意なプレーだけをつないで試合ができるのだったらそれを伸ばせば良いと思いますが、苦手なプレーの克服も同じくらい重要であり、苦手なプレーから逃げないで練習に取り組むことが大切だと思いました。

 いよいよ25日から冬休み。この短い期間ですが数校との練習試合と普段の練習をとおして、1月末の新人大会でその成果が発揮できるように頑張っていきたいです。

ノート・レポート 技術講習会選抜の部 1年生が参加

11月21日(土)
 富士見高校にて技術講習会選抜の部が行われました。
7月の技術講習会で選ばれた選抜選手の候補(2年生)と技術講習会に参加した1年生が集まりました。
 本校からは1年生が1名、育成選手の候補として参加しました。

   1年生チーム間での対戦 うちのプレーヤーは左から3番目。

 他校から1年生の代表となるような選手が集まった中で、3チームを編成しゲームが行われました。そのなかで育成選手の選考が行われるわけですが、他校生とチームを組んでプレーをすることはとても良い刺激となったことでしょう。
 公式大会などで顔を合わせることもあるでしょうが、同じプレーヤーとして切磋琢磨する関係が作れたらとても意味があると思います。みんな自分のチームに帰って頑張って練習していることを、自分の励みにしてほしいです。

晴れ 選手権大会県予選 頑張りました。

11月17日(火) 全日本バレーボール高校選手権大会県予選
 この大会には、県シード校8校を含む32校が出場しました。本校は岩槻文化公園体育館を会場に、第5シードの花咲徳栄高校が対戦相手となりました。

 10月30日・11月1日の西部支部予選で県大会への出場が決まってから約2週間が経ちました。短い期間でしたがとても充実した練習ができ、みんなひとまわり成長したような感じさえしました。また部員全員が体調を崩したり怪我をすることもなくベストなコンディションで当日を迎えることができました。ところが・・・・・。

1回戦  花咲徳栄高校
 試合前の合同練習中に、センタープレーヤーが足首を痛めてしまいました。みんなが動揺する中で普段からメンバーチェンジしている選手がそのままセンターポジションに入り、公式練習に入りました。このような状況でみんなの気持ちは一つになっていたと思います。

 第1セット 25-23
 第2セット  8-25
 第3セット 15-25   セットカウント 1-2 で敗れました。

 部員は、対戦相手がどんなチームかは関係なく、自分たちの日頃のプレーが出せることを誓ってコートに立ちました。第1セットはしっかりとした立ち上がりで、ほぼ互角の試合となりました。セッターが初めてのブロックを決めたり、サーブやスパイクもしっかり打てていました。19-19で相手がタイムアウトをとったときには、本校チームに勢いがありました。お互いが得点を重ねても挑戦者らしくのびのびと戦いセットをとりました。
レフトから打つ。ブロックされても拾って打つ。

 第2セット セット間に相手チームはダッシュをしたり・・・気持ちを入れてきているのがはっきり分かりました。
本校チームは実力を発揮していたと思いますが、相手のサーブで崩され、ゲームを作れませんでした。

 そして迎えた第3セット 相手も気合いが入っていましたが、本校チームも負けていません。・・・それでも相手のサーブとアタックで失点を重ねました。強いサーブが拾えず、本校チームが乱れていると速い攻撃や強打で攻められ、ずるずると点差が開いていきました。それでも気持ちが切れることなくゲームが終わるまでしっかりプレーできました。
 県大会で一勝するためには自分たちは何をすれば良いのかいろいろ考えて練習に取り組んで欲しいと思いました。
 平日にもかかわらず、遠い会場に応援に来て下さった保護者の皆様、ありがとうございました。相手の応援が大勢いる中、大きな声と拍手で応援していただきとても心強かったです。
 この大会での経験は次の新人戦に向けてきっと大きな励みになると思います。これからもよろしくお願いします。
 
 花咲徳栄高校の監督に怪我をした部員の応急処置をしていただいきました。たいへんありがとうございました。      

晴れ 新チームでの公式大会、県大会出場へ

10月31日(土)、11月1日(日)
 全日本バレー高校選手権大会の西部支部予選が行われました。本校チームは、3年生引退後、初の公式大会で県大会への出場を決めました。

10月31日(土) 予選第1日は3会場で行われ本校も会場となりました。
 自分の高校が会場になったので朝早く集合し、前日準備した会場でネット張り。そしていつもの練習のようにウォーミングアップからパスまで行いました。8時から30分間は、第2・第3試合のチームがコートを使った練習ができるので、対人レシーブから6人がコートに入ってのレシーブ、スパイクとサーブまでを行いました。こうしてアップができるのは会場校としてのメリットといえると思います。

1回戦 入間向陽高校
 第1セット 26-24
 第2セット 18-25
 第3セット 25-14 セットカウント2-1で勝利しました。

 第1セットの立ち上がりはお互いのミスが多い内容でした。点差があまり開かないまま終盤を迎え、22-24から挽回してセットをとりました。第2セットも同じような内容でした。弱気になったプレーでミスをしたり、離れたアタックにブロックが跳んでレシーバーが守りにくくなったり・・・その結果、セットを落としました。ここまでの内容では両チームとも互角だったと思います。
 第3セット 序盤でリードし13-6でコートチェンジ。そのまま進行してゲームを取りました。
結果としては勝利しましたが、まだまだできないプレーたくさんあり心配な立ち上がりでした。

2回戦 山村国際高校

 第1セット 25-16
 第2セット 25- 3 セットカウント2-0で勝利しました。

 序盤からリードし自分たちのプレーができるようになりました。特に第2セットではサーブで試合を有利に進めることができました。リベロプレーヤーが広く守りしっかりセッターへ返せていたと思います。
 会場校の強みで、野球部と男子テニス部、引退した3年生の部員、また保護者の方々も応援に来てくださいました。


11月1日(日)
 予選第2日は、ベスト8のチームが川越南高校体育館に集まり対戦しました。今回の西部支部予選では県シード校が3校、そしてこの予選で7校の県大会出場が決まります。

3回戦 秋草学園高校
 第1セット 11-25
 第2セット  9-25 セットカウント0-2で敗れました。

 第1セットは相手の雰囲気からか自分たちのプレーができないままとられました。自分たちのチームより格上であることはわかっているのだから、もっと割り切ってやれば良いのにと思いました。大きい相手・強い相手と対戦するときには無意識に逃げるようなプレーをしたり、無謀にも正面からぶつかってシャットアウトされたりするものです。自分たちのできるプレーをしっかりして、繋いでしぶとく戦うことができませんでした。
 そのような中でサーブが不得意で練習していたプレーヤーが、練習通りのサーブを続けて打てていたことはチームメイトへのお手本になっていたと思います。

 3回戦に敗れたことで、代表決定戦に進むことになりました。代表決定戦は、ベスト4に負けた4校、ふじみ野高校と本校、和光国際高校と朝霞高校が対戦し、勝ったら県大会出場。敗れた2校がさらに対戦し勝ったチームが県大会出場となります。

代表決定戦 ふじみ野高校
 第1セット 22-25
 第2セット 21-25 セットカウント0-2で敗れました。

 一生懸命やろうとしているものの自分たちのプレーができませんでした。
本校のプレーヤーは、カットのうまい選手にサーブを多く打つなど、試合の進め方に経験不足を感じました。サーブ1本打つにしても、相手のフォーメーションの特徴をつかんでどこにどんなサーブを打ったら良いのかを一人一人が考えられるようにならないといけないと思いました。

代表決定戦 朝霞高校
 第1セット 25-23
 第2セット 25-18 セットカウント2-0で勝利、県大会出場が決まりました。

 この試合は西部支部予選の最終ゲームとなり、他校の選手や顧問の先生方が見守る中で行われました。内容はともかく、新チームになってからの日々の練習の成果がこの結果となりました。


 6月に引退した先輩チームの活躍でこの大会は第4シードとなりました。今まででは考えられないポジションです。その先輩が連れて行ってくれた県大会に今度は自分たちの力で出場できることになりました。出場は決まったものの、この予選でできなかったプレーを一つでも多く修正して県大会に臨みたいと思います。
 日頃からお世話になっている方々をはじめ、応援に来て下さった保護者の皆様にお礼申し上げます。
また野球部と男子テニス部のみなさん、バレー部3年生のみなさん、応援していただき心強かったです。ありがとうございました。

晴れのち曇り 3連休は3連戦。

10月の3連休、練習試合と市内大会で3連戦でした。

10月10日(土)武南高校をお招きして、練習試合を行いました。
 武南高校と対戦するのは約1年ぶりです。本校チームは最近のスターティングメンバーで臨みましたが、各セットの後半でピンチサーバーを出したり、後衛のレシーブ力強化の目的でメンバーチェンジをしたり・・・いろいろ試しました。プレーヤーの長所が生かせるようなフォーメーションが組めれば良いと思います。

11日(日)川越市民体育祭バレーボール競技高校女子の部に出場しました。
 市内の女子バレーチームが8校出場し4校ずつの予選リーグで2位、さらに順位決定戦の結果、第4位となりました。
公式戦ではないものの、課題を持って試合に臨みました。技術的にもまた戦い方の面でも特徴がある5つのチームと対戦することができ、多くの収穫がありました。この写真の表情はみな笑顔ですが、内心は複雑な気持ちだったと思います。
 明日の練習試合にしっかり取り組み、日頃の練習の成果を発揮してほしいと思います。

12日(体育の日) 狭山経済高校にて練習試合をしました。
 狭山経済高校・所沢高校・市立浦和高校、そして本校の4校です。
体育館のコート2面を一日使って行ったので、1セットずつ対戦しローテーション・・・各校と4セット対戦しました。
昨日に続いて一日練習試合をすることで、疲れてきてからも自分たちのプレーができることを目標に行いました。
セットによってスターティングを変えたり、メンバーチェンジをしたりしましたが、戸惑うことなくプレーできていたと思います。

 この3連休は、集中して練習試合ができたのでとても意味がありました。
10月31日(土)・11月1日(日)の選手権大会西部支部予選に向けて、しっかり練習して臨みたいです。

晴れ 1年生大会 決勝トーナメントへ進出

9月26日(土)
 今日は西部支部の技術講習会1年生の部が行われました。
1年生大会と言う方がわかりやすいかと思いますが、位置づけとしては1年生の技術の向上を目的とした大会です。1年生が6人そろわない学校などは、他校と合同チームを組んで出場することもできます。今回は32チーム(36校)が出場したので3~4校での予選リーグを10組作り、各リーグの1位(4校でのリーグは2位まで)が決勝トーナメントに進むという組み合わせです。

 本校は、豊岡高校と狭山経済高校とのリーグに入りました。
予選リーグ第1戦 豊岡高校
 第1セット 25-11
 第2セット 25-12  セットカウント 2-0 で勝利しました。

予選リーグ第2戦 狭山経済高校
 第1セット 25- 9
 第2セット 25- 5  セットカウント 2-0 で勝利しました。
この予選リーグ内で、3校中1位となり決勝トーナメントへ進みました。

決勝トーナメント第1戦 秋草学園高校
 第1セット 14-25
 第2セット 14-25  セットカウント 0-2 で敗れました。

 日頃の練習は2年生を中心に行っており、チーム練習などもスターティングのメンバーがコートに入ることが多いです。そして多くのメンバーを入れ替えながら部員ごとの持ち味を生かせるように練習をしてきました。この講習会では、1年生一人一人の実力がどのくらい伸びてきたかを計る良い機会となると思って臨みました。しっかり拾ってつないで粘り強く戦うチーム作りをしていることが、今回の1年生チームにも生きていたと思います。
 結果としては大会一日目で敗れてしまいましたが、今の実力を十分に発揮し生徒はそこそこ自信をつけることができたと思います。同時にもっと正確に力強くプレーできるだけの技術力と体力が足りないことも感じたことと思います。・・・・・中には日頃の練習以上のパフォーマンスをした部員もいました。自分の可能性を感じたことで、明日からの練習により意欲を持って臨んでほしいと思います。

 高校時代、最初で最後の1年生大会。みな良く頑張りました。
応援に来て下さった保護者の皆様、お忙しいところありがとうございました。
また引退した3年生の先輩も応援に来てくれました。ありがとう。

病院 栄養についてのセミナー 計測と毎日の生活の指導

9月6日(日)
 この日はセミナーに向けて身長・体内組成などの計測を行いました。
1ヶ月くらい前の計測結果と比較したところ、多くの部員が体重と体脂肪率の減少、筋肉量などの増加がみられました。
食生活に気をつけながらしっかり練習した成果だと思います。大会で勝ち進むためには1日に3試合分くらいの運動量をこなせる必要があることを考えると、栄養と健康についての意識は大切ですね。このセミナーが部員の意識を変えるきっかけになっていると思います。
  
 体の組成を計測。 女子栄養大学の先生方です。 左右の指3本をそれぞれはさんで計6回計測します。

 9月22日(火)
 先日の計測結果を基に、今後の生活についてアドバイスをいただきました。
 
  多くの部員は、カルシウムなどの摂取量が不足しており、それによる問題点や改善のためのポイントを聞きました。具体的には練習後30分以内にタンパク質と糖分などを摂った方が、筋肉が付き、疲れがとれるということで、身近なものとしては自販機の牛乳を飲んだりチーズなどをおやつとして用意しておくアイディアを伺いました。
 また飲み物の話として、多くの清涼飲料水にはブドウ糖果糖液糖などの甘味料が含まれていることは知られていますが、せっかく練習で筋トレをしても練習後に甘い清涼飲料水を飲んでいたら体脂肪率は下がらないし、内臓脂肪の原因となることを伺いました。カロリーゼロとうたっている清涼飲料水も、合成甘味料が含まれており、カロリーは少なくても飲むことで内臓脂肪が付きやすい体になるそうです。部活動の練習が終わって喉が渇き空腹になったからといって、好きなものを飲み食いするのは注意が必要だと思いました。
 

曇り 練習試合 新チームとして3戦目です。

9月20日(日) 坂戸西高校との練習試合
 本校にて練習試合を行いました。午前のみの日程で、Aチームが4セット、さらに1年生チームが2セット対戦しました。印象としてはまずますでした。
 3年生のチームの時は、頼りになるレフトのエースを中心に戦うスタイルでした。3年生引退後はそういうプレーヤーがいないので、拾ってつないで粘り強く戦うチームを目指しています。まだまだですが、これからに期待してます。

晴れ トレーニングについてのセミナー

9月7日(月)
 トレーナーである専門の先生をお招きして、トレーニングについてご指導いただきました。
普段の練習でもウォーミングアップの中で行っていますが、専門の先生からポイントを指導していただき、いろいろなことを意識しながら行いました。「頑張ろうと思うなら、回数を増やすより、一つ一つのメニューを正確に行う方が効果がある。」と言われたこともあってか、みんな辛くなっても良く頑張っていました。 

 
 はじめはみんな楽しそう。笑顔でスタート。  それぞれのメニューを正確に行うことが大切。
 
 バランスをとりながら体を捻る
 体幹を鍛える。辛くてもみんなで乗り越えよう。
 
 イスを使って体を伸ばす。こういう方法もあるんですね。
講師の先生からたくさんアドバイスをいただきました。


 翌日の練習では、さっそく指導していただいたメニューを取り入れていました。自分たちで練習メニューを考え取り組むことはとても大切なことだと思います。
 ここにきて、今まで取り組んできた基礎練習の効果が現れてきたと感じています。きっと部員自身も、思うようなプレーが徐々にできるようになってきてやりがいを感じていることでしょう。
 涼しくなってプレーヤーとしてチームとして、技術的にも精神的にも成長するときだと思います。毎日の練習を大切にしましょう。

ひらめき 足と靴の関係についての学習

8月31日
 今年度本校では、女子バレーボール部・女子ソフトテニス部・剣道部が「運動部活動指導の工夫・改善支援事業」により外部の先生からご指導をいただいています。先生方は、スポーツトレーナー、メディカルトレーナー、大学の栄養学の先生です。すでにメンタルに関して「コミュニケーションのとりかた」、日頃の食事などに関して「栄養とスポーツ」などについて実際に体験をとおして学びました。

 この日は、スポーツをする際、履いているシューズがフィットしているか。またフィットしない靴を履くことでの問題点などについて学習しました。また実際にプロのスポーツ選手などがフィッティングのために測定する機器を使って、自分の足の特徴やシューズのサイズ選びやはき方などについて具体的にご指導いただきました。

  
足の圧力や接地面積などを測定中です。
  
足裏をスキャナーみたいに撮ります。
  
 足長、足幅、足囲を立ちながら(圧がかかった状態)と座りながら(圧がかからない状態)で測定   分析した結果を考察します。自分の足について比較します。
  
  レクチャーを元に靴紐の通し方を試す。   自分のシューズを履いてみよう。

 日頃履いているシューズは、ちょうど良いサイズより大きめのものを履いている人が多かったです。また正しいシューズの履き方を試してみて、日頃シューズに気をつかっていなかったことに気付きました。正しいシューズを正しく履くことでプレーの質の向上につながれば良いと思いました。また自分の足の健康についても関心を持ちたいと思いました。

晴れのち曇り 練習試合をしました。

8月26日(水)
 浦和南高校と練習試合をしました。
浦和南高校は南部支部の高校なので、練習試合をするのは初めてです。6月のインターハイ県予選で対戦したことがご縁で、今回対戦いただくことになりました。
 どちらも3年生が引退し新しいチームを作っている最中なので、セットカウントなどは気にせず内容に注目して行いました。本校チームは、今までレシーブ力の強化を目標に練習してきた成果が徐々に現れてきました。
 最後のセットは、相手チームが1年生チームで臨むということで、本校チームもメンバーチェンジをして1年生だけのチームとして対戦しました。
 日頃の練習で皆チーム練習はしていますが、1年生チームとしての練習はしたことがありません。そのためゲーム中のポジションに工夫がなかったり、前衛にいてもブロックしなかったり・・・、試合経験が全く足りないと思いました。
 1年生が9名いるので技術講習会1年生の部(1年生大会)には単独チームで出場する予定ですが、練習したいことがまだまだたくさんあります。

  浦和南高校女子バレー部のみなさんありがとうございました。

晴れのち曇り 初めての練習試合

8月23日(日)

 本校を会場に初めての練習試合を行いました。相手は川越西高校です。
3年生が引退してからは、基礎練習が中心であり、合宿の頃からチーム練習も始めました。
この練習試合は、その成果を試す良い機会となりました。

 印象としては、そこそこできていたと思います。スターティングメンバーで2セット行い、その後メンバーチェンジやフォーメーションを変えて全員がコートに立ちました。急なメンバーチェンジでも慌てないように、そして実力を発揮できるように・・・・と、日頃から言われていることを試されたかたちです。

 この日は、学校説明会でもあったので、部活動の見学に来てくれた中学生や保護者の方もいらっしゃいました。
中学校でバレー部に入っていた人から見ると、きっともの足らなく見えたのではないかと思いますがこれが今の実力です。

 部員には、この練習試合をとおして日頃の練習で行っているプレーの意図・目的をしっかり自覚して欲しいと思いました。何のために行っている練習なのかを、一人一人が理解することで練習をゲームに生かすことができるからです。


 川越西高校女子バレー部のみなさんありがとうございました。

晴れ 新チームでの夏合宿

 7月31日から8月3日までの3泊4日 長瀞げんきプラザで校外合宿を行いました。
2年生5名、1年生9名の14名全員が参加しました。
連日の猛暑日のなか、暑い体育館での練習もみんなの声に支えられて、しっかり取り組んでいました。
  
 3年生引退後、基礎練習を中心に行ってきたのでまだチームは固まっていませんが、それぞれのプレーヤーが
レベルアップをして新チームの戦力として成長してほしいです。
  
 集中して練習することで、今までできなかったプレーができるようになったり、そのきっかけをつかめたと思います。
この成果をいかに自分のものにできるかが、今後の課題でしょう。

 最終日、練習が終わったところで、退所式を行い無事終了しました。

星 新川総バレー部スタート

 
3年生と一緒だったとき
 1・2年生の新バレー部
 県予選会が終わり、3年生が引退しました。そして今は、2年生を中心に1年生と14名での練習が始まりました。今年も、2年生が日替わりで一日部長をしながら練習に取り組んでいます。20名から14名に部員が減っても声の大きさはそれほど変わらず元気です。
 今までのチームは3年生が中心だったので、現在は基本的なプレーや身体の使い方の練習を行っており、チーム練習ができるようになるにはまだずいぶん時間がかかりそうです。
3年生が作ってくれた新しい伝統を引き継げるように頑張ってほしいです。

晴れ 学総兼全国高校総体バレー大会県予選 あと一歩

6月16日
 学総兼全国高校総体バレー大会県予選 会場は本庄総合公園体育館です。
1回戦 浦和南高校
 第1セット 25-20
 第2セット 25-13  セットカウント2-0で勝利しました。

 第1セットは、相手のサーブに振り回された感じでゲームが進み、終盤になってからは本校からのジャンプサーブで引き離しセットをとりました。第2セットはしっかりサーブが打てていたので、序盤から本校のペースでゲームが進行しました。相手のサーブで崩されても守る位置の工夫で対応できていました。
 このゲームはサーブをしっかり打ちサーブカットをしっかりあげられれば、もっと良いゲームができたと思います。

2回戦 越谷南高校 
 第1セット 14-25
 第2セット 25-23
 第3セット 17-25 残念ながらセットカウント1-2で敗れました。
この試合に勝てていればベスト16でした。

 このゲームも、サーブとサーブカットがポイントでした。
第1セットは、相手のサーブに翻弄され、うちのチームの持ち味が出せないままとられてしまいました。第2セットからは本校のいつもの攻撃が出るようになりリードしましたが、徐々に追い上げられ・・・接戦の末、セットをとりました。
 ここまでの試合の流れをみてみると互角の戦いだったと思いますが、第3セットになると相手のサーブの威力が戻り、じわりじわりと差が開き、最後は食い下がったものの届きませんでした。
 試合後、応援に来て下さった保護者のみなさんに挨拶しました。このときには悔し涙を流す三年生の姿がありました。

 この大会のために三年生の保護者の方々が手作りで横断幕を作って下さいました。本校チームにふさわしいメッセージの横断幕、ありがとうございました。
試合後、この横断幕を掲げてみんなで記念撮影をしました。

曇り 直前の練習試合 13日と14日

6月15日
 いよいよ明日、学総兼全国高校総体バレーボール大会の県予選会です。本校チームは本庄総合公園体育館で試合に臨みます。この大会に向けて最後の練習試合を行いました。

13日(土)
 聖望学園高校にて、ふじみ野高校とともに3校で行いました。聖望学園高校とはこの数年で3回ほど公式大会で対戦していますが練習試合をするのは初めてでした。昼食をはさんで一日行えたので各校で4セットずつ対戦しました。この3校はともに西部支部の高校で今度の県予選会に出場するチームなので、モチベーションはどこも高かったです。
14日(日)
 松山女子高校・深谷高校、そして本校の3校で練習試合を行いました。この日のチームも今度の県予選会に出場します。
 練習試合で松山女子高校に伺うのは昨年の選手権大会の前以来です。深谷高校は北部支部の高校で初めての対戦となりました。昨日と同様に2セットずつ行って昼食、その後さらに2セットずつ、計8セット対戦しました。

 全日の練習試合を二日連続で行い、それもやや遠い高校を会場としたので、まるで長期休業中・合宿中みたいな感じで練習できました。
 きっとどこの出場校も大会でのプレーをイメージしながら最後の練習をしていることでしょう。本校チームは、いつもの良いプレーが1セット目の立ち上がりからできるように調整して臨みたいと思います。 

晴れのち曇り 6月の朝礼にて

6月1日
 月初めの生徒朝礼で、校長先生のお話の中で女子バレー部の県大会での活躍を紹介していただきました。さらに先月の西部支部春季大会で5位となり賞状をいただいていたので、校長先生から渡していただきました。
 中央の部長が賞状をいただいてみんなで礼、さらに生徒の方を向いて礼をし拍手をもらいました。日頃このような場に上がったことがないものだから、みんな緊張気味です。・・・終わってステージを降りようとしたときはいつもの笑顔に戻ってました。
この写真は終わってステージを降りようとしたところです。

 クラスメイトの多くは、バレー部に所属している友達がどのような練習をしているのか、またどのくらい頑張っているのかは知らないでしょう。こういう機会に紹介してもらえるのは部員にとってもうれしかったと思います。

晴れ 関東高校バレー大会県予選会 ・・・ 頑張りました。

5月9日(土)
 関東高校バレー大会への出場チームを決める県予選会が行われました。本校は、西部支部春季大会で5位となり、初めて県大会への出場を果たしました。そして1回戦に勝利しベスト16となりました。念願の県大会で1勝をあげることができました。

 会場は蓮田市総合市民体育館(パルシー)です。
1回戦 Fコート第2試合、幸手桜高校が相手です。
幸手桜高校とは、たまたま春休み中の審判講習会で対戦したことがあり、お互いにチームの雰囲気などはわかっていました。

 第1セット 15-25
 第2セット 25-18
 第3セット 25-19  フルセットの末 勝利しました。

 第1セットの立ち上がりを見る限りでは、両チームとも力の差はないように見えました。ゲームの進行とともに、相手がサーブをしっかり狙って打ってきたことで、うちのチームはリズムをつかめないうちにセットを落としました。春休みに対戦したときと比べたら、どちらのチームも良くなっていると思いました。
 1セット落とすと心理的にはだいぶ苦しくなるものですが、最近は1セット落としても気持ちを立てなおし挽回することを経験しているので、第2セットのスタート時は落ち着いて臨めました。やや相手のサーブにミスが出たことで、徐々にリズムを取り戻しました。トスが乱れてもエースを中心にていねいに打っていたことが良かったです。またサーブも日頃のサーブが打てるようになりました。
 第3セットでは本校のプレーが適度に乱れていたため、相手にとっては守りにくかったと思います。変則的になったプレーが相手のミスを誘う形となりました。結果的にはよく頑張りゲームを取りましたが、他の県大会レベルのチームのようにさらにレベルアップを図りたいと思いました。

 2回戦 Fコート第5試合 大宮東高校 今大会の第2シード校が対戦相手です。
 第1セット 18-25
 第2セット  8-25   セットカウント 0-2 で敗れました。

 普段から大きな声を出して練習しないと、大きな大会では通用しないといわれてきた部員が、本当の意味を肌で感じた試合でした。相手チームをはじめ隣のコート、さらには体育館全体が大きな歓声や応援に包まれ、自分たちの声が全く聞こえていなかったと思います。そのような雰囲気の中で勝ち進んでいく他のチームがとても大きく見えました。
  エースが高いブロックに挑む スタンドから1年生も応援

 ゲームは第1セットから相手のペースで始まりました。今までに体験したことがないような高いブロックや、速いトス回しでうちのブロックがついていけないなど、生徒は戸惑いもあったと思います。でもこういう大会に出場できたからこそ体験できるレベルでした。
うちのエースが果敢に相手のブロックに挑むプレーでチームの不安を掻き消してくれました。


 結果は、歯が立たないストレートでの負けでした。生徒は悔しそうな表情で泣きそうな生徒もいました。この県大会に出場でき幸運にも一勝あげることができたのだから、もっと笑顔になるのかと思っていましたが、それ以上に感じるところがあったようです。

 初めて出場できた県大会 ・・・ 満足感と悔しさが残ったこの気持ちが明日からの原動力となり、個々のプレーヤーとしてまたチームとしていっそう頑張ってほしいと思いました。来月には高校総体(インターハイ)の県予選会へ出場します。今回以上のプレーができるように頑張りましょう。

 お忙しいところまた遠い会場へ、保護者の皆様をはじめ多くの方々が応援に来て下さいました。本当にありがとうございました。生徒はみな良く頑張りました。とても良い大会だったと思います。明日からまたよろしくお願いいたします。

晴れ 西部地区春季大会・・・頑張りました。

4月25日(土)・26日(日)
 西部支部春季大会が行われました。
本校チームは順位決定戦で5位となり、県大会への出場が決まりました。
特に5位を決めたゲームはこの大会で一番頑張ったと思います。


 この大会は新人大会の結果から4校が県シード校となり、それ以外の出場校36チームから7チームが県大会へ出場できます。この県大会は、関東高校バレー大会の県予選会となります。

 本校チームは、1月の新人戦の結果から第8シードとなりました。第8シードはトーナメント表の山が大きく4つあるうちの第1シードと同じ山になります。順当に勝ち進むと3回戦で第1シードと対戦します。(2回戦を突破するとベスト8です。)
県大会へ7チームが出場できるということは、ベスト4が決まったら、そこに負けた4つのチームの中からさらに3チームが出場できるということです。ベスト8に入っても県大会へ行けないチームが1つだけでます。

25日(土) 会場は和光国際高校です。
1回戦 対:川越南高校
 第1セット 30-32
 第2セット 25-13   セットカウント2-1で勝利しました。
 第3セット 25-16
 立ち上がりを心配していました。日頃のプレーができていないまま第1セットが進み、両チームともそのままデュースを迎えた感じでした。お互いにポイントをあげたりミスをしたりの繰り返しで、結局30-32というカウントでセットを落としました。チームの雰囲気としては、いくらか焦ったり緊張しているように見えました。
 2セット目からは落ち着いたようです。序盤にリードをもらって危ないながらも2セット連取できました。

2回戦 対:武蔵越生高校
 第1セット 25- 8
 第2セット 25-19   セットカウント2-0で勝利しました。
 この対戦も立ち上がりを意識し、落ち着いたプレーで自分たちのゲームを作るようにしました。第1セットは気持ちも入って良かったと思いますが、続く第2セットはズルズルと得点失点を繰り返し、18-18くらいまで進みました。自分たちでゲームをコントロールできていないためです。タイムアウトを取り一呼吸おいてからは、しっかり戦えていたと思います。プレーしながら、ここまで来ないうちに自分たちで修正できるよう、周りに気を配れるようになってほしいです。この時点でベスト8が決まりました。明日はこのベスト8が集まり順位の決定戦です。

26日(日)
 会場は朝霞高校です。
3回戦 対:秋草学園高校
 第1セット 19-25
 第2セット 15-25   セットカウント0-2で敗れました。

 この大会の第1シード校との対戦となりました。普通に考えたら勝負にならない相手だと思いますが、チームに勢いをつけるためにも良い試合をしたいところです。
 立ち上がりにおいては失点するもののよく動くことができ、昨日とはだいぶ違っていました。相手の多彩な攻撃で崩れても、気持ちは切れずに頑張りました。

 この試合に敗れ次の試合のジャッジを担当しました。
本校チームは3回戦に敗れたので5位から8位までを決める順位決定戦に進みます。次の試合は、第4試合で所沢北高校と対戦することになりました。ここで勝てば5位、負ければ次の7位決定戦となります。

順位決定戦 対:所沢北高校
 第1セット 26-24
 第2セット 25-22 セットカウント2-0で勝利しました。

 所沢北高校とは、今までに公式戦で対戦したこともあり、また練習試合をお願いしたこともあり、ほとんどのセットを落としていました。それだけに厳しい内容になると思っていましたし、敗れた場合の7位決定戦のことも考えながら進めるべきかと思っていました。
 第1セット 序盤からリードしたり追いつかれたりしながら進行し、セット終了間際に22-24でタイムアウトを取ってから一気に逆転、セットをとりました。このセット最後の頑張りがこの試合のポイントでした。
 第2セットも序盤、わずかにリードしたもののほとんどシーソーゲームで終盤に。リードされる場面もありましたが、自分たちの良い攻撃パターンでゲームを決めました。・・・県大会出場が決まりました。
 ゲームが終わり整列したところで役員の先生から5位の賞状をいただきました。

 県大会出場を目指して頑張ってきた成果が実りみんな笑顔でした。

 2日間にわたり、お忙しいなか応援に来て下さいました保護者の皆様、ありがとうございました。生徒たちの日頃の頑張りがこのような成果となり、本当に良かったと思います。これからもよろしくお願いいたします。

晴れ 新入部員10人を迎えました。

4月19日(日)
 新入部員として1年生10名が加わり、現在部員は21名となりました。
1年生はみんな中学校でのバレー経験があり、当時の練習着を来て一緒に練習しているとすでに部としての一体感が感じられます。
  
 ウォーミングアップのなかでダッシュやボール投げを組み合わせたリレーゲームを行いました。1年生から3年生までが一緒になるチームを編成することで、一気にみんなの距離が縮まったように見えました。
 今週末には、西部支部の春季大会が行われます。ベストコンディションで大会当日を迎えられるように、部員の一人ひとりが川総バレー部である自覚を持って頑張って欲しいです。
特に1年生は、3年生と一緒に練習できる期間はわずかであることを忘れずに、この時間を大切にして欲しいと思います。

晴れ 部活動紹介 やりました。

4月10日
 今年も新入生歓迎会のなかで部活動紹介が行われました。
バレー部はみんなで対人パスなどを披露してから部の旗を掲げながら目標を大きな声で言いました。部長からのメッセージが多くの新入生の心に響いてくれるといいなと思います。

  
 すでに練習に参加している新入生もいます。2・3年生と同じ気持ちで頑張れる新入生が入部してくれることを期待しています。

晴れ いよいよ新学期です。

4月3日(金)
 所沢中央高校を会場に鴻巣女子高校と三校合同の練習試合を行いました。
前日に練習試合をするなかで声をかけてもらい、参加することになりました。
 所沢中央高校と3セット、鴻巣女子高校と2セット対戦しました。試合中にポジショニングを修正したり、試合運びを考えながら行うなど、ふだん以上に内容が濃かったと思います。
 ほとんどのセットを落とす結果でしたが、部員にとっても顧問にとってもいろいろ学ぶことができ、意義のある練習試合となりました。

4日(土)は自分の学校で、練習試合で気づいた点を練習しました。練習試合でできなかったことを、ふだんの練習でやろうというのは、目的がわかりやすく、強い気持ちで取り組めます。こうして一歩ずつ上手になったことを忘れないように話しました。なんとなくできたというのではなく、体をどのように使えばいいのか、タイミングをどうとればよいかなど具体的に理解すれば、調子が悪くなったときでも自分で修正できると思うのです。

そして5日(日)
 本校を会場に入間向陽高校を迎え練習試合を行いました。5セット対戦しとったりとられたりという感じでした。昨日の練習をさっそく試す機会となり、タイミングとしてはとてもよかったと思います。まだまだ昨日の練習が十分発揮できるわけではありませんが、意識して繰り返すことで自分のプレーとしてできるようになることでしょう。きっとゲームをしていて楽しかったと思います。

晴れのち曇り 審判講習会への参加と練習試合

4月2日(木)
 上尾市にあるスポーツ総合センターで県内高校バレー部の顧問などを対象とした講習会が開催されました。顧問としては新年度にあたりルールの変更点を確認し正確な審判ができるように、またバレー部の生徒に正しいルールを伝えるために行われるものです。モデルのチームがゲームをし、そのなかで審判をしながら確認しました。

 本校チームは、所沢中央高校、幸手桜高校とともにモデルチームとして出場しました。数日前にお声がけいただいて急に出場することになったので、いろいろ心配はありました。しかし多くの先生方が見ている中で、また広い体育館で、対戦したことがないチームと試合をするのはとても貴重な機会になりました。またタッチネット、ダブルコンタクト、キャッチなどのジャッジを厳密にしていただき自分たちのプレーを見直すことができたと思います。
 県大会に出場できたら、きっとこのような雰囲気の中でプレーすることになると思います。そのときどれだけ自分たちの力が発揮できるのか、それを意識しながら日頃の練習に取り組みたいです。

 審判講習会が終わってから、午後は三校で練習試合を行いました。
日頃あまり問題視していなかったネット際のハンドリングが、特に気になりました。いくつかのプレーについてはルールの取り扱いが厳しくなるので、それに対応できるようにしっかり練習しましょう。

曇り 春休みに入って

3月26日(木)春休み最初の練習試合
 本校を会場に筑波大学付属坂戸高校と対戦しました。
翌日から校内合宿が始まるスケジュールでしたが、合宿に勢いをつけたいと思い行いました。しかし自分たちのプレーができず不満の残る内容となりました。
 翌日からどのような意識で合宿に参加すべきか、真剣に考えることとなりました。

27日(金)
 この日から2泊3日の校内合宿が始まりました。体育館使用の都合があり午後からのスタートです。川越西高校狭山経済高校が来校して下さり、3校合同の練習試合を行いました。3校間で各3セット対戦しましたが、本校チームは昨日の雰囲気のままでした。特に各自の動きが悪く、全く自分たちのプレーになっていない感じでした。この日は夜間練習で、気持ちを高めることを目標として大きな声を出しながらプレーしました。


28日(土)
 合宿2日目。スケジュール通り早朝練習・午前練習、昼食後は休憩し、15時から午後練習、さらに夕食後は夜間練習です。この夜間練習では、部員の保護者の紹介で社会人のチームと練習試合を行いました。
 さすがに相手チームは高さ、速さ、正確さの全ての面で歯が立ちませんが、こういうチームに胸を貸してもらって練習できるのは幸せなことだと思います。
 日頃の練習では、チームメートのブロックを相手にアタックを打ったり、チームメートや顧問の打球を拾ったりしていますが、レベルの違う相手と戦うなかでどれだけ自分たちの実力を発揮できるのか試すことができます。・・・そのような機会なのにフェイントで逃げたりムキになって下に打ってシャットされたり・・・。この練習試合の意味を生徒は理解していないと思いました。
 限られた時間だったので、セット間の休みをとらずに対戦していくなかで、いくらか日頃の成果が出るようになりました。
 ゲーム後、いくつか気づいた点を話していただきました。
社会人となれば限られた時間のなかでメンバーが集まり練習をしているわけですから、うちのチームのためにわざわざ相手をしていただきたいへん有り難く思いました。部員には、いろいろな方のご厚意でこういう練習ができることを感じてほしいと思いました。


29日(日)合宿3日目 もう今日で終わりです。
 今日は朝から坂戸高校が来校して下さり、昼食を挟んで午後4時まで練習試合を行いました。セット数が多くても昼食を挟むことで気持ちが切れずに取り組んでいました。内容は初日に比べればだいぶよくなってきたと思いますが、自分から足を動かしてボールを拾いに行くことができていませんでした。
 こうして合宿は無事終了しましたが、合宿中の練習を忘れないことが大事であることを確認しました。

30日(月)練習試合として考えれば、5連戦です。
 今日は、志木高校へ伺い練習試合をしました。志木高校とは今年度公式試合で2回対戦しており1勝1敗だったので力は同じくらいかと思っていました。
対戦結果は、ほとんどのセットを落とすこととなりました。サーブカットやアタックのレシーブが大きく逸れることが多く、自分たちの戦い方ができませんでした。この状況を早く乗り越えられるように考えながら練習に取り組んでほしいです。


 この春休みでは、今までに6名の入学許可候補者が見学や練習に参加してくれました。入学して一緒に頑張れる新入部員が入ってくれることを期待しています。

晴れのち曇り 練習試合をしました。

3月22日(日)
 今週も練習試合をしました。本校を会場に、所沢西高校が相手です。
「ふだん練習しているプレーが練習試合でできなければ、公式試合でできるはずがない。」・・・ そういう意識で練習試合に臨みました。
 7セット対戦し、いくつかのポジジョンでメンバーを変えて行いました。日頃からレギュラー6人を固定しているわけではないので、それぞれのメンバーがレベルアップしてくればチームとしての総合力が上がると思います。お互いが切磋琢磨するチームになってほしいものです。
 所沢西高校女子バレー部のみなさん、ありがとうございました。

 25日(水)から春休み。すぐに合宿が始まります。この合宿を有意義なものにするためにも今日の練習を頑張ろう。

晴れ 卒業式 そして練習試合

3月14日(土)
 卒業式が行われました。
バレー部で一人だけだった3年生が笑顔で卒業していきました。部長としてキャプテンとして、またゲームを作るセッターとして頑張った先輩をみんなで見送りました。部活での経験がこれからの人生にとってきっとプラスになると思います。
 ますますの活躍をみんなで祈ってます。

 卒業式の片付けを終えてから練習をしました。明日の練習試合の準備もしました。

15日(日) 坂戸西高校との練習試合
 本校を会場に練習試合を行いました。両チームとも十分練習ができていたわけではありませんが、この時期の練習試合にはいろいろな意味があると思います。
 本校チームにとっては、新人戦でのフォーメーションにはいろいろ限界があると思っていました。その見直しをするためにも、メンバーからフォーメーションまでいろいろ試すことができました。坂戸西高校もメンバーを変えながらの対戦でした。
 どこのチームも春休みに向けてペースを上げて練習していることでしょう。本校チームも意欲を持って頑張っていきたいと思います。

 坂戸西高校女子バレー部の皆さん ありがとうございました。

ひらめき もう3月 春休みに向けて

 1月末に新人戦が終わってから、だいぶ時間が経過しました。この間どこの高校も学年末考査が行われたり、入試期間のため活動停止だったことと思います。
そういう意味では、この時期から本格的な練習再開です。
 本校チームは、ブランクがあったものの早速練習試合を組みました。
川越初雁高校が相手です。川越初雁高校は卒業式の準備で体育館が使えないという事情があり、両チームとも練習不足の中での対戦となりました。
 予想していたコンディションでしたが、それでも普通の練習をするよりも、一気にペースとモチベーションを上げる機会になったと思います。

 今年度は、3月末の春休みに校内合宿を計画しており、そこに集中して練習試合をぶつけることになりました。またそれぞれの週末にも練習試合を多く組みました。現在のチームが臨む公式大会はあと2回。大会を笑顔で締めくくれるようにしっかり頑張りましょう。

 春休みになると、新入生の見学などもあるかなと思います。部員の皆さんには、今から3年次生・2年次生としての自覚を持って取り組んでほしいと思います。
 

晴れ 県民総合体育大会兼高校バレー新人大会西部予選

 県民総体兼新人大会の西部予選が24日(土)・25日(日)の2日間行われました。
この大会は、1・2年生のみが出場できる大会であり、この時期ですが新人大会なのです。
西部支部では、県シード校2校以外の37チーム(38校)が出場し、そこから9チームが県大会へ進むことができます。9チームということは、ベスト8のチームとそこに負けた8チームのうちから1チームということです。

 1月24日 会場:鶴ヶ島清風高校
第1試合の審判を担当するので、8時前に会場校へ集合し、8時から30分間、第2・3試合のチームがコートを使った練習を行いました。

 1回戦 本校チームはFコート第3試合で、富士見高校と対戦しました。 
第1セット 25-13
第2セット 25- 7   セットカウント 2-0で勝利しました。
 しっかりウォーミングアップをしてスタートできたので、立ち上がりから普段の練習のプレーができました。サーブもしっかり打てていました。ゲーム内容としては良かったと思います。

 2回戦 狭山清陵高校  今大会の第4シード校です。
第1セット 16-25
第2セット 15-25  セットカウント 0-2で敗れました。
 2回戦はFコートの第4試合ということで、1回戦から15分おいて公式練習に入りました。
コンディションは、直前の練習でしっかり動いたので十分です。
 第1セット、相手は速いトスまわしで、クイック攻撃をしてくるので、それに追いつかない場面が多々ありました。それでも自分たちのプレーをすることで十分戦うことができました。セットの終盤では、相手のクイックにブロックが対応し、それをレシーブでつないで打つところまでできるなど、セットは落としても次のセットにつながる内容でした。
 第2セット、序盤は互角に戦えていたと思います(顧問としての印象です・・・)。
いくらかリードされても気持ちが切れずにしっかりプレーしており、チームとしてもプレーヤーとしても成長したと思いました。ベンチのプレーヤーは人数は少なかったですが、大きな声で応援し日頃の練習以上に頑張っていました。
 終わってみればストレート負けですが、ゲーム内容としてはシード校に対ししっかりと戦うことができました。

 この試合は、会場校での最後のゲームとなったので、明日対戦するであろうチームなど、多くのギャラリーが見守ってくれているなかで行われました。緊張せず生き生きとプレーしている本校チーム、明日の代表決定戦が楽しみです。

 1月25日 会場:坂戸高校   代表決定戦
 1回戦 入間向陽高校 
 入間向陽高校とは、夏休みの最後に練習試合で対戦していますが、どちらのチームも成長しているので、全く違うチームと対戦している感じでした。相手チームは攻め方から守り方まで違うチームになっていました。
 第1セット 25-15
 第2セット 25-15  セットカウント 2-0で勝利しました。

 本校チームの良かった点は、立ち上がりとサーブでした。途中、追い上げられ競るシーンがありました。競る場面での精神力がまだまだ足りないと思いました。

 2回戦 志木高校
 志木高校には今年度6月の大会で敗れています。また夏休み中に練習試合をお願いしました。試合の前から、志木高校と本校は実力差がほとんどないだろうと思っていました。
 第1セット 25-18
 第2セット 25-19  セットカウント 2-0で勝利しました。

 本校チームはよく動き、声も出て自分たちのゲーム運びができていたと思います。試合内容は今大会で一番良かったです。
 第2セットの序盤、リードしたものの小さなミスで徐々に追い上げられました。こういうとき、自分たちで気持ちをコントロールできるともっと実力が発揮できると思いました。

 3回戦 聖望学園高校
 本校チームにとってこの大会最大の山場でした。この試合に勝てば、県大会の最後の切符を手にすることができるゲームです。
 聖望学園とは6月の大会で対戦し勝利しています。その際、本校チームにとっては上出来だったのでとても印象に残っています。その後、聖望学園の試合を見る機会があると、そのたびに大きく力強くなっていると感じていました。

 第1セット  8-25
 第2セット 15-25  セットカウント 0-2で敗れました。
 本校チームもよく頑張りましたが、相手の方がレシーブからアタックまで、ほとんどの面でうちのチームより上をいってました。結果はストレートでの負けとなり、生徒はみな悔しそうな顔をしていました。県大会出場を目指して臨みましたが、もうワンステップの実力アップを図ってから頑張れと言われたような気がしました。

  今大会は、気持ちが入りコンディションも良かっただけに、結果はあと一歩と残念でしたが、気持ちを新たにさらにチーム全員で頑張ろうと思います。



 お忙しいなか応援に来て下さった保護者の皆様、ありがとうございました。また日頃から、バレー部の活動にご理解とご協力をいただきありがとうございます。あと一歩の目標を達成できるよう生徒とともに頑張っていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

晴れのち曇り 新年初の練習試合をしました。

1月11日(日)
 本校にて朝霞高校と練習試合を行いました。年末年始の休みが終わり、練習が本格化したところなので、まだまだチームの状態は出来上がっていません。
 朝霞高校とは昨年度からいくども対戦しています。まず昨年度は、公式大会で対戦したのを機会に、いくどか練習試合を行いました。現在のチームになってからは、夏休み明けの9月に練習試合で伺っています。

 今回の練習試合は6セット行いました。スターティングのメンバーやフォーメーションを検討していた時期だったので意義のあるゲームができました。ウォーミングアップがしっかりできたので立ち上がりも良かったと思います。さらに問題点を修正して、新人戦に臨みたいです。

 朝霞高校女子バレー部のみなさんありがとうございました。
   

晴れのち曇り 5校での練習試合

12月25日(金)
 本校を会場に練習試合を行いました。
熊谷西高校・浦和北高校・川越女子高校・川越初雁高校、そして本校の5校です。
昨年はこの時期に川越女子高校に伺い、やはり5校での練習試合に加えていただきました。
多くのチームと一日をかけて対戦するのはとてもよい経験になります。

 この練習試合のため、本校の他の部活動には体育館の使用を調整してもらいました。
ありがとうございました。

 
 練習試合の進め方は、各チームが違う相手と1セットずつ対戦、各チームが4校と戦ったところで2周目に入りました。本校は10セット行うことができました。
 どのチームも、勝敗にこだわってセットをとるというより、課題を持って試合に臨む感じでした。
本校チームは、半分くらいのセットをとりました。日頃対戦しないチームとの試合では、第1セットの立ち上がりが課題になると思います。うちのチームはそういった試合運びがまだまだできないと思いました。
 午前の試合が終わったところで、午後の開始時刻を決めて昼食としました。各チームは午後の開始時刻前からアップを開始し、予定の時刻に午後の練習試合がスタート。練習に臨む姿勢は、どのチームもしっかりしていて、きっと本校のチームにも刺激になったと思います。

 いよいよ今年もあとわずか、年が明けると月末には新人大会の予選です。