野球部日誌

学び

生徒に会えない、選手と野球ができないことが

こんなに辛いとは思いませんでした。

ただ、今までにないことに挑戦したり、

ゆっくりと自分と向き合う時間ができています。

 

3月18日(水)は登校日でした。

学年で登校時間が違うため、間のところで

選手たちの状況確認や今後のことを

短時間で、全員集めて話しをしようと考えていました。

 

ところが、

下校予定の2年生がなかなか来ません。

他の生徒は、どんどん下校しています。

この登校は、短時間ですませるが大前提ですから、

長くとどませられないため、少しイライラしていました。

どうせ、写真を撮ったり、おしゃべりしているのかと

思っていました。

 

その時、野球部顧問の先生が、

「あいつら、先生方にあいさつに回っているみたいです。」

と教えてくれました。

 

自分のことが恥ずかしく、情けなくなりました。

 

「あいさつ」「ありがとう」の大切さを伝えていたのは、私です。

カワソウ野球部の大切なことの一つに、

「ありがとう」がたくさんいえるチームというのがあります。

 

常々、選手には、節目節目でお世話になっている人には

お礼をしようと伝えていました。

 

この登校日は今年度最終日です。

2週間全く会っていない、そしてこのような状況で指導者は

忘れているのに、選手は大切なことを忘れず、実行する。

 

本当に、気持ちの良い、選手から学んだ1日でした。

 

今春、そして夏、どんな状況でも彼らの人間力で戦います。