トップページへ 部活動トップページ

陸上競技部
【総部員数】 16名  (3年:12名 2年:4名 1年:3名)※R2年度現在
 
【顧 問 数】      4名
 
【活動場所】 グラウンド、市内競技場
 
【活動日時】 木曜、日曜OFF(冬季は木曜練習あり)
       平日 16:00 ~ 19:00
       休日  9:00 ~ 12:00
 
【顧問より】
 本校陸上部は短距離、跳躍、投てきの3つのブロックに分かれて日々活動しています。
 陸上競技は経験者はもちろん未経験者でも、誰よりも足が速い、誰よりも跳ぶ力がある、誰よりも力があれば、活躍できるスポーツです。バスケットボール経験者が箱根駅伝を走ったり、野球部経験者がやり投げで
全国チャンピオンになったりするほどです。
 しかし、自分と向き合い練習を重ね、さらに試合の経験を積んでいかないと結果が出ません。
つまり、自分に嘘をつけない、自分で考える必要があるスポーツです。だからこそやりがいのあるものだと考えています。1秒、1センチを追及する世界に飛び込んでみませんか? 
 一瞬かつ一生記憶に残る高校生活をあっさりしたものにするか、濃く充実したものにするかは自分次第です。 そんな大切な高校生活をぜひ共に充実させましょう!
陸上競技部紹介

4月より顧問を引き継ぎ、新体制になりました。

本校陸上競技部では「真のアスリートファースト」の実現を掲げています。

「真のアスリートファースト」とは、競技者として競技力だけでなく、一人の人間として尊重し、

選手の人間性や考える力の育成等を含めたコーチング、環境整備などを行うことです。

部員には競技だけでなく様々な経験を経て、人間性を育めるような指導を心掛けています。

 

陸上部日誌

第1回合同練習会実施!

11/7に川越運動公園陸上競技場にて、和光高校、飯能南高校と今年初の合同練習を行いました!

体調チェック等も万全な中で行われた合同練習会では、全員が仲間で、全員がライバルという環境で切磋琢磨しながら

一生懸命練習に取り組んでいました!

本校部員も冬季トレーニングということでつらい練習でしたが、仲間とともに楽しみながら乗り越えられたようです。

和光高校の皆さん、飯能南高校の皆さん合同練習ありがとうございました。

 

まだまだ長い冬の始まりにすぎません。

ぜひたくさんの学校と合同練習を行いたいと考えています。

合同練習を行える学校がありましたら、ぜひ本校(顧問:遠藤)までお問い合わせください。

  

彩の国 競技者・指導者育成プログラム2020始動!

大会もひと段落し、コロナウイルスの影響で中断していた、2020の強化練習会も11/29から本格的にスタートします。 

今回顧問の遠藤もU15,U18の砲丸投げ強化スタッフとして参加させていただきます。

そこで得た経験を活かし、本校陸上部員のアスリートファースト実現に尽力したいと思います。

R2年県民総合スポーツ大会兼第75回新人陸上競技選手権大会結果

R2年県民総合スポーツ大会兼第75回新人陸上競技選手権大会が終了しました。

 

女子走高跳において佐藤優凪が、男子円盤投において國見光司が出場しましたが、

残念ながら関東大会出場はかないませんでした。

 

2名とも実力は発揮できましたが、県トップ3位の壁は高かったです。

これで今シーズンは終了となります。

 

これから長い長い冬季期間になりますが、日々の練習に一生懸命取り組み、

来シーズンさらなる飛躍の年となるよう、より一層頑張らせたいと思います。

応援ありがとうございました!

R2年県民総合スポーツ大会兼埼玉県高等学校陸上競技新人大会西部地区大会結果

県民総合スポーツ大会兼埼玉県高等学校陸上競技新人大会西部地区大会が終了しました。

 

結果、女子走高跳において佐藤優凪が、男子円盤投において國見光司が6位入賞で県大会出場を決めました!

 

無観客試合の中、実力を出し切れた部員、そうでない部員がいましたが、

シーズンの県大会等につながる試合はこれが最後になります。

悔しい気持ちは来シーズンの糧となると信じ、これからも頑張っていきたいと思います。

そして、県大会出場を決めた選手にはみんなの思いを背負って実力以上の結果が出せるよう

より一層頑張ってほしいと思います。

 

R2年代交代式

8月17日に代交代式を行いました。

無観客試合だったこともあり、大会当日の試合動画の視聴を行った後、

3年生から一言ずつ今までの思いや後輩へ送る熱い言葉を頂きました。

言葉で伝えることは非常に難しいことですが、常日頃から選手間でのコミュニケーションがとれていたので

きちんとメッセージは届いていたようです。

私自身からは「当たり前なんてないのだから、いまこの瞬間に全力を注ぎなさい」

ということを伝えさせていただきました。

短い高校生活を充実させるためにはいろんなことに全力で挑戦する必要があると思います。

3年生にはこれから進路等で頑張ってほしいと思います。今までお疲れさま、そしてありがとう。

R2年学校総合体育大会西部地区大会兼全国高等学校リモート陸上競技選手権大会結果

学校総合体育大会西部地区大会兼全国高等学校リモート陸上競技選手権大会が終了しました。

3年生は引退試合となったわけですが、自己ベストが出せた選手が大半でした。

無観客試合ということで、普段とうって変わって異様な雰囲気の競技場でしたが、

保護者の皆様、大会役員の先生方のおかげで選手全員が全力を出し切ることができました。

応援ありがとうございました!

学総まで残り1週間!

学校総合体育大会西部地区大会兼全国高等学校リモート陸上競技選手権大会まで残り数日となりました。

コロナウイルスを言い訳にせず、各自が目標をもって練習を積み重ねてまいりました。

これまでの努力の成果を発揮できると3年生を中心に部員たちのモチベーションも高まっています!

3年生は3年間の思いを乗せ、1,2年生はその思いを継ぎ、後押しできるよう、

全力で大会に臨んでまいります!

目指すは全員が自己ベスト!

ぜひ応援のほどよろしくお願いいたします! 

8/22 西部地区記録会


先日、西部地区記録会が上尾運動公園にて行われました。
生徒には夏休みの練習の成果として思い切ってやってこいと声を掛けた結果、8つの種目で自己新記録を出すことができました。

少しずつではありますが日々の練習が記録につながってきていると感じます。顧問としても、生徒が自己新を出して喜んでいる姿を見ることが何よりも嬉しいことです。
しかし、皆の限界はまだまだこんなものではない!

限界を作るのは自分自身!


新人戦までおよそ3週間。頑張っていこう。

8/4~8/7 夏合宿


こんにちは。なかなか更新できずにすみません。
4月より顧問を引き継ぎ、新体制になりました。
まだまだ実力としては他校に及ばないものの、自分なりの目標を持ってそれぞれが頑張っています。

今年度は新潟県の妙高高原にて3泊4日の合宿を行ってきました。
西部地区の学校十数校との合同合宿のため、他校の勢いに圧倒される場面がいくつもありました。練習では各ブロックに分かれ、専門の先生による技術指導が行われ、さらに坂ダッシュやエンドレスリレーなど根性が必要な練習もできました。(私もやりました。)

一流の選手になるためには練習に取り組む姿勢はもちろんのこと、日常生活もきちんとしていなくてはいけません。挨拶、返事、集合時間など当たり前のことをやるというのは案外難しいものです。ただ、歯磨きと同じでそれが日課になると意識せずとも出来ます。川総の皆も最初は戸惑いがあったようですが日が経つにつれ、自ら考え行動できるようになっていました。

今回学んだことを川総に持って帰って、さらなるレベルアップを図ってほしいと思います。
本当に充実した合宿でした!!
0 6 8 1 7